FC2ブログ

おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
7月の終わりから8月のはじめにかけて作ったものの、振り返りです。

ホビージャパンの2018年9月号にメルカバ特集がありまして。
読んで影響されて、タミヤの1/35の金型のふるーいキットがお手頃価格だなぁということで買ってみました。
IMG_0845.jpg
今まで作った戦車プラモで一番大きいです。たぶん。

柔らかい履帯が付属してて、熱したドライバーでじゅっとやってくれと。
IMG_0846.jpg

自分の手は2本なんで、クリップで押さえてから「じゅっ」。
IMG_0847.jpg
うらっかわのつなぎ目のところもじゅってしておくと壊れにくいですよ。

Mr.カラーの新色。メルカバにちょうどいい色がいろいろと出たのですよ。
IMG_0849.jpg
新色ってなんかうきうきしますよねぇ。デパートの一階みたいなウキウキ感がします。(するのか?)
ランナーの状態で一旦ぶわぁっと吹いておきました。これで塗り忘れが防げて安心。

付属のフィギュアも真面目に塗りますよ。
IMG_0851_2018110613523060e.jpg
最近エアブラシを使うようになったら、フィギュアのつや消しがうまくいくようになりました。

このあたりから2日目。
転輪のゴム部分に、ナイフと棒ヤスリで傷をつけてダメージ表現を加えました。
IMG_0853_20181106135232c70.jpg
先に言っときますが、あんまり目立たないです。でもいいのよ。

「お嬢さん一緒に踊りませんか」
IMG_0854_20181106135233c15.jpg

転輪のゴム部分はいつものようにくりんくりんとタイヤブラックを筆塗り。
IMG_0855.jpg

組み立て組み立て。基本塗装はほぼ終わってるので塗装の順番を考えなくていいのが楽ちんです。
IMG_0868.jpg

転輪周りはこんな雰囲気。
IMG_0869_201811061352370b0.jpg

車体にフタしてみました。もうできたも同然。
IMG_0870_20181106135239d78.jpg

まだ細かい部分は塗装していません。
IMG_0871.jpg

ゴムのぴらぴらしたところは、切り込みを入れてちょっと曲げてみたりしました。こういうちょっとした工夫が楽しい。
IMG_0872.jpg

というわけで、2日目でほぼ形ができあがりました。
IMG_0873_20181106135243ddf.jpg

後ろ姿がかっこいいねぇ。
IMG_0874_20181106135245762.jpg

クレオス528番、2ビン目に突入です。
IMG_0875_20181106135246068.jpg

サイドスカートは一部切り取りました。プラ板で基部らしきものをそれなりに。
IMG_0877.jpg

細部をちまちまと塗り分け。
IMG_0878_20181106135249dd4.jpg

さあスミ入れ&ウォッシングですよ。あえて明度があんまり遠くないマルチグレーでしゃばしゃば。
スミ入れに彩度だけ下げた色を使うと、たぶん大きく見えます。たぶんね。
IMG_0879.jpg
その後本体色でかるくドライブラシしておきました。

デカールも貼りましょう。戦車はデカールが少なくて楽〜。
IMG_0880_20181106135252f04.jpg

で、このあとこの4色でウェザリングしました。
IMG_0881.jpg
いつもの戦車より乾いた感じの汚れを目指します。
上澄みと沈殿物を使い分けると、いろんな表現ができますよ。

で、だいたい丸3日間くらいで完成しました。
IMG_0882.jpg

アンテナは伸ばしランナーですよ。白っぽいランナーでそれなりーに。
IMG_0883.jpg

ワイヤーは曲げてたら折れちゃった。なんとかごまかしました。
IMG_0884_20181106135357bf3.jpg

本体の角の部分は、クレオスのジャーマングレーと面相筆でチッピング描き込み。
IMG_0885.jpg

接写でござる。
IMG_0886.jpg

ナイスごちゃごちゃ。
IMG_0887_20181106135401ed0.jpg

目指してた質感がそこそこ達成できたかなーと思います。楽しかった。
IMG_0888.jpg

せっかくなので買ったばかりの一眼レフ持ってお庭で。(まだヘタです)
DSC_0171.jpg

つくりの古いキットですが、塗装がとても楽しいのでぜひおひとつ。
DSC_0174.jpg
スポンサーサイト
大阪のとしおかさんからのお誘いで、急に48のハセガワのトムキャットを作ることになりました。
12月に大阪に持っていって並べて展示しようという目論見。

で、通販でしか手に入らなくて困ったけど、思ったより安かった。
IMG_1564_201811051604528dc.jpg
作業机においたら箱でいっぱい。
さあどうすんのこれ。

とりあえずコクピットから・・・。でかいな君。
IMG_1565_20181105160453db3.jpg

豪快なバリがけっこうありました。負けない。
IMG_1566_20181105160455a03.jpg

負けずに1日目の夜はコクピットをほぼ組み上げました。
IMG_1567.jpg

さあ2日目。
フィギュアをジャンクパーツに瞬着で接着して塗装。
股の間はたっぷり削らないと乗れません。ここ要注意。
IMG_1569.jpg
あとでつま先も切りました。
付属フィギュアなのにクリアランスがデタラメってどういうことやねん。
怒ってもしょうがない。そんなもんです。

あっちゃこっちゃ削って、コンソールも切り飛ばして、なんとか乗りました。
IMG_1570.jpg

命名「ヒトガタヘルメットダケ」
IMG_1571.jpg
それなりーに丁寧ーに筆塗り。

なんとか力技で、コクピットをノーズに収めました。
IMG_1572.jpg
祈るような気持ちで指先に神経を集中させると、なんとか入ります。がんばって。

3日目は胴体を組み始めました。
IMG_1577.jpg

パイロンや増槽をつけたい人はあらかじめピンバイスで穴を開けるんですよ。
(私はばっさり省略しましたが・・・)
IMG_1578.jpg

ほらほらだんだんトムキャットっぽくなってきた。
IMG_1579.jpg

手に持つとこんな感じ。でかいわー。
IMG_1580.jpg
32とか作る人、どうやってはるんやろ。えらいわぁ。

大きいと翼組むだけでも大変ね。
たためるようにフラップ類はまっすぐにしました。(選択式なのです)
IMG_1581.jpg

一応3日で士の字になりました。尾翼は仮止め。
いよいよ次は本体塗装です。
IMG_1583.jpg

4日目、本体色のMr.カラー315番にフラットベースを足して、ビン生でガンガン筆塗り。たのしー。
IMG_1585.jpg

この日は本体色の塗装で体が売り切れになりました。
IMG_1589.jpg

5日目、ウェザリング開始。
IMG_1592.jpg
・Mr.ウェザリングカラーのマルチグレーをペトロールで薄めてびしゃびしゃしてティッシュでポンポン
・ツールクリーナー(使ってないの)を歯ブラシで弾いて模様づくり
・水性アクリルの半ツヤクリヤーで薄くコート
・ツールクリーナーを丸筆に含ませてパネルラインに沿って塗って本体色を復活

少ない手間でもこれでけっこう艦載機っぽい汚れになります。
IMG_1593_201811051605173d0.jpg

なぜか金属製のホイールにミッチャクロンを吹いてから塗装。
IMG_1596.jpg
もうめんどっちいのでこういうのはエアブラシでやってます。ごめん。
だって面白くないんだもん。

このキットは脚の組み立てが非常にめんどくさい。
IMG_1597.jpg

ほらほら。いやんなるでしょ。でも嫌じゃない。これも醍醐味。
IMG_1600.jpg
この日の残りはひたすら脚を組みました。

さあ6日目。
デカール貼っていきましょう。
IMG_1602_20181105160610641.jpg
シルバリング予防のために、あらかじめ水性アクリルの半ツヤクリヤーを吹きました。ソフターで溶けるから、つや有りじゃなくてもいいのよ。

いつもだいたいおしりの方から貼っています。
IMG_1604.jpg
部分的に貼り終わったら、クリヤーを吹いて保護。うっかり触るのがとにかく怖い。

ウォークウェイはデカールの上から筆でこちょこちょ描いてウェザリングしましたよ。ラッカー系とか水性とかあんまり気にしない。
IMG_1605.jpg

どうだ!貼り終わったぞ!
IMG_1606.jpg

あとはエンジンノズルと、ピトー管など、そしてキャノピー。
IMG_1607.jpg

で、7日間でなんとか完成しました。
IMG_1608.jpg

やっぱりトムキャットはかっこええですね。
IMG_1609.jpg
キャノピーの青いところは塗り忘れないようにしましょう。

あと、フェイスカーテンハンドルは作ってる間に3回壊しました。最後の方にしたほうがいいですね。
IMG_1610.jpg
3回目は吹っ飛んでどっかいっちゃったので、伸ばしランナーで作りましたよ・・・。

エンジンノズルはタミヤラッカーのガンメタルと、クレオスのアイアンを筆塗りしました。
IMG_1612_2018110516062247a.jpg
ノズル内部はエアブラシで316番をぶしゃーっと吹いてからスミ入れ。

で、せっかくなので屋外撮影。ここからは一眼レフで。
DSC_0269.jpg
この角度が好きなのです。

もうちょっと日が高いうちに撮影したかったなぁ。
DSC_0271.jpg

キャノピーは真ん中にパーティングラインがあるので、一生懸命磨きました。
DSC_0274.jpg

というわけで、自分には長めの1週間をかけて組みました。大満足。
DSC_0276.jpg
12月の大阪で行われる模型博というのに持っていこうと思います。よかったら見てね。
なんだか魅力的なミニ四駆がちょいちょい出てるのです。

箱を見ただけでぐいぐい来た一台。マッハビュレット。
IMG_0441_20180724140000077.jpg

大事にとってあったG-セルフブルーを塗ることにしました。
IMG_0442.jpg

サフを吹いて色をリセットして・・・
IMG_0444.jpg

ブルーを吹いたら、はい、元通り!(あかんやん)
IMG_0445.jpg

今回ちょっとだけディテールアップ。
IMG_0446.jpg
鉛板と、1/32紫電改用のシートベルトを塗装。

切り貼りして、こんなふうにボンネットを締め付けるベルトにしました。
IMG_0448.jpg
付属のシールではなんか盛り上がらないなーと思ったので。

というわけで、あとは特に問題なくできあがり。
IMG_0449.jpg

ホイールはめんどくさい樹脂で出来てるので、ガイアマルチプライマーかミッチャクロンかなにかを吹かないと色が乗らないよ!
IMG_0451_201807241400114e9.jpg

おまけ。エンジン始動用のクランクハンドルも作ってみたけど、危ないのでやめました。(ちなみに本物も危ない)
IMG_0453.jpg
TwitterでRodさんが作ってらっしゃるのを見かけて、ムラムラして購入。
IMG_0348_20180724134237106.jpg
タミヤの割と新しいキットです。

ホイホイっと機嫌よく組んでいたのですが、ちょっとした関門。
IMG_0354_2018072413423841f.jpg
私が飛行機を作るときは、だいたい
・本体を組む
・基本塗装とウォッシング
・足を組む
・デカールを貼る
・トップコート
の順番なのですが、このキットは先に足を組まないと本体が組み上がらないのです。
うーんもやもやするー。

なんとか我慢して組みました。
IMG_0359.jpg
ハセガワのF-2とかF-16のときはそんなに苦労しなかったような記憶が・・・?

ちょっと贅沢。
IMG_0360_20180724134240c14.jpg
本来の使いみちと違いますが、古い別売りのピトー管が安かったので使うことにしました。

今回の主役。
IMG_0364.jpg
「ミライト」といいまして、LEDと小型の電池とスイッチが一体になっているものです。使い捨て。



で、ホイホイと組み立てと塗装とウェザリング。
IMG_0365_20180724134243f9d.jpg

付属のパイロットさんもちょいちょいと塗装しました。
IMG_0367_20180724134244a84.jpg

1日ちょっとくらいで完成。
IMG_0368.jpg

リベットなどのモールドのメリハリが良くて、スミ入れのしがいのあるキットだと思いますよ。
IMG_0369.jpg

コンソールのパーツを入れずに、さらに操縦席の足元に3mmの穴を開けて、ミライトが入るようにしました。
IMG_0381.jpg

さあ夕方の海辺で撮影ですよ。
IMG_0432_201807241342509b3.jpg

ここからはD3400(一眼レフ)で撮影。まだまだ慣れておりません。
DSC_0070.jpg

なかなかいい感じに光っております。
DSC_0107.jpg

ミライトはモビルスーツの目とかに使う人が多いようですが、飛行機に使ってみるのも良いかもですよ。
DSC_0117.jpg

普段あんまり電飾はやらないので、ちょっと手軽で楽しい工作になりました。
「ああ銀色の飛行機が塗りたいなー」って時、ありませんか。
私はときどきあります。

そんなわけでセイバーでも買おうかなぁと思ったら、最寄りのお店にちょうどいいのがなくて。
第二志望のマスタングを買ってまいりました。
IMG_0296.jpg

大変ありがたいことに、パイロットさん付属。
IMG_0300.jpg
しかも腕を接着しなくていいタイプです。これだけですごーく気が楽なんです。志が低い!

大雑把な話なんですが、1/48のコクピットってちょうどいい作りやすさだなぁと思います。そろそろ老眼かな?
IMG_0307_20180617151907aaa.jpg

コクピットを挟んで胴体を接着して・・・毎度の作業です。
速乾タイプのセメントで接着して、瞬間接着剤イージーサンディングをすり込みます。
IMG_0308_20180617151909a6a.jpg
400番の硬いヤスリスティック、600番のやわらかいヤスリスティック、1000番あたりのペーパー、の順番でヤスることが多いです。

割とさくさくと組み立て。安心のタミヤ。
IMG_0310_201806171519103b1.jpg

Mr.メタルカラーのステンレスと8番銀を混ぜたものをベースに塗って、そこからちょっとずらした色をパネルごとに塗り分けたりしました。これこれ、これがやりたかったのよ。
IMG_0313.jpg

もうあとちょっとですね。この状態で眺めていたい気持ちもありますけども。
IMG_0326.jpg
マーキングは、ボーイングのWebサイトにあった写真を参考にして、番号を並べ替えたりしました。

2日ちょっとくらいで完成。
IMG_0328.jpg

いろいろ派手なマスタングがありますけど、こういうシンプルなのもええですね。
IMG_0329.jpg

で、いつもの屋外撮影。
IMG_0341.jpg

以前作った1/35のジープと並べてみました。
IMG_0342_201806171519192bb.jpg

ででででですね、最近、一眼レフのカメラを思い切って買ってみたんです。
ニコンのD3400、ダブルズームセット。長い方のズームレンズを使いました。
DSC_0060.jpg
このカメラ、BluetoothでiPhoneと連携して、GPSのデータを写真に埋め込んだり、撮影した写真を縮小してiPhoneに送ったりしてくれてとっても便利ですね。

というわけで、これからぼちぼち撮影の勉強ということになりました。
DSC_0063.jpg
がんばりまーす。

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する