FC2ブログ

おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
なんだか魅力的なミニ四駆がちょいちょい出てるのです。

箱を見ただけでぐいぐい来た一台。マッハビュレット。
IMG_0441_20180724140000077.jpg

大事にとってあったG-セルフブルーを塗ることにしました。
IMG_0442.jpg

サフを吹いて色をリセットして・・・
IMG_0444.jpg

ブルーを吹いたら、はい、元通り!(あかんやん)
IMG_0445.jpg

今回ちょっとだけディテールアップ。
IMG_0446.jpg
鉛板と、1/32紫電改用のシートベルトを塗装。

切り貼りして、こんなふうにボンネットを締め付けるベルトにしました。
IMG_0448.jpg
付属のシールではなんか盛り上がらないなーと思ったので。

というわけで、あとは特に問題なくできあがり。
IMG_0449.jpg

ホイールはめんどくさい樹脂で出来てるので、ガイアマルチプライマーかミッチャクロンかなにかを吹かないと色が乗らないよ!
IMG_0451_201807241400114e9.jpg

おまけ。エンジン始動用のクランクハンドルも作ってみたけど、危ないのでやめました。(ちなみに本物も危ない)
IMG_0453.jpg
スポンサーサイト
TwitterでRodさんが作ってらっしゃるのを見かけて、ムラムラして購入。
IMG_0348_20180724134237106.jpg
タミヤの割と新しいキットです。

ホイホイっと機嫌よく組んでいたのですが、ちょっとした関門。
IMG_0354_2018072413423841f.jpg
私が飛行機を作るときは、だいたい
・本体を組む
・基本塗装とウォッシング
・足を組む
・デカールを貼る
・トップコート
の順番なのですが、このキットは先に足を組まないと本体が組み上がらないのです。
うーんもやもやするー。

なんとか我慢して組みました。
IMG_0359.jpg
ハセガワのF-2とかF-16のときはそんなに苦労しなかったような記憶が・・・?

ちょっと贅沢。
IMG_0360_20180724134240c14.jpg
本来の使いみちと違いますが、古い別売りのピトー管が安かったので使うことにしました。

今回の主役。
IMG_0364.jpg
「ミライト」といいまして、LEDと小型の電池とスイッチが一体になっているものです。使い捨て。



で、ホイホイと組み立てと塗装とウェザリング。
IMG_0365_20180724134243f9d.jpg

付属のパイロットさんもちょいちょいと塗装しました。
IMG_0367_20180724134244a84.jpg

1日ちょっとくらいで完成。
IMG_0368.jpg

リベットなどのモールドのメリハリが良くて、スミ入れのしがいのあるキットだと思いますよ。
IMG_0369.jpg

コンソールのパーツを入れずに、さらに操縦席の足元に3mmの穴を開けて、ミライトが入るようにしました。
IMG_0381.jpg

さあ夕方の海辺で撮影ですよ。
IMG_0432_201807241342509b3.jpg

ここからはD3400(一眼レフ)で撮影。まだまだ慣れておりません。
DSC_0070.jpg

なかなかいい感じに光っております。
DSC_0107.jpg

ミライトはモビルスーツの目とかに使う人が多いようですが、飛行機に使ってみるのも良いかもですよ。
DSC_0117.jpg

普段あんまり電飾はやらないので、ちょっと手軽で楽しい工作になりました。
「ああ銀色の飛行機が塗りたいなー」って時、ありませんか。
私はときどきあります。

そんなわけでセイバーでも買おうかなぁと思ったら、最寄りのお店にちょうどいいのがなくて。
第二志望のマスタングを買ってまいりました。
IMG_0296.jpg

大変ありがたいことに、パイロットさん付属。
IMG_0300.jpg
しかも腕を接着しなくていいタイプです。これだけですごーく気が楽なんです。志が低い!

大雑把な話なんですが、1/48のコクピットってちょうどいい作りやすさだなぁと思います。そろそろ老眼かな?
IMG_0307_20180617151907aaa.jpg

コクピットを挟んで胴体を接着して・・・毎度の作業です。
速乾タイプのセメントで接着して、瞬間接着剤イージーサンディングをすり込みます。
IMG_0308_20180617151909a6a.jpg
400番の硬いヤスリスティック、600番のやわらかいヤスリスティック、1000番あたりのペーパー、の順番でヤスることが多いです。

割とさくさくと組み立て。安心のタミヤ。
IMG_0310_201806171519103b1.jpg

Mr.メタルカラーのステンレスと8番銀を混ぜたものをベースに塗って、そこからちょっとずらした色をパネルごとに塗り分けたりしました。これこれ、これがやりたかったのよ。
IMG_0313.jpg

もうあとちょっとですね。この状態で眺めていたい気持ちもありますけども。
IMG_0326.jpg
マーキングは、ボーイングのWebサイトにあった写真を参考にして、番号を並べ替えたりしました。

2日ちょっとくらいで完成。
IMG_0328.jpg

いろいろ派手なマスタングがありますけど、こういうシンプルなのもええですね。
IMG_0329.jpg

で、いつもの屋外撮影。
IMG_0341.jpg

以前作った1/35のジープと並べてみました。
IMG_0342_201806171519192bb.jpg

ででででですね、最近、一眼レフのカメラを思い切って買ってみたんです。
ニコンのD3400、ダブルズームセット。長い方のズームレンズを使いました。
DSC_0060.jpg
このカメラ、BluetoothでiPhoneと連携して、GPSのデータを写真に埋め込んだり、撮影した写真を縮小してiPhoneに送ったりしてくれてとっても便利ですね。

というわけで、これからぼちぼち撮影の勉強ということになりました。
DSC_0063.jpg
がんばりまーす。
気まぐれで買った(多いねこういうの)、イタレリのキットです。
OA-10A。
IMG_0131_20180617144940fdb.jpg
Wikipediaによると、「二次任務の前線航空管制機として対地攻撃機の誘導に当たる機体はOA-10と呼称される。」だそうです。要するにA-10です。(ええのかそれで)

そういえばタミヤイタレリのキットはたまに作るんですが、イタレリの飛行機は初めてです。(フライングバナナは作ったことあるよ)

で、色指定が難しいのでうんうんうなりながらMr.カラーに置き換え。
IMG_0135_20180617144941426.jpg

コンソール類のデカールはないので、がんばって塗りました。
IMG_0146_20180617144943d4d.jpg

ちょいとびっくりなところ。なんの疑いもなく「30グラム」だと思ってたんですが、Twitterでご指摘を頂いて、これは「30グレーン」(約2グラム)なんだそうです。
IMG_0149_20180617144944ef4.jpg
飛行機の形的にちょっと心配だったので、多めにおもりを入れておきました。

コクピットを入れて胴体を合わせて、合わせ目消し。
IMG_0151_201806171449469e9.jpg

A-10の翼を接着するときのあるあるですね。こうやって細い合わせ目を塞いじゃいます。
IMG_0154.jpg

最近ちょっとずつ買ってるタミヤラッカーを使ってみました。今回はガンメタル。
IMG_0155.jpg
Mr.カラーよりちょっとしゃびしゃびしてるかな?という感触です。筆塗りでもエアブラシでも塗りやすいですよ。いまのところMr.カラー用のうすめ液を使っても問題なさそうです。

そんなに苦労なく飛行機の形に。脚庫の上の合わせ目はちょっと消しづらいです。
IMG_0158.jpg

実機写真を見たら胴体にシワが入っていたので、瞬間接着剤を盛ってみました。
IMG_0159_20180617144952c18.jpg

・・・が、ちょっとオーバーだったみたいです。次回はもっと頑張ろう。
IMG_0164.jpg

ウォッシングはいつものMr.ウェザリングカラー。今回は油彩の白を混ぜて少し明るくしてみましたよ。ちゃんと混ざりました。
IMG_0166.jpg

そんなこんなで、1日ちょいで完成。
IMG_0177_20180617144956f89.jpg

今回はエンジンナセルの汚しをがんばりました。
IMG_0179_2018061714495890f.jpg

珍しく下げものもしっかり作りましたよ。そのかわりがんばって汚したお腹があんまりわからなくなりました。
IMG_0181_201806171449591e8.jpg

左から(古い方から)、タミヤイタレリ、ハセガワ、今回のイタレリ。
IMG_0188_201806171450018e7.jpg

3機並べると、こんな「A-10ってこうだよね」みたいな写真が撮れて楽しい。
IMG_0195_20180617145002af9.jpg

同じようなのが並ぶと嬉しいねぇ。
IMG_0197.jpg

はい、いつもの角度。
IMG_0199_20180617145005cc2.jpg

リクエストがあったので、正面からも並んだ写真を撮ってみました。
IMG_0204.jpg
1/72だと割と気軽にこういう事ができるのがいいですね。

またいつかA-10を作ると思います。作るたびにちょっとずつうまくなってるといいな。
なんとなく気まぐれで買いました。
ビゲンです。
IMG_0068.jpg
作る気だけはまんまんです。

ジェット機なのにデカールはこれだけ。
IMG_0069.jpg
特別塗装機でも説明書の文章はノーマルと同じ。

パイロットさん付属。やったー。
IMG_0073.jpg

うん、凸モールドの古い作りなのは知ってた。知ってて買った。大丈夫。
IMG_0078_20180529090826c6f.jpg
いろいろすり合わせたりして、パテ無しで組み立てて銀色で刷毛塗りしてクリアコート。

上からいろんな金属色を混ぜたりしてパネルごとに塗り分けました。
IMG_0079.jpg

塗り分けるとこんな感じ。
IMG_0081.jpg
外で撮影したらどうなるかなーというのを考えてわくわくしながら塗りました。

特に苦労もなく(バリはあったけどね)1日弱で完成。
IMG_0085.jpg

指でつまんで、空バックで撮影しましたよ。狙い通り。やったー。
IMG_0109.jpg

パネルラインやら細かいところはほんまかいなというところがあったのですが、おおらかに受け止めて組みました。ええんやで。
IMG_0112_20180529090834867.jpg

ちょっと割高なキットですが、ビゲンのキットってあんまりないので興味のある方はぜひ。
IMG_0113_20180529090835d33.jpg

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する