おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
Twitter見てて、「そういえば第5世代機って作ったことないよなー」と思って、そそくさと買ったのです。
IMG_6346.jpg
ハセガワのF-35A。
自衛隊カラーも良いのですが、強いこだわりは無かったので入手しやすかったこちらを。

久しぶりにエナメル系塗料を使いました。
IMG_6347.jpg
キャノピーにスモークをハケ塗り。ぽってりと塗ると、勝手に流れて筆ムラが消えてくれます。

が、重力に負けて塗膜の厚さがめちゃめちゃになってしまいますので、こうやってぶら下げて時々向きを変えながら乾燥待ち。
IMG_6348.jpg

組み立てはすごーく簡単。たい焼きみたいな構成。
IMG_6357.jpg

本体色はMr.カラーの13番と306番なのですが、面積の広い13番ニュートラルグレーの方はMr.メタルカラーのアルミを少し混ぜてみました。
IMG_6358.jpg
これで夕日が当たるとなんかいいことがあるはず。

裏っかわはこんな感じ。エンジンノズルはダークアイアン・カッパー・ブラスを混ぜて塗装。
IMG_6359.jpg

脚の組み立てがわりと分かりやすかったです。流し込み接着剤と瞬着を併用してがっちり。
IMG_6362.jpg

パイロットさんは組み立てたあとでも乗せられます。
シート横の赤いマーキングはキャノピーをかぶせてもよく見えるので、がんばって貼りましょう。
IMG_6363.jpg

裏側からデカールを貼りました。裏で練習して表で本番、みたいな気持ち。落ち着いて貼ったらなんとかなりました。
IMG_6364.jpg
ギザギザの線とかは塗装でも良かったかなーと思います。

表側もデカール貼り終わり。作業時間の半分くらいはデカールでした。
IMG_6365.jpg
マークソフターは2種類使いました。主にクレオス、強引に曲げたいところはグッスマのもの(ハセガワのデカールには強く効くみたいなので注意!)を上からハケ塗り。



そんなこんなで、約1日で完成。
IMG_6419.jpg
(一部、貼ってないデカールもあります。台紙と色が区別できなくてつまめなかったのよー。)

うしろから。
IMG_6420.jpg

F-35って後ろ姿がいいよね。
IMG_6389.jpg

結構寸詰まりなプロポーション。
IMG_6392.jpg

指でつまんで、夕日に当てると気持ちいい空撮になりました。
IMG_6413.jpg

組み立ては簡単なキットだったので、ぜひおひとつ。
スポンサーサイト
えーっと、去年発売されたタミヤの48飛燕をまた買ってしまいました。
IMG_6309.jpg
前回は緑色の斑点を描きましたが、今回はやらなーい。

Twitterで100円ショップのセリアにヤスリスティックがあるよって評判だったので、買ってきました。
IMG_6303.jpg
600番のみでソフトタイプだけしかないんだけど、使ってみた感想としてはそれなりに役に立ちそうです。

で、2機目なのでもろもろ省略。
IMG_6313.jpg
塗装の内容は以下の通り。
・Mr.カラーの8番銀をすりこむように塗装
・Mr.メタルカラーのアルミを全面にドライブラシ
・パネルのフチ以外の部分を中心に、Mr.メタルカラーのアイアンとアルミをまぜたもので乱暴に筆塗り
・胴体横とかのパネルを一部アルミで塗り直し
です。

ほんでもってデカールは日の丸と黄色だけ。
IMG_6314.jpg

キャノピー塗ってのせて、張り線して、銃口の赤いところを黄橙で潰して、おしまい。
IMG_6318_20170613204252af3.jpg

というわけで、去年辺りから話題になってた、レストア中の飛燕の実機っぽい感じに仕上げてみました。
IMG_6325.jpg

うしろから。
IMG_6326.jpg
実機を写真で見て思ったんだけど、コクピット前の黒いところと日の丸はカッティングシートだったんじゃないかなぁ?

ちょいとアップ。
IMG_6327.jpg

質感が昔のトミカの裏っかわみたいだなー。
IMG_6328.jpg

というわけで、5時間少々で自分がスッキリしただけという模型製作でありました。
IMG_6329.jpg
Mr.メタルカラーは混色してもおもしろいよ。ではでは。
海洋堂から「ガチャーネン」というのが出まして。
マシーネンクリーガーのプラモデルがガチャガチャ(ガシャポン)になったものです。

最寄りのお店で売ってたので、1個買ってみました。
IMG_6138_20170601094328059.jpg
中身はAFS Mk.I。
カプセルに入れるために、ランナーが丸くなってます。
デカールも丸い台紙で、これは何種類かあるものがランダムに入ってるそうです。

とてもよくできているのですが、脚の内側に肉抜き穴があるので、ヒートペンでランナーの切れ端を詰め込みました。
IMG_6139_201706010943302cc.jpg
あとで棒ヤスリやらサンドペーパーやらで整形。

組んで基本塗装して1時間、仕上げに少々、な感じであっさり完成しました。
IMG_6157_20170601094331c05.jpg
本体色はRLM02グレーをペタペタと。

ウォッシングしたり、チッピングしたりしたら意外と大きく見えるようになったかなーと思います。
IMG_6159_201706010943329d5.jpg
レーザーの赤いチューブと、かかとの黒いチューブは伸ばしランナーで。

1/35の「人」なので、こんなに小さいです。
IMG_6160.jpg
お好きな方はぜひおひとつ。
ラッカー系筆塗りについて、ちょっと文章を書きました。

1 「ラッカー系筆塗りが伝わらない理由」
筆塗りのノウハウを取り上げたものはたまに見かけますが、ラッカー系塗料(主にMr.カラー)の筆塗り・ハケ塗りについて取り上げたものはあまり見かけないように思います。
その理由の一つに、扱いが難しく、ノウハウを文章化しても読んだ人が再現しづらい、ということがあります。
ラッカー系塗料の筆塗りの難しさの原因は主に
・乾燥が早い
・溶剤で塗膜が溶ける
の2つだと思います。
しかし逆に、これらの2つはラッカー系筆塗りの利点と捉えることも出来ますし、それが私が主にラッカー系で筆塗りしている理由でもあります。それは、
・乾燥が早い
 →早く完成する
・溶剤で塗膜が溶ける
 →パレットで調色した色が復活する、塗り重ねでぼかしを実現できる
ということです。
これらの利点を活かせるようになると、ストレスの少ない模型塗装ができるようになります。
もちろん万能ではありません。エアブラシ、持ってたら使って下さい。エアブラシでないと出来ないことはもちろんあります。缶スプレーも、凸凹が多くて大きなものなどにどんどん使って下さい。

2 「セオリー通りにすればいいとは限らない」
筆塗りでセオリーとされていることに、以下のことがあると思います。
1)筆に塗料を多く含ませてはいけない
2)筆を返してはいけない(逆方向に塗ってはいけない)
3)塗膜が乾かないうちに重ね塗りしてはいけない
しかし、ラッカー系塗料で大きな面を塗るときには、その通りではないのです。

2-1 「筆に塗料を多く含ませてはいけない」について。
筆に塗料を多く含ませて塗ると、
・塗膜が厚くなる
・塗料が垂れる
といった弊害が考えられますが、これはケースバイケースです。
例えば私は、飛行機模型の翼の基本塗装をする場合は、この図のようにしています。
01.png
柔らかい平筆に塗料を十分(翼が片側全部塗れるかな、という量)を含ませて、まず1の様に翼に塗料を素早く「のせます」。そして間髪入れずに2の様に塗料を広げて行きます。
ここで筆に含ませた塗料が足りないと、塗料が十分全体に行き渡らなくなります。
ただし、足りなくなったらまたビンから取れば良いです。逆に余って困ることはおそらくありません。

2-2 「筆を返してはいけない(逆方向に塗ってはいけない)」について。
筆塗りでひとストロークして筆を上げたときに、その終点付近に多めに塗料がのってしまう場合があります。そのときに素早く反対方向にもう一度なでることで、塗膜の厚さを平均的にすることができます。
03.png

(これは断面図ですが、少しオーバーに描いています)
反対方向だけではなく、塗料がのっていない部分に向かって広げて解消できる場合もあります。
すばやく塗り広げることができれば、熱くないパンにやわらかいマーガリンを塗るのとほぼ同じ考え方で塗れます。

2-3 「塗膜が乾かないうちに重ね塗りしてはいけない」について。
広い面を塗っているときに、ところどころ塗膜が薄くなってしまう時があります。
こんなときは、塗膜が乾く前にその薄くなったところにピンポイントで同じ色をどんどんのせていくことで、塗膜の厚さを平均化することができます。
04.png

3 「色によって塗り方が変わる」
同じ種類の塗料でも、色の種類によって塗りやすさの違いがあるため、塗り方を切り替える必要があります。
具体的に挙げていくとキリがないのですが、例えば以下のような感じです。
・Mr.カラーの307番、308番などのグレーは隠蔽力と伸びが良いのであまり難しくない
・Mr.カラーの8番のシルバー(いわゆる「8番銀」)は薄めずにすり込むようにすると塗りやすい
・黄色やオレンジは隠蔽力が極端に弱いので、つや消し白を塗ってからクリアーを塗り、何度も重ね塗りする
・ダークグリーンや濃緑色は、筆でのばすよりものせていくようなイメージで塗ると比較的うまくいく

 * * *

これで全部ではなくて、自分で文章化出来ないことも含めていろいろありますのでそのうち・・・。
あと、アクリル系(水性アクリル)の方が向いている人、多いかもしれません。その場合はそれに合わせた技法を使って下さい。
そういえば最近普通のぶたさんを作ってないなぁと思いまして。
IMG_6027.jpg
(普通のぶたさんって何だろう・・・)

いつもよりちょっと厚めのプラ板に、ヒートペンで模様をつけていきました。
IMG_6028.jpg

で、いろいろやって完成。
IMG_6035.jpg

ツインメリットコーティングの装甲ぶたさんです。
IMG_6037.jpg

仲間と一緒に。
IMG_6034.jpg

怖い方とご対面。
IMG_6039.jpg

なかよくなりました。
IMG_6042.jpg

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する