おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
作った順番とブログの順番がちょっと入れ替わりますがご了承下さい。
作るペースに追いつかなくて、去年のネタもまだ書けてなかったりするんですー。

さて。
タミヤの新製品、SS-100を買いました。
このシリーズ大好き。お値段お手頃、サイズお手頃、難易度お手頃。
IMG_8642.jpg
おまけに飛行機模型とならべて写真を撮るとうれしいにくいやつです。

成型色がせっかくダークイエローなんですが、一旦缶サフで色をリセット。
IMG_8643.jpg
迷ったんですよ。成型色+汚しのみで行っちゃおうかなって。
でも長く撮影で使いそうなんでちゃんと塗ることにしました。

それなりーに再現されたシャーシーを塗りながら組んでいきます。
IMG_8644.jpg

塗ったり組んだり、塗ったり組んだりの繰り返し。
IMG_8648.jpg

じゃじゃーん。
IMG_8673.jpg
ついにエアブラシとコンプレッサーとスプレーブースのやっすいのんを買ってしまいました。
クリアーとかサフの空き缶がごろごろしてるのを見て悲しくなったのが一番の動機です。
これからも筆塗り中心で行きますが、いろんなことに使っていきますよ。

で、今回はフィギュアのつや消しコートにエアブラシを使いました。
IMG_8674.jpg
結局見えなくなるのでぜんぜんわからんのですけどね。

そんなこんなで2日ちょっとで完成。
IMG_8678.jpg
キャビンを組み込むときがちょっと難しかったかな?そのくらいです。あとはそんなに難しくなかった。

ダークイエロー筆塗り、Mr.ウェザリングカラーで軽く汚し、のあっさり仕上げ。
IMG_8679.jpg
ぜんぜんディテールアップしてないんですが、ちゃんとそれっぽく見える。すばらしい。

手に乗せるとこんな感じ。
IMG_8680.jpg
大きさ比較の写真に自分の手を使うのってあんまり意味ないんじゃなかろうかとさっき気が付きました。

いろいろ揃ってきました。屋外撮影が楽しくなりそうです。
IMG_8682.jpg
スポンサーサイト
タミヤの1/48AFVはついつい買ってしまいます。
またまた新しいのを1個。エイブラムスです。
IMG_8182.jpg

今回は塗装前に組み立て。
IMG_8184.jpg
最近はダイキャストシャーシーではなくて、付属のオモリを入れるようになっています。
これ、いるんかなぁ?

複雑な形の割にすいすいと組み上がります。
IMG_8185.jpg
流し込みタイプのセメントとの相性がいいです。

このバスケットの当たりは、組み立ての順番を間違えると組み上がらないので要注意。
IMG_8192.jpg

今回は缶スプレーであっさりやっつけますよ。
IMG_8197.jpg
ぬるま湯で温めています。熱湯はダメよ!あぶないよ!

黒サフを吹いてから、ふわっと白サフ。これで陰影を付けます。
IMG_8198.jpg

サンドイエローは奥まで色がつかない程度に。
IMG_8200_20180121105723785.jpg
明度が同じくらいで彩度が低い色が影にあると、大きく見えると思うので、そういう効果を狙っています。

履帯は塗装してから組み込みます。そうするとマスキングがいらなーい。
IMG_8201.jpg
転輪のゴムは筆でくるりんくるりんと根気よく塗装。

とても貼りやすいデカールを貼って、クリアコート、ウォッシング。
IMG_8208.jpg

だいたい3日くらいの作業で完成しました。
IMG_8211.jpg

アンテナは伸ばしランナー。ストレッチリギングで引っ張ってしならせました。
IMG_8212.jpg

フィギュアも真面目に塗って乗せましたよ。
IMG_8214.jpg

そとのコンクリで撮影したら、なかなかイラクっぽくなって満足です。
IMG_8224.jpg
塗装してから組むと塗膜の厚さで組みにくくなるので、今回缶スプレーのおかげで楽だったかなぁと思いました。
満足感の高いキットです。ぜひおひとつ。
ズベズダの1/100のAFVシリーズ。
なんとなくちょいちょい買ってはさっくり作っています。

今回はマウス。ドイツのでっかいあれ。
IMG_8229_2018010710064179c.jpg

普通に作ってもアレだし迷彩塗装もめんどくさいし、ということで、プラ板工作。
IMG_8230_20180107100642b2f.jpg

あっというまに出来上がり。マウスの試作機「V1」です。
IMG_8231.jpg

大砲が載ってなくて、代わりにコンクリか何かの変な箱がのっかっています。
IMG_8234.jpg
普通1/35で作ろうとは思わないネタですが、1/100なら気軽にできちゃう。

「超重戦車」ですが、手に乗せるとこんなもんです。
IMG_8237.jpg
ゲームのコマに使うキットですからね。作るの簡単、超おすすめ。
私にも積んでるプラモデルがないわけではない。

何ヶ月も倉庫で出番を待っていました。タミヤの10式戦車です。
IMG_7724.jpg
さっくりと戦車を作りたくなったので、掘り出してきました。

今回は組んでから塗る、という方針。
IMG_7725.jpg
部品点数が多いので、下に器を置いて上からニッパーでぱっちんぱっちん切って落としていきました。

下半分が組み上がりました。タミヤの1/48ですが、ダイキャストシャーシではなくてプラ製。
IMG_7726.jpg

履帯はだいたいサビの茶色で塗っています。あとで汚しやらドライブラシやらをやります。
IMG_7727.jpg

履帯は部分連結タイプ(って言うのかな?)。銀色でドライブラシをかけておきました。
IMG_7728.jpg
ダイキャストシャーシではない代わりに、オモリが付属しています。
うーん、何のためだろう???

塗装の邪魔にならなさそうなところをひょいひょいと組んでいきました。
IMG_7733.jpg
形が複雑な割に、短時間で組み上がります。

後ろのバケットは組み立ての順番に気をつけながら接着してくださいね。失敗すると組めなくなります。
IMG_7740_20171127164324e0a.jpg

で、本体色をぺぺぺっとハケ塗り。
IMG_7741.jpg

この塗料を使いました。Mr.カラーの陸上自衛隊戦車色カラーセット。
IMG_7742.jpg
濃緑色と茶色だけ使います。



デカールも貼りました。ゴムのピラピラしたところはタイヤブラックで塗装。
IMG_7743.jpg

Mr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュをうすめてウォッシング。
IMG_7744.jpg
車体の下の方はブラウンやブラックをちょっと混ぜたりしています。

適当に拭き取って、泥汚れをつけて、水性のつや消しクリアーの缶スプレーを吹いたらできあがり。製作期間は1泊2日。
IMG_7746.jpg
細かい部品はあとから接着して、同様のウェザリングをちょいちょいっとやります。二度手間だけど壊さないためには仕方ない。
アンテナは伸ばしランナーを使いました。
伸ばしランナーは横にのばす人がいますが、重力と相談しながら縦に伸ばした方が真っ直ぐになるのでおすすめです。

翌日、庭のコンクリで撮影。
IMG_7755.jpg
前日に寝ぼけまなこでクリアー吹いたもんだからちょっと砂糖菓子風味になってたので、アクリル系薄め液で修正しておきました。

短時間で組めるお手軽プラモです。でもこのかっこよさ。
IMG_7756.jpg

この戦車、ドロドロの地面を走ると横の穴から泥がポロポロこぼれるんです。そんな感じを再現してみました。
IMG_7757.jpg
部品をなくさないこと・壊さないことだけを意識すれば組みやすいキットだと思います。
ぜひおひとつ。いや、たくさん並べるのもいいかもしれんですね。
久しぶりに戦車作りたいなー、と思って、いただき物のこのキットを出してきました。
IMG_6908.jpg
塗料は揃ってるので、気楽に着手できます。

転輪類が山のようにあるので、ランナーに付いたまま淡々と塗っていきます。
IMG_6910.jpg
エアブラシの人は型紙作ってプシャーとかしたらいいと思いますよ。

ゲート跡は軽く処理してタッチアップ。黙々と組み立て。転輪は重ねて差し込むので、ちょっとコツが要ります。
IMG_6916.jpg

分割式の履帯は、おちついて接着したらそんなに難しくないです。
IMG_6917.jpg
何両か似たようなのを組んだら多分慣れます。

ここからはひたすら組み立て。筆塗りだと力がかかるので、細かい部品は後回し。
IMG_6921.jpg

ここまで組み上がるのに、あんまり時間はかかりません。
IMG_6924.jpg

三色迷彩をもちょもちょと筆塗り。
IMG_6925.jpg
あとでダークイエローで全体を軽くドライブラシして一旦コントラストを落として、後から茶色と緑色を薄くちょんちょんと塗りました。

OVMの取り付けも完了。
IMG_6926.jpg

デカール貼って、つや消しトップコートを吹いて、約1日で出来上がり。
IMG_6929_20170828114108fab.jpg

タミヤの1/48は組み立てが楽だし、場所も取らずそこそこの大きさでお気に入りです。
IMG_6933.jpg

庭のコンクリの上で写真を撮りました。
IMG_6935.jpg

予備履帯はMr.メタルカラーのアイアンでドライブラシしましたよ。
IMG_6936.jpg

今回の脇役は、同スケールのオペルブリッツです。いろいろあると並べられて楽しい。
IMG_6937.jpg

シャーシーが金属製でやたらと嫌われることのあるこのシリーズですが、プライマー塗ってあるし瞬着で部品つけたらいいだけなのでそんなに困らないです。気になったらどんどん作ってみようー。
最寄りの模型屋さんでまたステキなキットをみつけました。
1/100のシュトルムティーガーです。
IMG_5867.jpg
ゲームのコマ用のざっくりしたプラモデル。でもそれなりにちゃんとしてます。

思う所あって、フェンダーをざっくり切除。あと、砲口の形状変更など、ちまちま工作。
IMG_5868.jpg

小さいキットをそれなりに作ったので、あっというまに完成。
IMG_5871.jpg

ムンスター戦車博物館に収蔵されている車体っぽくしてみました。
IMG_5874_2017052109411216d.jpg

うしろから。
IMG_5873.jpg
排気管もそれなりにディテールアップしました。
こだわりたい人はもっとがんばろう!

おっさんの手に乗せるとこんな感じ。大きさがわかるでしょうか。
IMG_5875.jpg
数百円で1時間位遊べるプラモデルです。

同じシリーズのものを改造した「ビッグウィンド」といっしょに。
IMG_5878.jpg
それなりの出来なので、それなりの解像度で気軽に楽しめるのがとてもありがたいです。
去年の秋に急に作りたくなって手に入れたタミヤのチャーチル。
IMG_3605.jpg
なんやかんやでお正月までほったらかしてしまいました。
ごめんよー。

デコボコが多いので、筆塗りおじさんのプライドなんかどこへやら、屋外で缶スプレーをぶわぁぁっと吹きました。
IMG_4497.jpg

戦車は組んでから塗ったほうがいいという話がありますが、この子はランナーの状態で単色塗りしたほうが楽みたいです。
げじげじした足回りは結構あっというまに組み上がりました。
IMG_4504.jpg

2時間ほどあれば形になってしまいます。
順番を工夫しないと組めない装甲とかがあるので、接着する前に確かめてみて下さい。
IMG_4505.jpg

最近、Mr.ウェザリングカラーの紫色を買いました。
IMG_4507.jpg
ウォッシング用の汚れ汁に混ぜてみたんだけど・・・今回は効果はわからず。
これからもいろいろ試してみます。

かるくウェザリングして、一旦完成。
IMG_4513.jpg

翌日、付属のフィギュアを塗装しました。
が、なかなかツヤが落ちない。いつものようにタミヤアクリル系のフラットクリアーをハケ塗りしてもダメ。
IMG_4523.jpg
で、Mr.カラーのなめすむを薄めて塗ったらツヤが消えたものの、砂糖菓子のように白くなってしまいました。
というわけで、近くで見るのは禁止です。
こんどからはMr.カラーのスーパークリアーつや消しってのがあるらしいので、そちらを試してみます。

本体にデカールを貼ってからもう一度汚して、フィギュアをのっけて、完成。
IMG_4530.jpg

2017年最初の完成品になりました。
(まだ付属のフィギュアはあまってますけども・・・)
IMG_4529.jpg
金型の古いキットですが、汚し甲斐があって組むのがかんたん、いいとこづくめ。

前の泥除け(?)には、最近初めて買ったタイヤブラックを塗ってみました。
IMG_4534.jpg
あまり手間もかからず、思いの外満足度の高いプラモデルでした。
正月一発目からえらく楽しかったです。
一個作ったら一個買うよね?
というわけで、気まぐれで小さいメルカバを買ってきました。
IMG_3179.jpg

中身はこんな感じ。
IMG_3180.jpg
履帯と転輪が一体成型でびっくりしました。
でも、履帯はちゃんと模様が入ってるの。どうやって作ったんだろう。
ちなみに、プライマー無しで塗装できました。
「私はプライマーいらないのよー」っていう声が聞こえたような気がしたのです。

「シナイグレー」を持ってないので、
RLM02に「タン」を混ぜて、適当に「シラナイグレー」を作りました。
IMG_3181.jpg

ぺぺペッと塗ってダダダッと組んでパパパッと汚したらこんな感じ。
IMG_3190.jpg

パーツ構成が昔の100円の戦車とほぼ同じなので、
2時間ほどで完成しました。
IMG_3191.jpg
先日作った「ベルカバさん」といっしょに。

おっさんの手に乗せるとこんな大きさです。
IMG_3193.jpg

同スケールのフライングバナナと比較。
戦車って思ったより小さいのですね。
IMG_3196.jpg

後日、庭で撮影。
IMG_3211.jpg

デカール少ないしパーツ少ないし、で、
パーツを無くさないようにすればすぐ完成します。
IMG_3212.jpg
小さいのにちゃんとメルカバっぽいです。

そのかわり、2千円以上の価値がこのキットにあるかというと・・・
IMG_3213.jpg
うーん。
8月20日にプラモタイムトライアルでF-100を作ったのですが、
「おかわり」として61式戦車も組みました。
IMG_2976.jpg
前から作ってみたかったんですが、
後でいいかな後でいいかな、で買わずじまいでした。

どうやら緑色はフィールドグレーなのかな?と思って
タミヤの缶スプレーをぶしゃー。
IMG_2977.jpg

そして組み立て。
転輪のゴム部分は筆でさささっと塗ってあります。
IMG_2978.jpg

陸上自衛隊戦車色カラーセットの茶色をペタペタ
IMG_2979.jpg
この辺りでなんだかおかしいぞ・・・と思いまして。
後で残りのフィールドグレーの部分も、同セットの濃緑色で荒々しく塗りました。

転輪のナットは黄色に塗られてたみたいな話をどっかで読んだので
そりゃなんだかかっこいいねぇ、と思ってちょんちょん塗りました。
IMG_2980.jpg

Mr.ウェザリングカラーを4色使って汚して、
細かい部品をつけて、4時間弱で完成しました。
IMG_2981.jpg
スモークディスチャージャーの接着位置が、
アンテナと干渉してわかりづらいのでよーく考えたほうがいいみたいです。

同じ日に組んだF-100と一緒に。
IMG_2985.jpg

後日、ヘッドライトを塗り忘れてたことに気づきまして。
改めて庭で再撮影。
IMG_3147.jpg

結局10式戦車と同じ色で塗ったわけですが、これでよかったんかなぁ。
IMG_3148.jpg

幼少時に戦車の形といえば、この61式戦車でした。
初めて作るまでにずいぶんおっさんになってしまいました。
IMG_3150.jpg
そのうちファインモールドのも作ってみよう。
最近、衝動買いしたプラモデルです。
最寄りの模型屋さんで1/72とか1/76のAFVキットが増えまして。
ちょっと買ってみた次第です。

ハセガワのレオパルト2。
(「ド」じゃなくて「ト」なのですね)
IMG_2395_20160629142810ec6.jpg
せんえんくらいでした。

開けてびっくり、足回りが一体化。
IMG_2396_2016062914281126a.jpg
子供の頃に売ってた100円くらいの
ゼンマイの戦車プラモを思い出しました。

そんなわけであっというまに組み上がるわけですよ。
IMG_2397.jpg

先日作ったハンヴィーで使った、NATO迷彩カラーを塗りました。
IMG_2398.jpg
もうちょっと明るくしたほうがよかったかもね。
塗料が乾いた後、メラミンスポンジでならしておきました。

Mr.名前がめんどくさいんじゃ汁で汚して完成。
伸ばしランナーでアンテナをそれっぽく追加しました。
IMG_2405.jpg
同スケールのイセッタといっしょに記念撮影。

塗装だけしたいっていう人にはええですね。
IMG_2408.jpg
今回はあんまり気合が入りませんでした。すいません。

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する