おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
新発売のキット。
どうしようかなーと迷っていたのですが、Twitterで作ってる人を見たら自分も欲しくなりました。単純。
IMG_8864.jpg

先にフィギュア塗っておかないと、後で乗せられないよー、というわけで、付属のパイロットさんの塗装から始めました。このキットには着座姿勢のフィギュアが1体付属しています。
IMG_8867.jpg
いつものようにラッカー系でぺたぺた。

どうせほとんど見えなくなっちゃうのですが、いちおう真面目に機内を塗装。
IMG_8870.jpg

ちゃんこしました。
IMG_8871.jpg
位置決めがしっかりできて助かります。

胴体を合わせて、エンジンも組み立て。
IMG_8874.jpg
やっぱりコクピットはみっちみちです。

さて翼を・・・と思ったら、「パテでモールドを消してね」の指示。こういうの48のトムキャットでもあったぞ。
IMG_8875.jpg

瞬着とヤスリスティックでさっくりとモールドを消して、サフ吹いて確認。
IMG_8876.jpg
翼の裏っかわなので、めんどくさい人とかせっかちな人はやらんでもいいと思います。

なんやかんやで士の字になりました。なかなか本体塗装ができーん。
IMG_8878.jpg

今回は「筆塗り中心、一部エアブラシ」で塗ったんですが、筆塗りしたところを空のエアブラシで吹くと乾燥が早くてはかどるということに気づきました。これおすすめです。
IMG_8882.jpg

コンソールも真面目に筆塗り。あとでこの上からデカールを貼りました。
IMG_8883.jpg

このキットの困ったところはですね、キャノピーを後回しにできないことなんですよ。外装を一通り塗ってからキャノピーの枠塗ってくっつけておしまい、のいつもの私のやり方ができない。
IMG_8884.jpg
透明部分が汚れないように気をつけながらボディーを塗ることになりました。

組むときの注意点ー。磁石を瞬着で固定するんですが、磁石の上にかぶさるように瞬着の層があると組めなくなります。
IMG_8886.jpg
うっかり瞬着で包んでしまったので、リューターでガリガリ削ってクリアランスを確保しました。

だいぶ途中を省略してますが、本体色をいつものようにペタペタ。紙パレットで中間色を作って薄め液を混ぜながらぼかし塗装。
IMG_8887.jpg

デカールはあんまり苦労しませんでした。お腹の数字はちょっと面倒。
IMG_8894.jpg
黄色いデカールはちょっと赤みが強いかなーと思ったので、上から薄く黄色をまだらに塗りました。

3日間、作業時間は合計10時間半くらいで完成。
IMG_8897.jpg
エンジンが見える状態にも組めるんですが、省略。

張り線はいつものストレッチリギングです。
IMG_8898.jpg

屋外撮影。真横から。
撮影の直前につや消しクリアーを吹いておきました。
IMG_8907.jpg
1/48だけど細かく作られているキットなので、なんだか1/32のように見えますね。

フラップ類は下げた状態を選択して組みました。
IMG_8909.jpg

先日作った同スケールのSS-100といっしょに。
IMG_8910.jpg
あんまり胸焼けしない仕上がりになりました。

最初めんどくさかったけど、塗装が楽しかったです。たぶん近い別の機種も出ると思うので、楽しみにしてます。
IMG_8914.jpg
スポンサーサイト
最近エアブラシを買ったのですが、今回は試しに全部エアブラシで塗ってみようかと思いまして。
買ってきたのがこのキット。ほぼいつでも手に入るのがありがたいです。
IMG_8797_20180225175227f57.jpg

機内色をぶわぁっと。
IMG_8800.jpg
エアブラシだとこういうのは大変楽。
黄色っぽい色を入り組んだところに筆で塗るのはできるっちゃーできるんですが結構時間がかかるので。

ほいさっと組み立て。
IMG_8801.jpg
そういえば去年組んだアカデミーのコルセアは組んだり合わせ目を消したりするのにちょっと苦労しましたが、この子はそんなことありませんでした。

エンジンのプッシュロッドのところは筆の腹でつつーっと銀色に。
IMG_8802.jpg

マスキングはほんとに大嫌いなので、このくらいで。
IMG_8803.jpg

まずは8番銀をぶわぁっと。
IMG_8804.jpg

次は機体内部色。
IMG_8805.jpg
その上からクリアー。

先にケープを軽く吹いてから、最後に濃いブルー。
IMG_8806.jpg

パネルラインや翼の根本なんかを竹串でコリコリ。
IMG_8810.jpg
剥がしすぎたところは銀色でタッチアップ。あと、焦げとか焼けとかススなんかを筆でちょいちょい。

約1日で完成しました。
IMG_8813.jpg

デカールの上からなんかやったほうが良かったですね。ちょっとくっきりしすぎ。
IMG_8814.jpg

大きさ比較。
IMG_8817.jpg
1/48は老眼にやさしくていいですね。

屋外撮影。
IMG_8822.jpg

青空がよく似合うなぁと思ったのでした。
IMG_8824.jpg
うーん、今回はあんまり「きむら味」にならんかったような気がします。
精進精進。
最近、完成写真を白バックで撮影することが多いんですが、どうやって手軽にやってるの?というお話をします。
iPhoneを使ってるので、他のスマホとかデジカメを使ってる人は参考程度にお願いします。
あと、iOSってよく使い勝手が変わっちゃうのでやり方が変わってしまったらすいません。悪いのはメーカーさんです。

100均とかで売ってる白い厚紙をL字型に配置して、模型をどーん。
IMG_8328.jpg
照明は特に足してません。部屋の照明と、作業用のデスクライト(向きは工夫して下さい)のみ。

厚紙の境目がありますね。これを目立たないようにします。
IMG_8334.jpg

iPhoneのカメラ起動。まだ境目がありますね。
IMG_8335.png

適当にズームして、模型のピントを合わせたい所をタップ。
IMG_8336.png

すると、□の横におひさまが出ますので、これをそれなりに上にずらします。
IMG_8337.png
(露出補正とか露出調整とかいいます)
目で見てほどよいところでシャッター。やりすぎるとまっちろけになります。

うまくいくと、厚紙の境目のわからないそれなりに良さげな写真になります。
IMG_8338_2018020210304016b.jpg

作業部屋にきれいな厚紙置いとくとぱぱっと撮影できて便利です。
厚紙が汚れたら工作するときの敷物にして新しいのを買ってくるといいですよ。
去年の年末の作品なので、ちょいと記事が遅くなりました。

ひさしぶりにぶたさんの登場です。
IMG_8241.jpg
シュライヒのフィギュアの色を落として、ちょっと煮込んでから塗装したもの。
何度か登場していますが、着替え可能にしています。

「シトロエン2CVのバイク」を作ったときの余りパーツ。
IMG_8243.jpg

古いメカコレの三段空母。
IMG_8244.jpg

ごちゃごちゃっとミキシングして、プラ板でスキマを埋めたりしてこんな感じ。
IMG_8245.jpg

というわけで出来ました。「くうぞ」です。
IMG_8247.jpg

空母っぽい形をしていますが、艦載機がチキンなので飛べません。
IMG_8248.jpg

なので、まるで食材を運んでいるだけのように見えます。
IMG_8249.jpg

飛べない鶏・・・。
IMG_8250.jpg

こうしてぶたさんのよくわからない仲間がまた増えたのでした。
IMG_8251.jpg
ファントム作りたいなー、と漠然と思っていたら、最寄りの模型屋さんにこんなのがありました。
ブリティッシュファントムFGR.2。
1200円くらいでした。箱は古くなってたけど一応新品。なんとお買い得。
IMG_8521.jpg

説明書の文章に力が入っててうれしい。
IMG_8523.jpg

中身はこんな感じ。やっぱりファントム、パーツごっちゃりです。
IMG_8524.jpg

コクピットは少ない部品点数とデカール枚数でもそれなりに盛り上がる構成でした。
IMG_8572.jpg
フェイスカーテンハンドルのぐるぐるはあとで描きました。あとで教えてもらったんだけど、黒いペンで描いたほうが楽なんですね。今度真似しよう。

さほど苦労せず胴体を貼り合わせ。
IMG_8573_20180201095214d4e.jpg

羽根も組み付けて、基本色のハケ塗り。
IMG_8579.jpg
微妙に違うグレーを塗り分けるのが気持ちいい。

で、紙パレット代わりの要らない写真の裏の登場。
IMG_8580.jpg

こんな風にちょっと明るくした本体色で、いつもの褪色表現。
IMG_8581.jpg
一番好きな工程です。

Mr.ウェザリングカラーでウォッシング。あんまり暗すぎない色を使うのが好み。
IMG_8583.jpg

裏面はちょっとギットギトに。
IMG_8586.jpg

デカールを貼るために、脚をつけました。いつもこの順番。
IMG_8587.jpg

はい、さすがファントム、怒涛の枚数。
IMG_8589.jpg
こつこつやりまーす。

あと、ついでに。
IMG_8595.jpg
増槽の汚れを再現したかったので、筆を洗うのに使って汚れたツールクリーナーで模様を描きました。
部分的に明るい本体色が蘇ったりするので面白い表現になります。
ただし失敗したらまた塗り直しになるので覚悟がちょっといる方法です。

そんなこんなで、少しずつじっくり組んでたら5日間かかってしまいました。
IMG_8613.jpg
がんばってデカール全部貼ったら報われたよ。

今回は半艶仕上げ。室内だとテカテカしますが、屋外に持っていくとそんなことはないのでご安心を。
IMG_8614.jpg

この角度が大好き。
IMG_8616.jpg

ちょっと早起きして、朝日に合わせて屋外撮影をしました。
IMG_8619.jpg

うんうん。ちょっと暗かったかな。
IMG_8622.jpg

後ろから見た姿がたまらーん。
IMG_8624_20180201095235158.jpg

フジミの72ファントム、お店で見つけたらぜひ組んでみていただきたいです。
IMG_8632_201802010952362cd.jpg

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する