おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
よく行く近所の模型屋さんで、こんなのを見つけたのです。
IMG_5332.jpg
イラン空軍のファントム。見落としてました。
前から作りたいなぁと思っていたので迷わず購入。

そしてモデルカステンのイラン空軍トムキャット用のカラーセットも、試しに使ってみたかったので購入しました。


ファントムIIにしてはちょっとデカール少なめ。(でも多いといえば多い)
IMG_5334.jpg

コクピットから組み立て。コンソール類のデカールがびっしり。
IMG_5337.jpg

迷彩の下描き。いつものようにガンダムリアルタッチマーカー。
(最近、本来の目的で使ってませんね・・・)
IMG_5343.jpg

先程の専用カラーに薄め液をちょっと足して、瓶から直接ハケ塗り。
IMG_5347.jpg
カリッカリのつや消しになります。

紙にのせておいた塗料を薄め液でもどしながら、毛先が死んだ面相筆で境界をぼかし。
IMG_5351.jpg

そして脚が付きました。
IMG_5352.jpg

塗ったときの印象では「タン」が青白いかなぁと思ったのですが、日光の下で見たら結構好きな感じだったのでそのまま行くことにしました。
IMG_5357.jpg

Mr.ウェザリングカラーを混ぜてウォッシングをしますよ。
IMG_5361.jpg

ウォッシングした上から再度、迷彩色をパネルラインなどにちょこちょこと上塗り。
IMG_5362.jpg

デカール作業はやっぱり大変。ぬるま湯を使って時間短縮。
IMG_5368.jpg

クリアー層は、主にプレミアムトップコートの缶スプレーを使いました。
IMG_5372.jpg
最近のお気に入りです。


細かい部品を付けた後、最後にキャノピー。
こうやって持ち手代わりの木切れに、両面テープで固定。
IMG_5381.jpg
下塗りはMr.カラーのジャーマングレーです。面相筆で一気に。

本体にキャノピーを貼り付けて、迷彩色を塗ったら完成。
IMG_5384.jpg
途中、仕事の肩こりが酷い日があったので5日かけてゆっくり作りました。

これこれ、こういうのが作りたかったんよ・・・という喜び。
IMG_5392.jpg

後日、青空が出てたのでいそいそと撮影へ。
IMG_5397.jpg

前から見ると男前。
IMG_5398.jpg

後ろから見ても男前。
IMG_5401.jpg
水平尾翼やお尻の金属色は、Mr.メタルカラーのステンレスとダークアイアンを使いました。

せっかくなので、去年作ったタミヤの1/48トムキャットと並べてみました。
IMG_5403.jpg
あくまでピントはファントムの方に。

前から組みたいと思っていたキットが完成して満足なのです。
IMG_5409.jpg
特にデカールが大変な機種ですが、ファントムはたまに作りたくなるのです。
スポンサーサイト
ネットで飛行機の写真を見かけてムラムラと作りたくなる、ということはたびたびありまして。

探してみたら割と買いやすいお値段だったのでさっくり取り寄せました。
IMG_5288_201703291906375d0.jpg
Revell製のB-2です。

成型色が真っ黒でびっくり。そして凸モールド。
IMG_5289_2017032919063912f.jpg
あれれれれ、結構古い金型でらっしゃるのね。

あんまり気にせず、隠蔽力確保のために脚庫の中などに缶サフの白を吹きました。
IMG_5290_20170329190640006.jpg

本体色の下地は成型色の黒を活かそうという方針で、脚庫のフタをマスキングテープで保護。
IMG_5291.jpg

ちょっと歪み気味のパーツをぱちぱちと組み立て。
IMG_5298.jpg
部品点数が少ないものの、ダボとダボ穴が合わなかったりでちょいと苦労。
翼の合わせ目はそれなりに消しました。

Mr.カラーの305番にシルバーを少々加えたものをハケ塗り。
IMG_5300.jpg

今回は窓は先にはめ込む仕組みだったので、珍しくマスキングしました。
IMG_5301.jpg
フチの部分は305を瓶生で。

ちょっとつじつまがあわないデカールをそれなりに。
IMG_5303.jpg
排気口あたりはダークアイアンとステンレスを塗りました。

というわけで、1日くらいで完成。
IMG_5311.jpg
持つときはこうです。

庭のコンクリの上で撮影。
そうそう、この構図の写真が撮りたかったのです。
IMG_5312.jpg

それなりにつくると、それなりやねぇ。でも、完成するとうれしいです。
IMG_5314.jpg

1/72だとお値段がどかーんと上がります。
お手軽に作りたい方にはこのキットがおすすめかも。
IMG_5315.jpg
今月(2017年3月)に「ホビージャパンnext」っていう新しい模型雑誌が出まして。
ロシア特集だし印刷もすばらしいなんて評判を聞いて、そそくさと買ってみたのです。

で、屋外展示されたスホーイT-4の垂直尾翼の実機写真に一目惚れ。
プラモデルないか?1/72のA-model?どこで売ってる?いくら?あれ?ない?
というわけで、自作することにしました。
(条件付きで・・・)

ネットで「スホーイ T-4」とかなんとか画像検索して、斜めから見た写真を切り抜いて、横から見た図面と重ねて変形したりなんかしたりして、A4サイズにプリント。
IMG_5272.jpg
※画像の変形は、Photoshopだと「編集→変形→ゆがみ」、Gimp(フリーだよ!)だと「ケージ変形」ってのをやるといいです。

それの上にタミヤの透明プラ板を重ねてテープで固定。
IMG_5274_201703151703350dc.jpg
なにをやったかって言うと、下の写真を見ながらスジボリとリベット打ちなのです。
いつものように画鋲を使いました。同じことをやりたい人は手が疲れるからもっといい道具使ってくださいね。

で、8番銀でばばばっとハケ塗り。上からラッカー系のクリアコート。
IMG_5275.jpg

Mr.メタルカラーのアルミ・アイアン・ダークアイアン・ステンレスと、クリアーオレンジ、クリアーブルーなんぞを小筆でこちょこちょして、ほぼお絵かき。
IMG_5276.jpg
スミ入れやウォッシングなんかもやります。

で、透けないように裏にはサフを刷毛塗りして・・・・

できあがり。
IMG_5280.jpg
垂直尾翼だけ作っちゃいました。ごめんね。

撮影がしやすいように5mm角プラ棒の持ち手をつけました。
IMG_5282_2017031517035590d.jpg
絵面がおバカっぽくて楽しい。

メタルカラーを塗りまくったので、夕方に撮影するともうたまらない。
IMG_5285.jpg
というわけで、ホントだったらでかいプラモデルを買って苦労するところを、塗りたいところだけ1時間半で作って楽しんでしまった、というとてもイイカゲンなことをやった報告でした。
おしまい。
よく行く模型屋さんで、長らく「特価1000円」となっているキットがありまして。
凸モールドとリベットが楽しそうだなぁと思いつつ買わずにいたのです。
安いからっていう理由でプラモデルを買うことはあまり無いんですが、気になってたのでとうとう買ってきました。
エレール・ハンブロールのStukaです。
1_20170315124325646.jpg

説明書をばっと開くとこんな感じ。夢がいっぱい。
IMG_5184.jpg

なにしろ金型は1972年、このパッケージになったのが1980年代という古いプラモデル。
タイプライターで打ったような文字が並んでたりするわけです。
IMG_5185_20170315124327949.jpg

そしてこれがカラーとデカールの指示。
「箱絵を参考にしてね。細かいところはわかる人ならわかるでしょ」という香ばしい感じ。
IMG_5186_20170315124329897.jpg

大変といえば大変なのですが、このリベットの並びを見ると「いいよ、おっちゃんがんばるよ」と思えてくるのです。
IMG_5188.jpg

一部黄色で塗る部分があったりするので、成型色を白サフでリセットしておきました。
IMG_5191.jpg

さあ組み立てよう、と思ったら、操縦席がない。
IMG_5207.jpg
あわてずプラ板でさっさと自作。
精密なキットじゃないので気楽なもんです。

なんとなーくこのへんだろうという見当をつけながら、コクピットを組み立てました。
IMG_5208.jpg

なんたって説明書の指示がこうですからね。ほとんど推理の世界。そこが面白いといえば面白いです。言い訳もできる。
IMG_5209.jpg

機首の先の下には四角い穴が開いていて、ここにあとでクリアーパーツでフタします。
IMG_5211.jpg

ふむふむ、操縦席の足元からさっきの穴を通して下が見えるようになってるんだなぁ、というプラモデルならではの学び。
IMG_5212_20170315124411ae0.jpg

古いキットだけどバリはぜんぜんありませんでした。流し込み接着剤を付けながら気持ちを込めて押さえ込むと、ほとんどスキマ無しで組み立てできました。
IMG_5213_20170315124413482.jpg

で、付属のデカールの白い部分がほぼ壊滅だったので、鳥さんマーク以外は手持ちのデカールにタッチアップでやりくりしました。というわけで1日くらいで完成。
IMG_5230.jpg

影になる部分には、Mr.ウェザリングカラーの紫を薄く塗り込みました。ちょっと塗りすぎたかも。
IMG_5231_2017031512441623d.jpg

最近、100均の「セリア」に初めて行ったんですが、いい感じの人工芝の敷物があったので、それを使って屋外撮影。なんとものどかな写真ができました。
IMG_5256.jpg
後日、同じ箱のキットに「2900円」っていう値札がついてるのを見つけました。
欲しい方はよかったら買って作ってみて下さい。瞬間接着剤を上手に使えばそんなに難しくないです。
無性に大きめの震電が作りたくなって、買ってきました。
いつでも買えるキットはいいですね。
IMG_5069.jpg

震電を組むのは3回目。
今回は凸モールドに添って、デザインナイフでパネルラインの段差を彫り込みました。
IMG_5076.jpg
あと、画鋲でリベットの目立つところをそれなりにぽちぽちと立ち上げ。

実機写真を見るとえらくボコボコしてましたので、電池リューターに丸いビットをつけてゴリゴリ。
IMG_5086.jpg

リューターで削ったところがえらく毛羽立ったので、流し込みセメントでならしてから組み立て。
IMG_5087.jpg

8番銀をわーっと筆塗りして、上からラッカー系のクリアーでコート。
IMG_5093.jpg

久しぶりにケープの出番。これ、奥さんがもう使わないからってくれたものです。ありがたい。
細い筆で、主にパネルラインの周りに塗りました。
IMG_5094.jpg

乾燥してから濃緑色をハケ塗り。こんなもんでよかろー。
IMG_5095.jpg

水で濡らした硬めの歯ブラシでゴシゴシ。
意図的に剥がしたい部分は5mm角棒で叩いたりしました。
IMG_5096.jpg

そして、説明通りに組み立て・・・
IMG_5098_201703121025385e0.jpg

約一日で完成。
IMG_5100.jpg

パネルのボコボコ感はまだまだ経験積まないとなぁ、という感じ。
IMG_5102.jpg

ええ感じのハゲチョロになったかなー。
IMG_5103.jpg
日の丸はあえてハゲチョロ無しにしました。
たぶん、他の部分が剥げててもここだけはこまめに塗装し直してたんではないかという勝手な想像。
一応上からいろんな赤でタッチアップ後の表現はしておきました。

屋外撮影。
ハセガワのデカールは、新しいうちはとても貼りやすいです。
でも、貼らずに置いとくと数年で寿命が来るんじゃないかなー。
IMG_5107.jpg

プロペラとスピナーは、レッドブラウンにちょっとだけアルミを混ぜたものを塗りました。
プロペラは新品ですよ、というこれまた勝手な想像。
IMG_5111.jpg

給油車とかパイロットさんとかを交えて撮影しました。
IMG_5114_20170312102602d04.jpg
48の震電、安くて組み立てやすくて楽しいキットですよ。
接着剤の使い分けさえうまく行けばそんなに難しくないと思います。
タミヤ(イタレリ)の1/48 Saettaなのです。通算2機目。
IMG_5003_20170305084603464.jpg

とても組みやすいキットなんです。
IMG_5004_201703050846040bd.jpg
あと、単座なのにパイロットさんが2人入っててお得。
あまったのは置いといて何かに使いましょう。

で、銀色に塗って完成。
IMG_5011.jpg

デカールはハセガワ1/48震電のがまるごと余ってたのでそれを使いました。
IMG_5012.jpg

日本海軍が評価用にイタリアから一機取り寄せた、という架空の設定なのです。
IMG_5047_20170305084608840.jpg
前に作ったサエッタは壊れちゃったので、またいつか一機買って真面目につくろうかなー。
2016年の年末に発売された、タミヤの新製品です。
わくわくしながら買ってきました。
IMG_4832_20170210100841252.jpg
そういえば飛燕を作るのは3機目。
今まで作ったのは、マイクロエースとアオシマです。

機体色を筆塗りしたーい、という人なので、最初のコクピット製作がなかなか苦しい。
IMG_4835.jpg
でも苦労が報われる作りですよ。がんばってデカール貼りましょう。
一旦つや消しクリアーを計器盤に塗ってから、あとで計器類につやありクリアーを塗りました。

あとで見えなくなっちゃうエンジンを記念撮影。
IMG_4844.jpg
ちなみに、透明の胴体パーツ(半分)も付属してます。

具を作ってしまえば、あとの組み立てはサクサクです。
IMG_4845_20170210100845671.jpg

一旦8番銀をなすりつけるように塗った後、メタルカラーのアルミで軽くドライブラシ。
IMG_4849_20170210100847274.jpg

このキットには増槽が付属してるんですが、なんだか好みじゃないので増槽の「つかむところ」だけをプラ材で作りました。
IMG_4855.jpg

脚をつけたり、細部を作ったり塗ったり。
IMG_4856_20170210101016bd3.jpg
多少、説明書の手順は無視して組んでいます。塗装のときに壊れそうな部分は後回しとか、そんな理由です。

尾翼のデカール。ああっ尾翼の赤は自分で塗装するんだったか。(ちゃんと確認しよう!)
IMG_4858_201702101010187d2.jpg

多少下の銀色が溶け出すような感じでペッタペタと赤をハケ塗り。
IMG_4861.jpg

赤が乾燥する前に、ヤスリスティックでひっかいてハゲチョロ表現。
IMG_4863.jpg

デカール貼りましたよ。
IMG_4865.jpg
デカールソフターを塗ったり綿棒で押さえたりしながら貼って、ほぼノーミス。

こういう「分かれてるところ」は、セメントでデカールを溶かしたりもします。
IMG_4866_2017021010104221c.jpg

デカールを貼り終えてから、緑色の迷彩を筆でこちょこちょ。
IMG_4867.jpg
今回はこの塗装がしたくてこのプラモデルを買ったようなものです。

胴体横は、緑のペンキが垂れたような感じに塗りました。こういう実機写真をネットで見かけたのよね。
IMG_4868.jpg

というわけで、1日1時間か2時間ずつ、5日間かけて完成させました。
IMG_4934.jpg

同スケール・同メーカーのくろがね四起といっしょに。
IMG_4873.jpg

せっかくの銀色なので、夕方にも撮影しました。
IMG_4887.jpg

張り線にはいつものようにモデルカステンのストレッチリギングを使いました。なかなかなくなりません。思い切って買っておいてよかった。
IMG_4889.jpg
同スケールのトムキャットと同様に、塗装が楽しめるプラモデルでした。こういうの大好き。
今年もTwitter上で、1月21日22時〜1月22日22時の24時間で「プラモタイムトライアル」が行われました。
もちろん今回も参加。

今回はこのキットを用意しました。
IMG_4739_20170125165645280.jpg
タミヤ(イタレリ)のホークです。
1/72のホークはこれまで6機作ったことがあるんですが、1/48は初めてです。

エッチングパーツと、金属製のフィギュア2体が付属しています。
IMG_4741.jpg
なんでフィギュアが金属製なのかというと、機首のオモリを兼ねてるんですね。
というわけで、プライマーのハケ塗りから作業を始めました。

1日目の夜は、ランナーについたまま本体色を塗り分けて就寝。
IMG_4740_20170125165647ea8.jpg
おいちゃん夜更かし苦手なんよ・・・。

翌朝、作業再開。
計器盤は「プラパーツにデカールを貼って上から塗装したエッチングパーツを貼る」という豪華仕様。
IMG_4743.jpg

できあがるとこんな感じです。
IMG_4744.jpg

パーツの合いは良いし説明書もしっかりしてるし、というわけですいすいと士の字に組み上がりました。
IMG_4745.jpg

ひょいひょいと脚とか細かいパーツも接着。
IMG_4747.jpg
あとはデカールとキャノピー、なのですが、写真撮り忘れてました。ごめん。
デカールはカルトグラフ製でとても貼りやすかったです。ぬるま湯を用意してたんだけど、冷めたあとの水でも貼ることが出来ました。

というわけで、合計5時間半ほどの作業で完成。
IMG_4751.jpg
イギリス海軍のマーキングを選びました。
(あと、スイス空軍とイギリス空軍も選べます)

手に持つとこんな感じですよ。
IMG_4754_201701251657112a0.jpg

あとすいません、キャノピーの裏側の小さいバックミラーは省略しました。作るときに気になった人は付けてみてね。
IMG_4755_20170125165713560.jpg

年末年始に飾ってた1/72といっしょに。やっぱり少し大きいねぇ。
IMG_4758.jpg

天気が良くなってから、撮影に行きました。
IMG_4763_20170125165731bc6.jpg

本体色の指定は「つやあり黒」だったのですが、少し色合いが欲しかったのと塗りやすさを考えて、瓶入りの黒サフに紫色を混ぜたものをハケ塗りしました。
IMG_4764_2017012516573347f.jpg

うーん、もうちょっと紫色が多くても良かったかなー、という感想です。
IMG_4765_2017012516573496f.jpg
たぶんこのカラーリングのホークはまたいつか作ると思いますよ。そのときに。

いつも赤いのばっかし(迷彩が1機)作ってて黒いのも欲しかったので、満足度高し、です。
IMG_4775.jpg
プラモタイムトライアルには毎回参加して楽しませて頂いてるんですが、自分に関しては「いつもと何が違うん?」って言われてしまうかも。いやいや、色んな人が同時にガシガシ作ってるのに混ぜていただくのが楽しいんですよ。Twitterやってるモデラーさんで、興味のある方はぜひ次回。
そういえばこういう飛行機はあまり作ったことが無いな、と思って出してみました。
IMG_4669.jpg
これはお友達からいただいたちょっと古いキットです。

付属のデカールは、フィンランド航空とフィンランド空軍が選べるようになっています。
IMG_4670.jpg
旅客機の1/72キットですから、それなりにでかい。

白いランナー、やわらかめ。雰囲気はこんな感じ。
IMG_4672_20170120154135d3c.jpg

1日目の夜。
レベルの説明書は、色にアルファベットがふられているので、塗料瓶の上にアルファベットを書いたマスキングテープを貼っておきます。こうするのは2回目ですが、やっぱり楽。あと、そのものズバリの色はなかなか見つからないので、自分なりに選んだものを使っています。
IMG_4680.jpg
あと、「つや消し黒」となっているところを部品によって別の色に変えたりもしています。

パイロットさんたちが付属していたので、ランナーに付いたまま塗装して、切り取ってからタッチアップ。
IMG_4682_20170120154138ca4.jpg
あとでスミ入れもしたんだけど、完成したら見えなくなりました。

窓は胴体を貼り合わせる前に内側から接着するようになっているので、いつもと違って真面目にマスキングしました。
IMG_4683.jpg
幅の細いテープを使って、できるだけ切る回数は少なめで。

初日の夜はあんまり時間がなかったので、とりあえずここまで。
IMG_4684_20170120154201e6c.jpg
速乾タイプの流し込み接着剤だけではちょっとパワーが足りなくて、今回はテープで固定しながら接着しました。

二日目、あっという間に士の字。大きくて少ない部品をバサバサと貼り合わせです。
IMG_4690_2017012015420333a.jpg

ちょっと揮発したMr.カラーの8番銀を、柔らかい平筆で延ばすようにすり込みました。
IMG_4691_2017012015420456f.jpg
厳密には、
・スジボリにも届くようにすり込む
・なめらかに延ばす
・塗膜が薄いところに筆で叩きつける
みたいな感じで塗っています。

脚も付きました。これでデカールが貼れるぞ。
IMG_4694_20170120154206038.jpg

手で持つとこんな感じの大きさです。幅約40cm。
IMG_4697.jpg
翼の上面は、Mr.メタルカラーのアルミを部分的に薄く塗ったりこすったりして、パネルの違いを少し強調しました。

ここからは3日目ですよ。
IMG_4698.jpg
デカールがでかいのと寒いのとで、キッチンに持ってきてデカールを貼りました。
キッチン最高。ぬるま湯使い放題。
デカール自体は薄くて扱いが難しかったですが、その分モールドに馴染んでくれたのが良かったです。
マークソフターは多めに使用。はみ出たデカールは接着剤で溶かしちゃったりもします(要注意)。

で、デカールの上からタミヤアクリルのクリアー(つやあり)を刷毛塗りして、細かい部品を接着して、完成。
IMG_4701_2.jpg
さっそく松山空港の近くの駐車場で撮影しました。

地面は濡れてたり凍ってたりする感じにしたかったので、板にラップを巻きつけました。
IMG_4706_2.jpg

旅客機もええですねぇ。特に銀色はかっこいい。
IMG_4707_2.jpg

で、せっかくの銀色なので、夕方にも撮影しました。
IMG_4713_20170120154248694.jpg

同じような写真が続いちゃってごめんね。
IMG_4715.jpg

今回の一番のお気に入り写真。
IMG_4720_201701201542510d3.jpg

足元の雪は、石膏の粉末を使いました。
IMG_4722.jpg
もともとジオラマ用に買ってあったものです。使い終わったらちゃんと持って帰りましたよ。
(こういうの外に捨てちゃだめだよー)

上から見たところ。
IMG_4723.jpg
あまり細かい工作はしませんでしたが、満足度が高かったです。たまには大きい飛行機もいいもんだ。
よく行く最寄りの模型店で、ずいぶん前から500円になっていて気になっていた飛行機のプラモデル。
IMG_4560_20170113142453aa2.jpg
Twitterでこの「カナック」がちょっと流行ってたので、自分も作ってみることにしました。

カナダの飛行機を、カナダのプラモデルメーカーがキット化したものです。
中身はこんな感じ。
IMG_4561_20170113142454c26.jpg
とても素朴なデカールが付属していました。
(ちゃんと貼れました)

お風呂みたいなコクピット。
IMG_4573.jpg
パイロットさんたちの色は、ネットで調べてそれっぽく塗りました。

意外とすんなりと組み立て出来ました。
IMG_4574.jpg
主翼がちょっと反ってたけど、力加減を調節しながらむにゅーっと曲げたらまっすぐになりました。

これまたネットで見つけたカラーリングを参考に、オレンジと8番銀でハケ塗り。
IMG_4579_20170113142458dfd.jpg
たまたま同じ色で同スケールマジステールがあったので並べてみました。
でかいねカナック。
マスキングは機首のオレンジの帯だけやりました。あとは「きわい」。

デカールを貼って、タミヤアクリルのクリアー(今回はつやあり)を塗って、完成。
IMG_4583_20170113142515e38.jpg
ハセガワのマルヨンのカナダ国旗デカールが余ってたので、ついでに貼りました。コクピット近くの赤い三角も付属のデカールがなんだかぼんやりしていたので、これもマルヨンから。

後日雨が止んでから、屋外で撮影。
IMG_4600.jpg

以前作ったカナダのマルヨンといっしょに。
IMG_4603_20170113142518271.jpg

ところが風が強くて、マルヨンが飛んでキャノピーが外れてしまいました・・・。
(あとで治りました)
IMG_4604_20170113142520cd7.jpg

本体の8番銀は、濃いめのをなすりつけるように塗りました。
IMG_4607_201701131425211f5.jpg
今回はあえてスミ入れ無し。つやつやの飛行機もいいもんです。

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する