おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
気楽に作りたいなぁなんて気分のときもありまして。
そんなときは例えば、「作ったことのあるHGUCのガンプラ」なんかはうってつけなのです。
IMG_9997.jpg
というわけで買ってきた量産型ズゴック。
8年ほど前にプラモデルづくりに出戻ってきたときのきっかけのキット。
あのときは初期のガンプラとの違いに驚いて面白かったなー。

今回はちょっと工夫してみたいアイデアがありまして。
IMG_9998.jpg
鉛筆削りで削った5mmの丸プラ棒を、頭のロケット穴に突っ込みました。で、中の先っちょはカット。
中に入るミサイルのパーツも別途切り取っておきます。

はい、6つとも埋めました。スキマはタミヤの瞬間接着剤イージーサンディング。
IMG_9999.jpg

よくガンプラをエアブラシで塗装する方には見慣れた光景だと思いますが、私はこういうの初めて。
竹串付きクリップでパーツ1個1個を挟んで、発泡スチロールに並べてグサグサ。
IMG_0002.jpg

私はパーツがばらばらになるとわからなくなっちゃう人なので、列ごとに「右足」とか書いた厚紙を刺しておきました。
IMG_0003_20180518104350daf.jpg
これ、地味だけどやっておくとすごく気が楽ですよ。

頭の方は硬化後に削って、サフ吹いて確認してまた削って、を繰り返しました。今回のキモですからね。
IMG_0004.jpg

ほぼ何の苦労もなくエアブラシでぷしゃー。色は米軍機によく使われているものを選んで地味目にしました。
IMG_0005.jpg

そんなこんなで2時間位で完成。
IMG_0006_20180518104355827.jpg
おおおなかなかかっこいい。

後日、ちょっとさびしいなーと思ったので、デカール類もそれなりに貼ってみましたよ。
IMG_0088.jpg
加減や選択がなかなか難しいですね。こうやってなれないことをするのもなかなか楽しい。

後ろから。「この辺に回転ブレードが入ってますよー」みたいな線を入れたのが今回のこだわり。
IMG_0089.jpg

どうですか。あたまつるつるもなかなかかっこいいでしょ。窓枠もちょっと減らしました。
IMG_0091.jpg

オマケ。HGUCのズゴックを買ったらぜひやってみたい遊び方です。
IMG_0094.jpg

そんなわけで、お気楽モデリング、終了。
エアブラシを使ったガンプラの塗装も楽しいということがよーくわかりました。
スポンサーサイト
ゴールデンウィークにTwitterで「#GW旧キットゲリラコンペ」というイベントがありまして。
以前いただいた袋詰めのムサイがあったので、それで参加することにしました。
IMG_9769_20180518102453ec0.jpg

まずはランナー状態でいろいろ塗装。
IMG_9772.jpg
レギュレーションとしては合わせ目は消さずに全塗装、とのこと。
(製作中のレギュレーションのご指摘、ありがとうございました。)

一旦、ほぼ成型色のままで組みました。
IMG_9774_20180518102456114.jpg

関節がないので、ここから本体色を塗り込んでいきます。
IMG_9775.jpg
グリーンはMr.カラーの312番を選びました。

約1時間半ほどで完成。合わせ目消さないとあっというまですね。
IMG_9778.jpg

翌日、ちょっと味気ないなーと思ったので、軽く味付けすることにしました。
IMG_9791.jpg
マスキングテープをところどころ貼って、ガンダムリアルタッチマーカーのグレーで線を引いて綿棒でぼかします。

こんな風に「なんちゃってパネルライン」ができました。これをあちこち繰り返すと情報量が増えますよ。
IMG_9792.jpg
こういう「でかいメカ」には向いているかもしれません。

あちこちに面相筆でそれらしーく点々を描いて、こんどこそ出来上がり。
IMG_9793.jpg

ムサイって全然興味無かったんですが、こうやって作ってみるとなかなかかっこいいじゃないですか。
IMG_9794.jpg

ついでに後ろから。
IMG_9795.jpg

ついでのついでに、せっかく黒バックで撮影したので、パソコンで写真を加工してみましたよ。
Musai.jpg
安いのにたっぷり楽しんでしまいました。たまにはいいですねこういうの。

イベントの開催、ありがとうございました。楽しかったです。
Twitterに最近アンケート機能がつきました。
で、試しに「FURYっぽいガンタンクってどう?」って訊いてみて、
大多数が「いいと思う」というお答えを頂いたので速攻で作りました。
作業時間3時間の発散系モデリングです。
IMG_9838.jpg

いきなり完成写真。
IMG_9840.jpg
本体色はタミヤのオリーブドラブの缶スプレー。
ちょっと足りませんでした。残念。
なので、Mr.カラーのオリーブドラブでむらむらに塗ってあります。

後ろには1/48の戦車用アクセサリーをちょいちょいと載せました。
IMG_9841.jpg
汚しはすべてMr.ウェザリングカラー。
乾燥がちょっと遅いので、ジッポーオイルで沈殿物を薄めたり
缶クリアーを吹いたりして時間稼ぎをしています。

前にはフューリー号ではガスマスクだったところを、
FGザクの頭にしました。
IMG_9842.jpg
履帯は成型色のままで組んで、
・ウェザリングカラーのステインブラウン
・同じくマルチブラックとサンディウォッシュの混ぜたもの
などで汚して、かるく銀でドライブラシしました。

頭のちょっとしなったアンテナは、
伸ばしランナー+ストレッチリギングです。
IMG_9843.jpg

「戦車っぽいもの作りたいけど難しそうだなー」っていう人には
とてもおすすめのキットだと思います。
今年の5月に製作したものなんですが、ブログにまだ載せてなかったのでご紹介。

当時の新製品、ガンタンク初期型。
IMG_7420.jpg
お店の人に「絶対これ買いに来ると思ってました」って言われちゃった。

まずは説明書通りにちゃかちゃかと組み立て。
IMG_7422.jpg
砲身に合わせ目ないし、あっというまに組みあがります。
この状態で十分遊べます。

が、私はここにプラ材でいらんものを追加していきます。
IMG_7426.jpg
直径の違うものを混ぜるのがミソ。

本体と同じような雰囲気で塗装してなじませました。
IMG_7432.jpg

回転部分(ちゃんと回せるよー)の中心には
モーターっぽいものをつけて、なんちゃって配線。
IMG_7444.jpg

港のでっかいクレーンみたいにいっぱい糸を使いました。
IMG_7450.jpg

タイトルは「ガンタンクB・W・E」。
「バケットホイールエクスカベータ」の略です。
先っちょの回転部分で鉱石を削りとって、
中の四角いパイプを通して回収する、という形にしました。IMG_7449.jpg
指は金属スプリングにアルミ針金を入れて、
ゼリー状瞬着で先を丸くしました。

工作時間は一泊二日。
1/144ですが、今まで作ったガンプラで一番大きくなったかもしれません。
よくできたキットなので、みなさんもよかったら重機に改造とか
いろいろやって楽しんでみてください。
たまには大きいガンプラも作りたくなるのです。
IMG_7884.jpg
一時期はザクばーっかり作ってたこともありますが、「あえて」ゲルググを選択。
出来のいいキットとの評判なので、わくわくしながら買いました。

そして。
でかい・・・。
IMG_7889.jpg
いつものように、箱と中身を同時に机に載せて作業、は無理。
出しては塗り、塗っては片付け、の繰り返し。
いつものようにラッカー系筆塗り。
暑くなってきたので、リターダー入りのうすめ液を混ぜて塗装。

もともと持っててパチ組みして置いていた旧ザクの腕。
バンダイの別売りハンドを組み込んで、手首には蛇腹を追加。
IMG_7888.jpg
この蛇腹は、曲がるストローの曲がる部分。
プライマーを塗って黒で塗装したらピッタリ。
もともと黒いストローがあったらもっと良かったなぁ。

肩に差し込む棒の太さがザクの肩に合わないので、
直径3〜5mmのテーパー付きプラ棒に置き換え。
だいたい4mmくらいが合うみたいです。
IMG_7892.jpg
ちょっと肩広気味に腕を装着。

足の裾は、MGのフレームを活かして
外板が足りない感じを表現。
IMG_7895.jpg
アルミの針金を這わせてMr.メタルカラーのブラスで塗装。
放熱パイプのつもりにしました。

シールドにはタイル状のスジボリ。
IMG_7902.jpg
いつものように画鋲で掘り込みました。

ハイキューパーツの細かめのデカールを選択。
IMG_7996.jpg

シールドに刻んだタイル一枚一枚にすべてデカールを貼りました。
IMG_7998.jpg
スペースシャトルの耐熱タイルの雰囲気を意識しています。

少し明るい青でドライブラシ。
IMG_8002.jpg

うすめ液をちょっとつけた筆でデカールの部分だけこすって、マーキングを復活。
IMG_8005.jpg
狙っていた雰囲気にかなり近づきました。

手持ち武器を自作。
IMG_8006.jpg
小さめのガトリング砲にグリップを付けて、
マガジンとして初期型ガンタンクの余りパーツを装着。
タミヤ1/35ソミュアなどのジャンクパーツでデコレーションしました。

最近貴重になっているMr.メタルカラーのダークアイアンで塗装して手磨き。
IMG_8012.jpg

全身にデカールを貼って、完成としました。
間に他のキットをいくつか組みましたが、珍しく時間がかかりました。
IMG_8111.jpg

量産型ゲルググの最終ロット、というつもりで、
部品が足りないのをごまかしつつ組み上げた機体にしました。
IMG_8112.jpg
系統的に先祖に当たるザクIの腕を装着。

裾は外板が間に合わずフレームが丸見え。
IMG_8113.jpg

シールドは耐熱タイルを貼りあわせた構造。
IMG_8114.jpg
縁はMr.メタルカラーのブラス。

手持ち武器は、たぶんビーム兵器は不足してただろうということで
ありあわせ感を出してみました。
IMG_8116.jpg

ちょっとコレ以上手を入れるアイデアが浮かばないなぁ、というところで
一応終わりにしました。
何か浮かんだらまたいじるかも?
もうあさっては大晦日だ、という日。
朝起きたら、急にハンブラビを作りたくなりました。

で、午前中にお買い物。
s-4771.jpg

今回は「全く違う色」にしたいので、
久しぶりに缶スプレーのサーフェイサーを吹きました。
s-4772.jpg

翼がタレ気味の姿があまり気に入らなかったので、基部だけ残して、
Waveの1mmプラ板をハサミで切って、翼を大型化。
s-4775.jpg

ふくらはぎの横のフィンも形が好みじゃないので、
(設定がどうかというのとは全く別で)
左の形のものをまっすぐカットして、右の形にしました。
s-4776.jpg

5時間ほどかけて色を塗りながら組み立てて、こんな感じ。
s-4781.jpg
トムキャットを作る時に買ったグレー系の色を中心に使いました。

翌日、デカールを貼って、完成。
s-4783.jpg

F-104のものを中心に、飛行機の付属デカールを使いました。
スケールキットのデカールを使うと、ちょっと昭和っぽいような・・・。
s-4786.jpg

翼の裏の基部に、余ってたムスタングの排気管を貼り付けました。
s-4784.jpg

好みの問題で、動力パイプは使いませんでした。
代わりに丸いパーツを埋め込み。
s-4787.jpg
顔に2個あるモノアイ(よく考えると言葉が変だ)は、
クリアーグリーンのリベットを使いました。

翼の上の方には、ハンブラビっぽい穴を3個ずつ。
ピンバイスでぐりぐりほじりました。
s-4788.jpg

そういえばガンプラに色塗ったのは久しぶりでした。
ちょっと作りにくいキットでしたが、ぼちぼち満足。
変形はあきらめました。このキットで変形させようと思ったら
色を塗らない方がいいかもしれませんね。

たぶん、これが今年最後の作品(133個め)になりました。
ホビージャパン誌で「全日本オラザク選手権」という
ガンプラのコンテストが毎年あるのですが、今年初めて応募してみました。
結果は参加したら載せてもらえる「切手サイズ」だったのですが、
結果発表が終わりましたので、作った時(今年の7月)のことを書いておきます。

作ろうと思った題材は「楽器を持ってるモビルスーツ」です。

使ったキットはこれ。
パチ組みしてあった、1/144 HGUC ザクIです。
01_201411261332269fe.jpg

頭にマーシィドッグのフロートをくっつけて、
ヒートペンで一体化させました。
02_20141126133227150.jpg

今回持たせた楽器は、太鼓です。
03_20141126133229b88.jpg
プラ板を茹でて丸めて、
丸いプラ板、プラ棒と組み合わせて作りました。

本体はこんな風におしゃれ加工。
04_20141126133230da0.jpg
主にスージーブルーで筆塗り塗装して、タコ糸を金色に塗ったロープで飾り付け。
パレード用なので、汚しは無し。

太鼓の棒(プラ棒+モビルパイプ)も作って、できあがり。
05_2014112613323267d.jpg
太鼓は練習で叩いたつもりで、ここだけ少し汚しておきました。

一年戦争の途中で、ジオンが「勝った時」のために
余っているザクIで戦勝パレード用のモビルスーツを用意した、
という設定で作りました。
もちろん敗戦して、使われることはなかったわけですが・・・。

来年も応募するかな?
どうせやるなら今度はもう少し凝ったことをやろうと思います。
先日「ゲル夫」を作った時に、
ビームライフルくらいしか使ってないので
本体が余ってしまったのです。

以前、余り物で「アルモンデ」っていうのを作りましたが
同じような気分で1日弱ほど工作をしました。

とりあえず、ごちゃまぜ。
IMG_4622.jpg

赤い部分はレッドアローズ・ホーク、
紫の部分はHGUCギャン、
グレーの部分がゲルググです。
背中のフィンはプラバンとプラ棒。
IMG_4621.jpg

ちゃっちゃか塗装して、できあがり。
IMG_3413.jpg

塗装内容は、
・黒サフで影を塗る
・グレーサフで見えるところを整える
・明灰白色とニュートラルグレーで基本塗装
・デカールぺたぺた&半ツヤクリア吹付け
・エナメルウォッシング
です。
IMG_3414_20140726165554602.jpg

ヅダの付属のザクマシンガンがあまってたので持たせました。
IMG_3415_201407261655566fc.jpg

背中に羽があって口(鼻?)が長いもんだから、
「血を吸うやつ」って言われちゃいました。
IMG_3416_201407261655579ae.jpg
だから名前は「モスキート」です。
勝手に決めました。

暑いので作業部屋での熱中症には気をつけましょう。
∀ガンダムを先々月くらいにまとめて見たのですが、
カプルがかわいい。以前一個作ったのですが、
もう一個買って同じような仕上げにしました。

(相変わらずエナメルでウォッシングするとどっかが割れる・・・)

で。
せっかくなのでジオラマを作ることにしました。

現物合わせでプラ板を切り貼りして作った木箱。
木目は彫り込みではなく、塗装時のムラで再現しました。
BtIx-THCIAAdrSK.jpg

ベースは余ってたNatterの「台」にプラ板を貼って、
タミヤの情景テクスチャーペイントのライトサンドを塗りました。


BtJhJemCAAI-yOV.jpg

あとは一晩乾かして、配置したらできあがり。
IMG_4607.jpg

カプルがならんで腰をぐいんぐいん回しながら
荷物をリレーしているところです。
IMG_4608.jpg
うん、かわいい。

ほんとは4機くらいでやりたいっすね。
だれかやってくださーい。
IMG_4610.jpg
今年はいろいろコンテストに応募してみることにしました。
ガン王は店舗を通じて応募して一次予選突破、GBWCは応募済み。

で、オラザクも出してしまおうということで、
去年パチ組みした旧ザクを使います。
IMG_4586.jpg

マーシィドッグのフロートを頭に貼り付け。
BsuYtvACAAIWN7N.jpg

あとはプラ板刻んだり曲げたり
塗装したりデカール貼ったり、で完了。
ジオラマでなく単品で応募しました。

結果が分かる前の、とりあえずの記録でした。

| ホーム |


 トップへ戻る  »次頁へ移動する