おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
Ma.K.のファルケを2機作ったわけですが、
ファルケにはコロコロがありません。
なので、ドリー(台車)をスクラッチしました。

急にファルケが支給されたために
最前線で手作りしたドリー、という感じにしています。
ファルケの細部が複雑なので、こちらはシンプルにしてみました。
(明らかに言い訳だ)

メインの素材は1/24のカーモデル用の別売りホイール。
IMG_1048.jpg
こうやってタイヤに載せて、位置を決めます。

プラ棒、プラ板で形を作っていきます。
IMG_1050.jpg

もう出来たも同然。
IMG_1051.jpg
古タイヤをワイヤーで縛り付けて急ごしらえした、っていう雰囲気です。

ほらピッタリだ。
IMG_1052.jpg

作っているのはこのお姉さんです。(ウソ)
IMG_1056.jpg
先っぽにちょっと乗っかっている機械のようなものは
後で説明します。
材料はザクの足につけるミサイルポッドと、
ハセガワのMa.K.のフィギュアセットに入ってた工具。

はい、基本塗装(ラッカー系筆塗り)が出来ました。
IMG_1057.jpg
このあと、
・黒&黃の警戒色塗装
・エナメルで墨入れ
・タミヤウェザリングマスターでサビ表現
を行いました。

出来上がりー。
IMG_1058.jpg

ガレージにしまわれる時のF1の様に、
冷却用のブロワーも2機作りました。
IMG_1060.jpg

コックピット左側に足場を追加しましたが、あんまり意味なかったかな?
IMG_1061.jpg

前から見たところ。
IMG_1062.jpg
キャンピングカーの接続部分みたいな感じにしています。

ファルケを載せてないと、こんな感じ。
IMG_1064.jpg

もう一度前から見たところ。
IMG_1066.jpg

車輪は、タイヤと同じセットに入っていたホイールを使いました。
IMG_1067.jpg

そんなわけで、4時間くらいで作ってみました。
完全に俺様設定ですけど、どうかしら。
スポンサーサイト
ファルケ2機目、そして付属フィギュア、完成しました〜。

まずはファルケ。
IMG_1037.jpg
熱地仕様として、排熱用のエアーベントを左右に9個ずつ追加しました。
メインのカラーはサンディブラウンです。

今回、GSIクレオスのダークアイアンを初めて使ってみました。
リアエンジンノズルを中心に塗って、磨いてあります。
IMG_1038.jpg

ファルケにはフィギュアが2体(男性パイロット、立っている女性)
付属しているのですが、
混ぜて1体にして、パイロットスーツを半分脱いだ状態を
作ってみました。
IMG_1040.jpg

別売りのハセガワの整備兵フィギュアと一緒に。
IMG_1041.jpg

パイロットのお姉さんのスーツは
袖は元のものを生かしたまま、エポキシパテで追加加工。
IMG_1043.jpg

ヘルメットにハートのデカールを貼ってみました。
トランプ柄のデカールを切り抜いて作ったものです。
IMG_1045.jpg

というわけで、前回のファルケの2倍くらいの時間と手間をかけて作ってみました。
いかが?

<<2機目(4)に戻る
今日は天気がいいので、塗料が速く乾きそうです。

じゃ、ファルケの塗装の続き。
IMG_1014.jpg
サンディブラウンで塗ってあるのですが、
それにグレーやダークイエローをちょっとだけ混ぜたものをそれぞれ塗って、
パネルごとに微妙に色が異なるように塗り分けました。
合成繊維の平筆でがっしがっし塗っちゃいます。

(1)マスキングテープを巻いて、白っぽいグレーで識別帯を筆塗り塗装。
(2)識別帯のハゲチョロを面相筆でちょいちょい。
(3)エナメル黒で墨入れ。
(4)デカールを貼って、半ツヤクリアーを缶スプレーで吹付け。
で、こんなかんじになりました。
IMG_1025.jpg
隣にちょっと写ってるのは1機目のファルケ。

さぁフィギュアも続きをやりましょう。
IMG_1021.jpg
腕の角度がアレなんで、ちょんぎって真鍮線でつないで
角度を決めちゃいます。

ダイソーの木工パテで腕の足りない部分を作って、
サフを筆塗り。
IMG_1027.jpg

この状態になるまでタミヤパテで修正したり、
サフを塗ったり磨いたりしています。
IMG_1028.jpg

で、ちゃっちゃかと基本塗装。
墨入れもやってありますよ。
IMG_1030.jpg

IMG_1031.jpg

あとは肌を丁寧に塗ったり、ドライブラシしたりして、
最後にツヤをコントロールしたらお姉さんの完成、の予定です。

フィギュアができたらファルケと並べてみて、
色調を調整したりするかもしれません。

まだまだつづきます。

<<2機目(3)へ戻る

2機目(5)完成へ進む>>
「2機目のファルケ」3日目です。

私事ですが、来年1月からの新しい仕事が決まりました。
拘束時間はそんなに長くないんですが、
今年みたいなペースでの制作はできないかもしれません。
出来る範囲でがんばりますんで、来年もよろしくお願いします。
(だからまだ大晦日じゃないってば)

で、昨日切った貼ったしたフィギュア。
IMG_0997.jpg

こんな風に、パイロットスーツを脱ぎかけ、なポーズになりました。
IMG_0998.jpg
あとで腕と頭を付けますよ。

で、本体のほう。
IMG_1008.jpg
ほとんどできてるやーん。
「今度はゆっくり作る」って言ったのは誰だ。

となりは1機目のファルケ。
IMG_1009.jpg
あとは認識帯とかウェザリングとかデカールとか。
フィギュアの工作もまだまだ残ってますよ。

ちなみに、今回、クレオスの「ダークアイアン」を使ってみました。

安上がりなのに金属っぽくなってなかなかステキ。
さらっさらなので筆塗りする時に飛び散りやすいです。
注意して下さい。

つづく・・・。

<<2機目(2)に戻る

2機目(4)へ進む>>
さあ、ファルケ2日目です。

エアーベント、頑張ってもう片方にも追加しました。
IMG_0991.jpg
たくさんあるとかっこいいけど、
やりすぎるとしつこくなりそうなのでこの辺でやめておきます。

さあ、フィギュアにも着手しますよ。
IMG_0990.jpg
あれ・・・切り出した部品の数がなんだか変ですよ?
なぜでしょう?

パイロットの腕から手首を切り取って、
穴を空けちゃいます。
IMG_0994.jpg
痛い痛い痛い。

ファルケ姉さんの胴体をがっつり切断します。
IMG_0995.jpg
痛いってば

で、ファルケ姉さんの上半身と、パイロットの下半身を
合体しちゃいまーす。
IMG_0996.jpg

続きはまた明日。

<<2機目(1)へ戻る

2機目(3)へ進む>>
今年ファルケを初めて作ったんですが、
年内にもう一機作ってみよう、ということにしました。
前回は大急ぎのマイペース(変な日本語だな)で作ったんですが、
今回はいろいろ工夫しつつ、もうちょっとゆっくり作ってみようと思います。

さあ、暗いところをジャーマングレーで塗りますよ。
(毎度の恒例作業です)
IMG_0982.jpg

いきなりですが、「エアーベント」というものを作ります。
クラシックカーのボンネットとか、昔の四角いストーブなんかにあった
スリット状の空気穴です。

なんでエアーベントを作ろうと思ったかというと、
雑誌の広告で見かけた「タチアナのヴァンシップ」のモールドが
えらくかっこよかったから、なのです。

1930年ごろのインディ500の車みたいだなぁ。
ここまでたくさんは並べられないけど、まぁそれなりにはできるかな、と。

で、工作。
IMG_0983.jpg
プラの角棒(たぶん1mmだ)の角の1つをリューターで丸く削って
断面が大根のイチョウ切り型の棒を作ります。
で、長辺が5mmの台形に切り出し。
どれがどの面かわからなくなっちゃうので、「穴」に相当する面は
黒いペンで塗っておきました。

両面テープに貼り付けて、リューターで一個ずつ角を丸めていきます。
IMG_0985.jpg
そのまんまだとざらざらなので、
流し込みタイプの接着剤で表面をならします。

で、ファルケのボディに貼り付け。
IMG_0986.jpg

後ろから見たところ。
IMG_0987.jpg
本物は鉄板をプレスしてせん断するので穴が空くんですが、
ごめん、おいちゃんそこまで再現できません。
(たぶんプラの強度が足りないと思う)
あとで穴に当たる部分は、この写真のように黒で塗る予定です。

そんなわけでいつもと違ってペースが遅いかもしれません。
気長にお付き合い下さい。

2機目(2)へ進む>>
では、基本塗装も終わったので、仕上げにかかります。
IMG_0534.jpg
ファルケのキットは大きいねぇ・・・。
参考までに、ウチのにゃんこは体重5kgです。

はい、デカール貼りました。
IMG_0537.jpg
上から半ツヤのクリヤーの缶スプレーを吹きましたよ。
そのままだとデカールの白がキツイので、
ガンダムリアルタッチマーカーの緑でコントラストを抑えています。

認識帯以外のところも筆でハゲチョロを描きました。
IMG_0538.jpg
・白を混ぜた本体色
・ニュートラルグレー
の2段階でハゲチョロを描いています。

で、リアルタッチマーカーで墨入れをところどころやり直して、完成。
IMG_0546.jpg

認識帯のアップ。
IMG_0547.jpg
付属のデカールの「Z」っていう文字とほぼ同じ色でした。

大昔のハコ系のレーシングカーみたいに、
照り返しが眩しくなりそうな部分をつや消し黒に。
IMG_0548.jpg
わざとハッチの外にかかるようにして、アクセントにしています。

いやー、ラプター付属の頭、入ってよかった。
IMG_0549.jpg
あまった頭はまた何かに使いましょう。

ノズルはこんな感じ。最後の段階で銀色でちょっとタッチアップしてあります。
IMG_0550.jpg
ちょっとだけね。

横から見たところ。
IMG_0551.jpg
ドイツの昔の「ザラマンダー」っていう飛行機を
なんとなくイメージしながら配色を決めたんですが、
別物になっちゃいましたね(汗)。

裏から見たところ。
IMG_0552.jpg
こすれて色が落ちそうなところもそれっぽく塗ってみました。

なんだかんだで総作業時間の合計は10時間くらいでした。
IMG_0555.jpg
でも、「手元に3次元のファルケがある」っていうのは
昔からしたら夢みたいなことなので、
これから何度も、何時間も眺めてニヤニヤすると思います。

では、四国レポートのつづきをこれから書こうと思います。
がんばろー。


<<(1)へ戻る
えーっと、四国レポートの合間にすいません。

ファルケを自分の作り方で作ったらどんなになるかな?というのが
すごく気になったので、いつもの作り方で駆け足でやってみています。
「いつもの」なので、塗装は筆塗り&マーカーです。

自宅に届いてみたら、箱がでかいのでちょっとビビりました。
IMG_0376.jpg

でも負けずに組み立てます。
まずはタミヤパテでスタビライザーの裏の丸い穴を埋めまーす。
IMG_0377.jpg
あとで削って平らにしました。

後で筆が届かなそうなところに黒の代わりのジャーマングレー。
IMG_0378.jpg

今回はフタの開け閉めのギミックをそのまま残そうと思ったので、
付属のフィギュアを組み立てました。
IMG_0513.jpg
頭だけラプター付属のフィギュアのものを使っています。
たまたま余ってたのと、なんとなくカッコ良かったので。

頭をすげ替えたので、ちゃんとフタが閉まるかどうかチェック。
IMG_0514.jpg
ひとまず安心。

ヤクルトノズルの塗装。
エナメルでの墨入れ以外はラッカー系です。
(1)ジャーマングレーでベタ塗り
(2)白をちょっと足したジャーマングレーでドライブラシ
(3)黒鉄色でドライブラシ
(4)銀色をちょっと足した黒鉄色でドライブラシ
(5)エナメルつやけし黒で墨入れ
(6)銀色でドライブラシ
(7)暗い色で微調整
(8)ガンダムリアルタッチマーカーのブラウンと青を塗って、エナメルうすめ液を染み込ませた綿棒でごしごし
で、こんな感じになりました。
IMG_0520.jpg

組み立てると後から入れられないので、先にフィギュアの塗装。
ヒートペンでパーティングラインを消した後、
ざあぁぁぁっと10分くらいで塗装したらこんな感じ。
IMG_0523.jpg

計器パネルも一応ちょいちょいっと塗りましたよ。
IMG_0524.jpg

はい、組立完了ー。
(組み立て説明書、ちょっとわかりにくかったです・・・)
ガトリング砲の組み立ては要注意。
部品がパキッと割れやすいです。っていうか、割れました。
IMG_0526.jpg

上半分は緑系、下半分はグレー系で塗装。
IMG_0527.jpg
大きめの平筆でだだだだっと塗りました。

使ったのはこの2色。
IMG_0528.jpg
このガンダムカラーの関節用のグレー、
結構好きな色なのでよく使ってます。

認識帯を塗りますよー。
マスキングして、シャアザク用のピンクを平筆で。
IMG_0529.jpg
認識帯は黄色、白、赤、ピンクで迷ったんですが、コレにしてみました。
ピンクと緑は補色なので、目がチラチラして面白いです。
うーん、後で別の部分にも塗ろうかな?考えてみよう。

コックピットの上のシーカーの前に、
反射防止のためのつや消し黒を塗ってみました。
昔の野球選手の目の下のアレと同じです。(わかるかな?)
IMG_0530.jpg

認識帯とかのハゲチョロを面相筆で塗装。
IMG_0532.jpg

傷とかハゲチョロ、いろんな手法がありますけど、
自分は筆で描きたい人なのです。
近くで見るとこんな感じ。
IMG_0533.jpg

つづきます・・・。


(2)へ進む>>

| ホーム |


 トップへ戻る