おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
ウォーカーギャリアに続いて入手しました。
10台のころに作った記憶があります。だから2回目。
s-IMG_3717.jpg
右の箱は1/144 マスタング2機セット。

腕の先を飛行機に変更。
s-IMG_3720.jpg
スケールがちょっと違いますが、気にしない。

さらに1/35の兵隊さん(タミヤ フォードGPAの付属品)を乗せました。
s-IMG_3735.jpg
OKOK、気にしない。

途中まで塗装。
いつものようにエナメル系塗料をジッポーオイルで薄めてウォッシング・・・
足がちょっと割れてしまいました。よくあることだけど悲しい。
s-IMG_3736.jpg

いろいろ修復して、色を足して、完成。
s-IMG_3749.jpg

腕の関節は固定してないので、オスプレイの真似っこができますよ。
s-IMG_3747.jpg

かたちを強調したかったので、シンプルな配色にしました。
おしまい。
スポンサーサイト
久しぶりのMa.K.です。
去年の終わりくらいになんとなくラクーンを買ったのですが、
何かシンプルなものを作りたかったので、素のSAFS+両手にぎにぎタイプ、にしました。

製作途中の写真が残ってなくて申し訳ないです。
s-IMG_3708.jpg
今回、成形色が暗いグレーだったので
いつもの黒サフは吹かず、組み立ててから塗る方法をとってみました。

動力パイプは
・根本は「モビルパイプ」
・パイプ自体は太めのアルミ針金に熱収縮チューブをかぶせたもの
です。
s-IMG_3710.jpg

基本塗装はクレオスのラッカー系。
・ニュートラルグレー
・ダークイエロー
・ライトブルー
を、一晩一色ずつ筆塗りしました。
今までエアブラシ用の薄め液(リターダー入り)を使ってたんですが、
冬は普通の薄め液の方が具合がいいですね。
途中から塗装が楽しくなりました。
s-IMG_3712.jpg

基本色を塗った後、丸やすりで傷をつけました。
いつもはハゲチョロは塗装で表現するのですが、
成形色に頼ってみました。
s-IMG_3715.jpg

傷つけたあとは、エナメルで塗装。
・フラットアース+つや消し黒少々でウォッシング
・ティッシュと綿棒でごしごし
・ちぎったスポンジでハルレッドをぽんぽん
・やりすぎたところを綿棒でごしごし
・ちぎったスポンジでつや消し黒をぽんぽん
・やりすぎたところを綿棒でごしごし
と、ちょっと手間がかかっています。
s-IMG_3716.jpg

デカールはタミヤのフォードGPA(1/35)付属のものを
控えめに貼りました。
今回の工作は、悩みながらもいろいろといい実験になりました。
Twitterで「30thWM祭」というのが行われています。
ウォーカーマシンを作りまくろうというイベントです。

そんなわけで、バンダイの「1/144 ウォーカーギャリア」(古いキットです)を
買ってきて、作ることにしました。
p (6)
主役メカを作るのは久しぶりだなぁ。

この子にはタイヤが3個ついています。
p (7)
トレッド(路面に接するところ)がつるつるで味気ないので、
2mm丸プラ棒をちょっと長めに切って、流し込み接着剤で
元の溝に合わせるように接着。
ニッパーではみ出た部分を切り取って、やすりで整形。

プラ棒同士がずれるように接着したらこんな感じ。
p (8)
プラ棒、全部で144本接着しました。
一個「おゆまる」で型どりして、レジンキャストで複製。
複製のほうが微妙にゆがんでて「使ったタイヤ」っぽくなったので
こちらを本体に接着しました。

足首はスッカスカ。
つま先の内側が丸見えなので、0.3mmプラ板を接着。
p (9)
カットして整形。
p (10)

顔。
口の形があまりにアレなので、
四角い汎用のパーツとプラ板を切り刻んで接着して、
他の面となじむように整形。
p (11)

足首の中のからっぽ具合の解決のために、
プラ棒とプラパイプでシリンダーを追加。
p (12)
でも、足を固定ポーズにしたら、見えなくなっちゃったなぁ・・・。

背中に「荷台」を追加。プラ板工作。
p (13)
ここにタイヤを3本載せることにしました。

あと、全身にリベット的なモールド追加。
ピンバイスで2回転くらいくりくりっとほじりました。

で、塗装したら、完成。
p (14)
いつもの「ラッカー系筆塗り」です。
マスキングは今回は無し。

背中のタイヤは、細長く切った鉛板に
丸やすりで繊維っぽい模様をつけたもので縛りつけました。
p (15)

白い部分は「グレーFS36622 ベトナム迷彩色」
緑の部分はグリーン「FS34227 イスラエル迷彩色」です。
金属っぽいところはMr.メタルカラーのダークアイアン→アイアン。
p (2)

顔の窓はジャーマングレーを塗ったあと、
エナメルの「スモーク」で艶出ししました。
p (3)
ワイパーは銀色で、気合で塗装。
下半身をエナメルのフラットアースでウォッシング。
(シンナーの代わりにジッポーオイルを使いました)

ファンの中心の丸いところには、
なんかの飛行機のタイヤをつけました。
(キット名忘れました。ごめんね)
p (4)

くるぶしの丸いパーツはハセガワ1/72TIGER Iの余った転輪。
p (5)
全体のサビと傷は、ちいさくちぎったスポンジでポンポン塗装。
いつもはラッカー系だったのですが、今回は意地をはらずにエナメルで。
ハルレッドと、適当に調色したつやけしグレー。

ウォーカーマシンは形が面白いしプラモデルの値段も安いので、
ぜひ作ってみてください。

※2014年9月8日追記:
富士教材さんの「ロボメカコンテスト」で賞を頂きました。
IMG_3783.jpg
ありがとうございました。
IMG_3784_2014090815575202f.jpg
あけましておめでとうございます。今年最初の更新です。

1/4に、Twitterにて
「プラモタイムトライアル」と「1dayモデリング20140104」が
開催されましたので、それぞれ1個ずつ作りました。

まずはマツダキャロルから。
01_20140107102416e13.jpg

このキットはそのままだと塗料をはじくので、中性洗剤で洗います。
シャシーや裏っかわなどをつや消し黒で塗装。
02_201401071024180d8.jpg

ボディを塗装。ラッカー筆塗りです。
03_201401071024199c5.jpg
モンザレッドとガンダムカラー青を混ぜると
濁ってすごーく暗い紫になっちゃいますね。注意が必要。

2時間半くらいで、完成。
04_20140107102413e29.jpg

このカラーリングについては「BMW Artcar」とかのキーワードで
画像検索するといろいろわかると思いますので調べてみてください。
05_201401071024155f6.jpg

以前作った、ノーマルカラーのものと一緒に。
06_201401071024439f4.jpg

さあ二個めを作りますよ。
07_2014010710244524b.jpg

ダークイエロー、3回筆塗りしてやっとこさ色が乗ってきました。
08_20140107102446a54.jpg
整形色がきつめの緑だったので弱りました。
サフを塗った方が手っ取り早かったなぁ、きっと。

ほい、組みあがりました。
09_20140107102440fc3.jpg
転輪、一生懸命塗ったのにほとんど見えませんね。
ちなみに、転輪の接着をがっちりとやっておかないと、
履帯がきつめなのではめるときに取れたりします。

スミ入れ、ウォッシング、はげちょろ、デカール、で完成。
10_20140107102442973.jpg

この日作ったものを並べてみました。
11_201401071025107c7.jpg
意識してなかったけど大きさおなじくらいだったね。

後ろから。
12_20140107102511a4b.jpg

1/144のマゼラアタック、合わせ目ほとんど消さなくていいので
楽ちんだと思います。機会があったらぜひ作ってみてください。

↓おまけ。
13_2014010710395892b.jpg

| ホーム |


 トップへ戻る