おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
松山市での展示会「模型の庭2013」、
たくさんの方に見ていただくことが出来ました。
ご来場下さったみなさん、出展・ご協力くださったみなさん、
ありがとうございました。
(レポートを少し後ほどに・・・)

で、それから2日。
仕事はお休みを頂いて、また製作活動を再開しました。

買ってきたのはこれ。
タミヤ1/48「くろがね四起」です。
IMG_3102.jpg
大昔の日本の車です。よかったら調べてみてくださいね。
パッケージを見て一目惚れして、買ってしまいました。
そして買ったらすぐ作る。

で、これが中身。
IMG_3103.jpg
主なランナーは一枚だよ!楽勝だよ!

本体色はこの二色を混ぜて使いました。
IMG_3105.jpg

車輪まわりが少しさびしいので、
本体色を塗ったドラムブレーキっぽいものを
余ってた戦車の転輪で作りました。
IMG_3106.jpg

車のおしりにスペアタイヤが載っけてあるのですが、
ここも寂しいのでバンド留めしようと思い、
真鍮線を丸めて三角形を作りました。
IMG_3107.jpg

で、三時間ほどで本体が完成。
IMG_3109.jpg
命名「クロガネッティ」。

フェンダーをちょん切って、
大昔のレーシングカーっぽくしてみました。

横から見たところ。
IMG_3115.jpg

斜め後ろから。
フィギュアも追加しましたよ。
IMG_3119.jpg
スペアタイヤはゴムバンドでYの字にくくったようにしました。
バンドに使った素材は鉛板です。

フィギュアは、このキットに付属のモノですが、
頭だけ飛行帽にしたかったので、
ハセガワの同縮尺のパイロットセットから持ってきて削りました。
IMG_3125.jpg

休みの日のお手軽工作、これにておしまい。
IMG_3127.jpg
スポンサーサイト
前回の続き。
色を「バフ」に変えて、弾く歯ブラシを2種類にしてみました。
以降、左はアメニティの新品固め。右が使い古しの、柔らか目のもの。

その1
エナメル溶剤を塗った上から、
エナメルバフを弾いたもの。
IMG_2931.jpg
今回の中では一番イメージに近い。
弾くエナメルバフを、もっと薄くしたほうが
よかったかもしれません。次回やってみよう。

その2
エナメルバフを塗った上から、
ジッポーオイルを弾いたもの。
IMG_2932.jpg
うーん・・・。

その3
アクリルバフを塗った上から、
アクリル溶剤を弾いたもの。
IMG_2933.jpg
アクリル溶剤って結構弱いのかな?

その4
アクリルバフを塗った上から、
ジッポーオイルを弾いたもの。
IMG_2934.jpg
変なムラができましたが、何か使い途があるかも。

塗料を塗る厚みとか、
塗料を弾くときの濃度とか、
他にもいろいろ変える要素があるんですが、
今日のところはここまで。

<<(1)へ戻る
ちょっと間があいて、3日目。

「刃物」を自作しました。
IMG_2902.jpg
材料は、1mmプラ板、1mm丸プラ棒、
1/700駆逐艦のジャンクパーツ、コルセアIIの座席。

4日めに塗装して、完成っ!
ラッカー系筆塗りでがっしがっし塗りました。
迷ったけど、やっぱりザクレロは、黄色。
IMG_2903.jpg
脚部バーニアユニットにつながる翼には、
パイプ3本がつながっている形にしたのですが、
アクセントのつもりで金色で塗装。

ザクレロって口があんぐりしてますが、
かわりにシャークマウス(シャークティース)を描きました。
輪郭だけマスキングして、あとは手描き一発勝負。
青い口ってのもいいかな?と思ってこの色にしました。

お空をバックに撮影。
IMG_2915.jpg
「持ち手」は画像処理で消しました。

うーん、何と戦うんだろ、これ(汗)。
IMG_2922.jpg

そんなわけで、いつもの気まぐれ工作、おしまーい。

(1)へ戻る
今年はグラブロやらビグロやらをたくさん作ったのですが、
まだザクレロを作っていない。
そういえばキットもお店で見かけない。

そんなわけで勝手な形のザクレロを作ってみることにしました。
できるだけ長いザクレロ。

メインの素材は、ハセガワ1/72のコルセアIIです。
IMG_2880.jpg

貼り合わせて、おでこをつけて、
ヒートペンでならしたりしたあと、削りました。
IMG_2881.jpg
これが胴体になります。

「足」は太めのエバグリのプラパイプ。
1本では弱々しいので、3本束に。長さは15cmです。
IMG_2882.jpg

足の一番後ろには、MGザクRのバーニアノズルを花束風味に。
IMG_2883.jpg

切り刻んでプラ棒を挟んだ翼を使って連結。
様子を見るために一旦黒サフを吹きました。
IMG_2885.jpg
おでこがとがっているのは、
「ミツクリザメ」という深海魚をイメージしています。
(よかったら調べてみてね)

ここから2日目。
(1日1時間半~2時間くらい作業しています)

HGUCの陸戦ガンダムの腕が余っていたので
使ってみました。
IMG_2895.jpg

こういう姿勢で、刃物がついていたら、それがザクレロです。
(勝手に決めてすみません)
IMG_2897.jpg
刃物は仮に持たせてみたのですが、
これはオリジナルで何か作ってみようと思います。

つづく。

(2)完成、へ進む
私は四国に住んでいるので、特に春頃は「黄砂」の影響が大きいです。
なんぼ車を洗っても粉っぽくなったりします。
あと、くしゃみが止まらなくなったり。

そんなわけで、そのにっくき黄砂を再現できないか、
というのが今回の実験のテーマ。

まずはタミヤエナメルのフラットアースを使ってみます。
(アクリルのバフがいいよ、というご意見もいただきました。
 いずれやってみます)

いきなりですが、やってみた結果。
エナメル塗料をジッポーオイルで薄めて塗って乾燥、
ジッポーオイルを含ませた綿棒でふき取り。
IMG_2891.jpg
ワイパーの跡はこんな感じでいいんじゃないかと思います。
「小雨の跡」ができないかと思って
綿棒で丸い模様をいっぱいつけてみたのですが、
雨粒の勢いや流れのようなものは再現できていませんね。

再考が必要。

あと、逆のやりかたをご提案いただいて、
エナメル溶剤を塗った上から、歯ブラシで塗料を散らしてみました。
IMG_2900.jpg
こちらはプラ板で。
小雨とは違うけど、ざーっと流れるほど雨が降った感じに
似ているような気がします。
これはこれで使い道がありそうな手法です。

まだまだ実験してみます。
なにかありましたら、また更新します。

(2)へ進む>>
何か、「手作りじゃないと無理っぽいもの」を
作ってみたくなったのです。急に。

テーマ:「ワイヤーホイール」。
(スポークホイールともいいます)

で、開いてる時間にぼんやり考えて、その夜、実行。
手持ちの材料でやってみました。

昔、自転車競技をやってたころに
ロードレーサーのホイールを手組したことが何度かあるので、
まぁなんとかなるやろ、という気分で。

リム(わっか)の部分には、ヤクルトを使いました。
IMG_2857.jpg
細いマスキングテープを定規代わりにして、輪切り。

コンパスカッターで0.5mm厚(たぶん)のプラ板を切り出し。
IMG_2858.jpg
こういうときは外側から切らないと、泣く事になります。
(試してみて下さい)

プラモデル用の流し込み接着剤で、合体。
IMG_2859.jpg

1/72の戦車の転輪がいっぱい余ってたので、
これをハブにします。
スポークは0.4mm径ぐらいのテグス糸を使うので、
それが通るように0.5mmの穴を4個ずつあけました。
IMG_2860.jpg

リムの方にも0.5mmの穴を等間隔に16個。
IMG_2862.jpg

まずは2本通してみたところ。
IMG_2863.jpg
本物はリムのひとつの穴に1本なのですが、
接着箇所を減らすために、
リムの穴2個に対してテグス糸1本に省略しています。

8本通して、できあがり。
IMG_2864.jpg
うーん、やっぱりたるむねぇ。
次はがんばろう(次もやるのか?)。

マルチプライマーを塗って、アルミで塗装。
IMG_2865.jpg

1時間かかりました。
面白かったけど、使い途がない(笑)。

| ホーム |


 トップへ戻る