おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
仕事の帰り道に、大きめの模型屋さんに寄って帰れるのです。
なんと幸せ。

今週の水曜に、1/35のフィギュアを買って帰りました。
で、作ったのが、「ヤーガン族」。

かつて南米に実在した民族です。
ぜひ検索してみて下さい。「画像検索」が特にお勧め。

買ってきたフィギュアはこれです。
IMG_2805.jpg
ほぼおなじ内容で、値段が倍くらいのもあったけど
これってどういうことなんだろう。
(Amazonで見たら高い方しか無かった)

開けてびっくり、オマケのランナー付き。
机や腕がいっぱい余ります。
IMG_2806.jpg>
なんか得した。わーい。

で、中略。ごめん。
パテは使わずに、ランナーやプラバンを
ヒートペンでぐりぐりくっつけて、
安物のリューターでごりごり削って、
流し込みタイプの接着剤を塗って表面をならしました。

服を着てたので、体を削って「裸の太さ」にしてあります。

で、完成。
IMG_2809.jpg
ホンマやて。ホンマにこんな人たちがいたんですってば。

1/35なので、大きさはこのくらいです。
IMG_2810.jpg

何かお祈りが始まりました。
IMG_2811.jpg

ヤーガン族はそのうち追加で作りそうです。そのときはまた。


※(2013/12/26追記)
私がヤーガン族の資料として見ていた写真について、
「ヤーガン族ではなくセルクナム族が有力」とのご指摘がありました。
スポンサーサイト
ほぼ完成しましたよ〜。

ニュートラルグレーに少し緑を加えたもので全面をうすーく塗装。
ハセガワF-104に付属のデカールを使いました。

オリジナルイェーガー、カナダ国籍です。
IMG_2789.jpg

名前は「メープル・ドライ」とかがいいのかな?
IMG_2790.jpg

腰の後ろは重点的にゴチャメカにしました。
IMG_2792.jpg

ここまでの時点でTwitterにアップしたら、
武器追加のリクエストが。

WAVEの1mmプラ版とバズーカの握りで
さくっとこしらえましたよ。

カナダ風味の、のこぎりだ!
IMG_2795.jpg

さらにアドバイスを頂いて、細かいモールドを追加してみました。
IMG_2800.jpg

たぶん・・・完成・・・。

<<(2)へ戻る
平日の夜に、オリジナルイェーガーをちょっとずつ作っています。

2日目。
家のガンプラのジャンクパーツをいろいろ組み合わせ。
1185515_515914425151325_25859230_n.jpg
2年くらい前にHGUCのズゴックEを買ってきて、
オリジン版のシャアズゴックを作ろうとして失敗したことがあるので、
それで中途半端なパーツがあったりします。

3日目。
あれ?もうできたも同然?
1151016_516332271776207_926963596_n.jpg
頭の上の「ぺろん」は、日東PKAのキャノピーを使いました。

4日目。
イェーガーって80mくらいあるので、
これは400分の1くらいになります。
なので、乱暴ですけど1/700の艦船の余りパーツなどを付けてみました。
551077_516790965063671_1878576913_n.jpg
救命ボート、すごく便利です。使いすぎに注意。

5日目。
アルミの針金などでパイピングして、
サフと基本塗装。
1148770_517291735013594_403803814_n.jpg

あさってあたりに続きをやります。
デカールはすでに選定済み~。

(3)へ進む>>

<<(1)へ戻る
夫婦で映画を見に行きました。「パシフィック・リム」。
ひとりで見に行こうと思ってたんですが、
意外と奥さんが興味を持ったので、いっしょに見に行きました。

で。
「イェーガー」っていうロボットが怪獣と戦うんですが、
見たら欲しくなるじゃん。
プラモデル売ってないじゃん。
じゃあ、作るしかないじゃん。

その日のうちに、MGのシン・マツナガザクを安く買ってきちゃいましたよ。

で、この姿。
IMG_2767.jpg
たぶん、ザクのパーツで使えるのは、あとはお手手くらい。
あとはヒートペンやらジャンクパーツやらで頑張ってみますよ。
勝手な設定の「俺イェーガー」を
これからちょっとずつ作ってみようと思います。

続く。

(2)へ進む>>
以前作ったMGの旧ザク。
ジオラマにする予定だったんですが、やっとこさ作りました。
お待たせしてしまいました。

「ゼロの旧ザク」2巻の再現を目指します。

まずはウォッシング。
IMG_2746.jpg
エナメル系のつや消し黒とフラットアースを、
ジッポーオイルでしゃぶしゃぶ。
(火気厳禁!気をつけてくださいね)

プラ版とプラ棒でしこしことベースを組みます。
IMG_2750.jpg
1体だけなので、ミニマムな感じにしてみました。

これはプラ版とプラペーパーで作った構造物。
IMG_2753.jpg

スカートの隙間に使います。
IMG_2754.jpg
岡本さんにここの事をお聞きしたんですが、
寂しいから入れてみた、とのこと。
これがあると結構かっこいい。みなさんも真似してみて下さい。

ベースはタミヤのジャーマングレーで塗りました。
IMG_2755.jpg
アニメものなので、あまり金属金属してないほうがいいかな?
という判断です。

で、ちょっと汚して、完成。
IMG_2762.jpg
勇ましく出撃する感じが、出たでしょうか。

基本塗装はいつものように、
筆ムラを活かすような塗り方でマチエールを作っています。
IMG_2763.jpg

あぁっ、こっちから見たら「すたこらさっさ」だ(汗)
IMG_2764.jpg

そんなわけで、この作品も秋の展示会に出品予定です。
お近くの方、是非見に来て下さい。
次の日の夜。

がぁぁっと塗装して、完成しました。
題名は「廿(parallel cross)」。
もう駆逐艦の面影はありません・・・たぶん。

黒っぽいところは、ダークアイアンで塗った後、
アイアン→クロームシルバーの順でドライブラシ。
20130813214057.jpg

白い部分は白に近いグレーで筆塗りしました。
20130813214102.jpg

全体的にエナメルのフラットブラックとダークアースを混ぜたものでウォッシング。
最近はエナメルシンナーの代わりにジッポーオイルを使っています。
20130813214100.jpg


20130813214055.jpg

この向きだと「廿」に見えるでしょ?


<<(1)へ戻る
「ウォーターライン」っていうプラモデルのジャンルがあるんですが、
実は作ったことが無かったのでした。

で、買ってきた。お得な2隻セット。
IMG_2723.jpg

で、合体!
IMG_2724.jpg
プラパイプでつなぎました。

ハセガワの戦車プラモの余りパーツも、合体!
IMG_2726.jpg

ひさしぶりのコンパスカッター。
Waveの1mm厚プラ板を切ります。
IMG_2727.jpg
Waveのは柔らかい分切りやすいですね。
失敗なしでした。

で、いろいろくっつけたら、こうなった。
IMG_2729.jpg
ここまでで2時間くらい。どうかなぁ?

横から見たところ。
IMG_2731.jpg
実はどっちが前か、決めてない。

さすがに縦はあかんかったか(笑)
IMG_2732.jpg

じゃ、この後、サフ吹いて塗装しまーす。

(2)完成へ>>
毎日暑いですが、みなさんお元気ですかー。
ウチのアトリエ、暑いです。パテが早く固まります(笑)。

そんななか、熱いイベントが Twitter上で8/10に行われました。
「プラモタイムトライアル」。
一日で何かつくろうー、というイベントです。
前回は積みプラが無かったので、
タミヤの動物セットを使って参加しました。

今回はちゃんと買ってありますよ。
エデュアルドの複葉機。
BRIx6BCCcAAk5Ce.jpeg
初めてのジャンル・初めてのメーカーです。
「ウィークエンドエディション」って書いてあるので、
週末に軽く作るにはちょうどいいでしょう、と思って選びました。

で。
8/10 0:00スタート、24:00終了のイベントなんですが、
やっぱりちゃんと寝ないと体調的にアレなので、
0:00から1:30くらいの間に洗浄とサフと
ランナー状態での基本塗装をやっておいて、一眠り。

翌朝起きて、作業。
朝の9時半くらいに完成しました。
IMG_2673.jpg
あれ・・・時間余っちゃった・・・。

プロペラは木目っぽく塗ってみましたよ。
IMG_2677.jpg
ここ、ホントはつや有りのほうがいいのかな?

翼の裏側の国旗カラーがお洒落ポイントです。
IMG_2682.jpg
複葉機は上下の翼を接着するのが難しかったですね。

このシリーズのキット、オススメかもしれません。
無くしそうなパーツや失敗しそうなデカールは、
スペアが入っておりました。助かったよ〜。

このキットは所要時間4時間くらいでできました。
あらかじめアルミの表現を実験しておいたのがよかったかな?

で、「おかわり」。
HGUC 1/144のグフもつくり始めちゃいました。
IMG_2683.jpg

がぁぁっと2時間で完成。
筆塗り、ドライブラシ仕上げ。
IMG_2695.jpg
青は難しいねぇ。

ちなみに、グフのムチは形が生理的に受け付けないので、
パッケージ開けたときに速攻で捨てちゃいました。

おかわり2回め。
マスターボックスの家畜セット。
IMG_2696.jpg
牛さんを作ります。

これはうみうしではありません。おっぱいです。
IMG_2698.jpg
乳首一個無くしたから伸ばしランナーでごまかしたよ!

で、1時間半で完成。
IMG_2703.jpg
ローゼンジ迷彩にしました。
これで空の戦いもバッチリです。(なぜ?)

ラッカー系で筆塗りして、厚めに水性のつや消しクリアーを吹きました。

夜中に最後のおかわり。
最近地味に作っていた、タカラの1/35マーシィドッグに付属の
キリコのフィギュアです。

老眼鏡をかけて面相筆でこちょこちょして・・・
IMG_2708.jpg

これも1時間半で完成。
IMG_2712.jpg
うん、かろうじて似てるような気がするよ!

そんなわけで、この日は4個作りました。
IMG_2717.jpg
奥さんに
「次は1日でちょうど1個できるような難易度のを選ぶといいね」
みたいなことを言われました。なかなかキビシイ奥さんです。

フマさん、今回も楽しかったです。ありがとうございました。
あと、ほかの参加者の皆さんも、お疲れ様でした。
昨日のつづきです。

ギアの生えるところとか、の穴が
下面にいっぱいありましたので、
ヒートペンで同じプラを溶かして塞いで
リューターで削って、ヤスリがけ。
IMG_2619.jpg
いつもは400番の紙やすりでぜんぶやっちゃうんだけど、
今回はつや有りなので、240→400→1000番、の
3段階でがんばりました。

そばにあるティレル風のウィングは、
F3000のリアウィングを切り刻んで作ったもの。
斜めに削って貼りあわせたらバッチリです。
接着には瞬間接着剤とアルテコプライマー。
プライマーを吹く直前に、綿棒であまった接着剤を拭き取ると
後で削る量が少なくて済みます。

そうだ。今回パテ使ってないよ。早く出来たのはそういうわけ。

で、組み上げたらこんな感じ。
IMG_2621.jpg
鼻先のウィングは真鍮線を打ってあります。
学んだことはすぐにやる。これ大事。

で、白サフ吹いて、ラッカー系の白を筆塗りして、
デカール貼ってクリア缶吹いたら、できあがり。
IMG_2626.jpg

アメリカンなエクラノプラン、レース仕様のできあがりです。
IMG_2627.jpg

F-104を改造したレコードブレイカー(車です)があったそうですが、
これもそんな雰囲気の、再利用コンセプト。
IMG_2628.jpg

横から見た時、どっちが前かわからないのが
エクラノプランの醍醐味です。
IMG_2629.jpg
キャノピーはあえて塗りませんでした。
「この方が未来っぽくていいねぇ」と
奥さんにほめられました。やったね。

後ろから見たところ。
IMG_2630.jpg
エンジンノズルは、Mr.メタルカラーのダークアイアン。
この色、最近人気みたいですね。
あったら買いましょう。
混ぜても、上澄みを使っても、沈殿物を塗りたくってもよし、です。

そんなわけで、2.5グラブロくらいの作業でした。
来週は無改造で飛行機作るぞ。

<<(1)へ戻る
Twitterでおばきゅうさんとお話した流れで、
「オリジナルのエクラノプラン」を作ろうと思ったのでした。
エクラノプラン、ってなぁに?という方は、Wikipedia(エクラノプラン)を御覧下さい。
飛行機のようだけど、飛行機とちょっと違うのです。

で、材料として買ってきたのがコレ。
IMG_2544.jpg
A-10。すごく古いキットらしい。

で、こんなデカールも買って来ました。
IMG_2545.jpg
似合うかなぁ?
とにかく、今回はいきあたりばったりでぬるぬると作ってみます。

1時間半ほど「合わないパーツ」と格闘して、
切った貼ったした結果がこちら。
IMG_2546.jpg
あぁそうですよ、切っただけですよ(笑)

なやみながらも、つづく・・・。

(2)完成 へ続く>>

| ホーム |


 トップへ戻る