おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
以前、アリイのポルシェ904/6を作ったのですが、
それを1日くらいかけてジオラマにしました。

ウェーブの1mm厚のプラ板で箱を作ります。
IMG_4238.jpg

久しぶりに引っ張り出してきたマテリアル。
IMG_4240.jpg
100円ショップで「これ死んでますよね?」と確認済みのコケ。

プラの箱に木工用ボンド(速乾)を塗って、
ちぎったコケを1面ずつ貼り付けて行きます。
IMG_4242.jpg
それだけだと不十分なので、細かいコケを押し付けて
水で薄めたボンドをスポイトでかけてなじませます。
なんかこういう和菓子、見たことありますね。

充分乾かして、四角くなるように散髪して、
黒の安い缶スプレーで下地塗装。
上から筆でワラっぽい色になるように一生懸命塗装したらこうなりました。
IMG_4248.jpg
なんかこういう和菓子、見たことありますね。

MDFっていう木の板のようで木の板でないものを
ベースに使います。
時間がたってもしならないのでよく使っています。
これからベースの塗装。
しばらくほったらかしにしてた
タミヤの「情景テクスチャーペイント」を使います。
まだ中身は大丈夫でした

まずはアスファルトの路面。
「ダークグレイ」を塗ったあと、路肩は「ライトグレイ」。
IMG_4249.jpg
混ぜてぼかしても大丈夫。

「ライトサンド」を塗ったあと、「草」を乗せて伸ばします。
IMG_4250.jpg
草は定着が弱いので、上から水性のつや消しクリアーをちょっと吹きました。

さっきの「和菓子」にタコ糸を巻いて、
2年ほど乾燥させておいた樹の枝を添えたら、
「ストローバリア」になりました。
IMG_4254.jpg
今時のサーキットは「タイアバリア」ってのがありますが、それのワラ版です。
海外の車のイベントで使われることがあるのです。

こんどはフィギュアを作りますよ。
IMG_4237.jpg

さっきの左の箱から体、右の箱から頭をもらって適当につなぎます。
IMG_4255.jpg

塗装したらドライバーさんの出来上がり。
IMG_4256.jpg
スミ入れ以外はすべてラッカー系筆塗りです。
最後につや消しを吹いておきました。(缶スプレーです)

はい、できあがりー。
IMG_4261.jpg
ジッポーオイルで薄めたエナメルのつや消し黒で、
飛行機の影を描きました。

これはどういうシチュエーションかというとですね、
珍しいポルシェに乗ったおっちゃんが
ヒストリックカーのイベントに参加したものの、
途中でどっかのトラブルで止まっちゃったんですね。
IMG_4262.jpg

で、ぼんやりしてたら同じイベントの催し物で
年代物の飛行機が低空飛行してきたので眺めてる、
ということなのです。
IMG_4263.jpg

毎年6月になるとイギリスの南の方で
Goodwood Festival of Speed」っていう
でっかい車のイベントがあるんですが、
それっぽい感じで作ってみました。
IMG_4264.jpg

ヒルクライムレース言うても車種バラバラやし、
まぁ急がなくてもいいか、という情景でした。
IMG_4266.jpg
スポンサーサイト
急に恐竜が作りたくなったのです。
超久しぶりにねんどをこねてもよかったのですが、
タミヤのキットがまだ手に入るので、買ってさくっと作ってみました。

すごく設計の古いキットです。まだ通販で買えます
IMG_4222.jpg
ほかにティラノサウルスとかいろいろありますよ。
ただ、しっぽが垂れてる昔の学説が気に入らない方にはオススメしません。
あくまで「昭和の恐竜」なので・・・。

私は小学生のときに虫垂炎で入院したことがあるんですが、
その時にお見舞いにもらったのがこのキットでした。
が、塗装とかまだまだ全然できなかったので
兄に作ってもらったのでした。
だから今回はそのリベンジですね。

仮組みしたらこんな感じ。
IMG_4223.jpg
隙間はちょっとだけ。瞬着とか溶きパテで対応できるレベル。
今回はヒートペンでぬるぬるとつないでヤスリがけしました。
何しろパーツ数は十数個。あっという間です。

基本塗装。
IMG_4226.jpg
あ、口の中は、頭を接着する前に塗っておいたほうがいいですよ。
赤でも黒でも、お好きな方で。

そして完成写真。
何かネタを仕込もうかとも思ったんだけど、すごく真面目に作ってしまった。
IMG_4227.jpg
1)ウッドブラウンで基本塗装
2)ダークグリーンとダークイエローで斑点描き込み
3)ダークブラウンを影に刷り込み
4)明るめのブラウンでドライブラシ
5)ダークアース+つや消し黒のエナメルでウォッシング
 (拭き取りは綿棒でなく古い布で)
で、こんな感じになりました。

2)の時点で、お好み焼きみたいになってちょっと焦りました。
(想像してみてください)

裏の畑で撮影。
IMG_4231.jpg
とうもろこしの苗がいい感じになりました。
夏にとうもろこしを茹でて食べるのが楽しみです。

虫垂炎で入院したのも夏だったなぁ。
もともとF1が好きで、フジテレビの放送が始まってから
2回を除いてすべてテレビ観戦しているのですが、
実はF1のプラモデルを作るのは躊躇していました。
だって、難しそうやん・・・。
(実際難しかったです)

いつまでも逃げてちゃダメなので、
いくつかのステップを踏んでから作ればいいのかなぁと思った次第。
で、
・アリイのちっこい車を作る
・1/20とか1/24の車を作る
・デカールをいっぱい貼る車を作る
・白い車を塗る
という感じで来て、やっとこさ1台目に挑戦したというのが
今日の報告なのです。
IMG_4198.jpg
↑たとえばこの子とかは、白い車を塗る練習を兼ねて作りました。

今回のキットはこれ。
IMG_4202.jpg
いつもは箱絵でスタートなのですが、
中古で手に入れた時に臭いがひどかったので、
すぐに箱を捨ててしまったのでした。残念。

で、このキットを選んだのは、
タミヤ製だから作りやすそうだし、
スポンサーのデカールが無いからいいかなぁ、
というのが主な理由。

去年、たにーちょさんが同じキットをかっこ良く作ってらっしゃったので、
自分も真似してパイピングに挑戦。
IMG_4204.jpg
手持ちの釣り糸にプライマーとクリアオレンジを塗装。

あああ・・・大失敗。
IMG_4207.jpg
・釣り糸は硬い
・色を塗ると塗膜で太さが倍くらいになる
といった理由で、かなり残念なことに。
あと、色が変。ちょっと黄ばんだくらいにすればよかった。
というわけで、エンジンの追加工作は断念。
後でそっとリアカウルを閉じました。

めげずに組み立てて、こんな感じ。
IMG_4208.jpg
リアカウルのパーツは透明でした。
今回、白としてクレオスの「クールホワイト」の筆塗りを選んだのですが、
隠蔽力が強くてイメージにも近くて良かったです。

うりゃ。
IMG_4210.jpg
ここまでで6時間位。
やっぱりちょっと駆け足で作ってしまった・・・。

あとはデカールだ!
IMG_4214.jpg
ここまで形になると大興奮。

というわけで完成。
優勝した方の「11」じゃなくて、
あえて「12」のバックナムの方。
IMG_4215.jpg
2004年の「Goodwood Festival of Speed」で
ホンダが持ち込んで展示していた車両のつもりで作りました。
なので、参戦当時の車とちょっと違います。

リアカウルのエアの入り口にメッシュを追加。
ホントはもっと細かいんですが、これで勘弁して下さい。
IMG_4218.jpg
あと、ロールバーの内側のくるっとした白いチューブを追加。
これは伸ばしランナーで作りました。

ホイールとミラーは、説明書と違う色です。
IMG_4216.jpg
そしてネジは銀色、リベットは本体色。

リアのダンパーの本体は説明書では「茶色」なのですが、
レストアされた実車に合わせて赤で塗装。
IMG_4219.jpg
エキゾーストパイプには金色のフタをしました。
ホントはホンダの「H」って書きたかったけど、ちっちゃいので断念。

そんなわけで初めてのF1モデリングでした。
途中で力加減がわからずにずいぶんペキペキ折ったりしたので、
次はもっと上手に作ろう。
最近の事なんですけどね、レンタル屋さんで∀ガンダムのTV版のDVDを借りてきて、
家事の合間にちょっとずつ見てるんですよね。
放映当時は忙しくて見てなかったんだけど、これが面白い。

以前働いてた職場の後輩が激推ししてたんだけど、
今になってよくわかりました。
「世界観がいいんです」って言ってたなぁ彼。
私もこういうのは大好きです。

で、見たら欲しくなる、欲しくなったら作る。
さっくり買ってきました、500円のプラモデル。
IMG_4169.jpg
同スケールのHGのキットが最近でたんだけど、
旧シリーズのカプルやらフラットやらを過去に作ったので、
それに合わせて古いのを買ってみました。

そしたら結構たいへんなわけですよ。
これは基本塗装と組み立てが終わった状態。
IMG_4170_20140517113438969.jpg
ここに来るまでが結構骨が折れる。
・赤いところに白を塗る
・青いところに黄色を塗る
これを筆塗り。一回サフ塗らないと色が乗らないので、
塗膜が結構厚くなりました。まぁしゃあない。
エアブラシ持ってる人はエアブラシで塗ったほうがええよー。

もともとは接着剤も塗料も使わず
ぱちぱち組んでシール貼って遊ぶためのプラモデルなんで、
「シド・ミードのメカが500円で買える」
くらいのお得感を楽しむつもりで買うといいと思います。

このキットの残念ポイント。
手がポリキャップと同じランナー、しかもゲンコツしか無い。
IMG_4171_20140517113440b09.jpg
以前作った別のHGUCのキットに入ってた平手がちょうどよかったです。
捨てずにとっておいてよかった。

実はね、ガンダム作るの苦手なんですよ。
だって、顔が、アレじゃん。
IMG_4172.jpg
気合でぱぱぱぱっと塗りました。

で、真面目に塗って、エナメルウォッシング兼スミ入れ、で完成。
IMG_4178.jpg

なにしろガンダムってのは赤白青黄なので
筆塗りで基本塗装をしてると気持ちが折れそうになるのです。
でも、スミ入れしたら化けると信じて作りました。
完成したらちょっと報われた気持ちです。
IMG_4180.jpg

後ろ姿。
IMG_4179.jpg
足のうしろ、ドロ付けたほうがいいかなー。迷うなー。

以前作った丸いのといっしょにお外で撮影。
IMG_4174.jpg
きっと、カプルはいっぱい作ったほうがいいですね。

DVDは最初の4枚位を見ました。つづきが楽しみです。

 * * *

その後:
鉄道模型用の肉牛を改造して、乳牛を追加して
ビネットを作りましたよ。
IMG_4188.jpg

IMG_4185.jpg
最近、車キットの製作が多くなりました。
元々車好きだったのですが、
一度「車のプラモデルもそれなりに作れる」とわかったので
勢いがついちゃったのかな?と思います。

このまま飽きるまでやって、飽きたら離れて、
また思い出した頃に作る。そんな感じになるかなぁ。

後で「白いF1」と「オープンカー」を作る予定なので、
その練習を兼ねて、このキットを作ります。
IMG_4148_20140515094221186.jpg
またまた出ましたアリイのオーナーズクラブ。
家事の合間に2〜3時間で作るのにちょうどいいシリーズです。

途中端折りますが、ボディを塗るときは
両面テープで木材を貼り付けて持ち手にしています。
IMG_4149_201405150942220e0.jpg

細かいパーツはランナー状態で塗装。
IMG_4150_201405150942247af.jpg
持つところがないと怖いんですよねとにかく。

ボディはクレオスの「クールホワイト」を筆塗り。
つやありの塗料を薄めて、柔らかい筆で乗せるように塗ります。
だんだんサフを隠蔽していくのがわかるのが快感。
IMG_4152.jpg
タイヤはアクリル系の白を大雑把に塗って、
乾いてからラッカー系のうすめ液を綿棒に染み込ませて拭き取り。
これでホワイトリボンタイヤになりました。
今回のおしゃれポイント。

というわけで完成。
IMG_4164.jpg
銀色のところは、一旦8番の銀色で塗ったのですが、
後でタミヤのペイントマーカー銀色を塗り重ねました。

この角度でみるとなんだか国産車っぽくないかも。
IMG_4166.jpg

もっと細かい作り込みをする余地はあるんでしょうけども、
なにぶん500円で買ってきたものなので、
このくらいにしておきました。
IMG_4167.jpg
今回もジョギングみたいな模型作りでした。
たまにはマラソンもやりますよ、そのうち。
1dayモデリング20140510というオンラインのイベントがあったので、
ちょっと参加させて頂きました。

選んだキットはお手軽車プラモ、
アリイの「オーナーズクラブ」です。
IMG_2699.jpg
ホンダの古い方の「Z」。
後ろ姿に特徴があって、
「水中メガネ」って呼ばれる車です。

で、2時間位でさっくり作りました。
IMG_2707.jpg
いつもの作り方なので、特記事項はありません。
バリとってサフ塗って色塗って組み立て、です。

で、翌日。
もうちょっとなんかしたいなー、と思って、
草レース風のゼッケンを追加しました。
IMG_2713.jpg
ゼッケン自体はマスキングして白く筆塗り。
マスキングテープをサンディブラウンで塗装して、
細切りにして1/32のガムテープを製作。
(サンディブラウンは布ガムテープの色にピッタリですよ)

ゼッケンの文字はMa.K.のラクーンから持ってきました。
IMG_2715.jpg
手作りゼッケンっぽいフォント。
嫌いな人は嫌いなあのフォント」に雰囲気が似てます。

過去作品と並べてみました。
IMG_2717_20140512164220e7a.jpg
車キットはたくさん並べると楽しいです。ぜひ。

追伸:
グリルの配色間違えてました。正解はこう。
IMG_4147_20140512172101c15.jpg


後ろ姿については、続きはWebで
先月、モビルフラットを作って以来の
久しぶりのガンプラです。
ここんとこ、ガンプラをどう作るのが自分向きなのか、
何を選べばいいのか、がわからなくなってまして、
ちょっとそのあたりの気持ちをリセットするつもりで
ぜんぜん知らないモビルスーツを選んでみました。

というわけで、ヅダです。
IMG_4123.jpg

今回は主にこの2色を使います。
IMG_4125.jpg
ニュートラルグレーの方は、混色して少し白に寄せました。
あとで気がついたんですが、
ガンプラ作る時に限ってガンダムカラーを使ってない。
ガンダムカラーを買った時の動機を聞いてみたい。過去の自分に。

ランナー状態で筆塗り。いつものやり方。
IMG_4124.jpg
柔らかくて大きくてたまに毛が抜ける平筆でさっさか塗ります。
塗料:うすめ液=3:1くらいに薄めて塗っています。

このモビルスーツのデザインの気に入らなかったところ。
シールドのスパイクみたいなもん。
IMG_4126.jpg
さっくり削りとって、プラ板貼っちゃいました。
あとでリベットも接着。

合わせ目消したりタッチアップしたりしながら、
組み立て完了。
IMG_4127.jpg

あとは、ときどき半ツヤのクリヤー缶で保護しながら
・暗いグレーを摺りこみ
・基本色をドライブラシしてぼかし
・黒+白+ハルレッドのエナメル系塗料でウォッシング
・デカール貼り付け
を行いました。

で、完成。
IMG_4139.jpg

ハセガワのミラージュF1Cのデカールを使いました。
IMG_4140.jpg

ふくらはぎにスラスターがあるんですが、
その燃料はどうするねん?と思ったので、
背中から伸びるパイプを追加しました。
IMG_4141.jpg
ふくらはぎに、何か挿してくれと言わんばかりの
穴がぽっかり空いていて、ちょうどよかったです。

そんなわけで、この子は4時間か5時間くらいで作りました。
IMG_4142.jpg
結局、自分のガンプラに対する姿勢の答えみたいなものは
まだ出てない感じ。

まぁええか。いろんなもの作ってたら何か思いつくときが来るでしょう。

追記。
ギャンの頭が余ってたので付けてみました。
IMG_2693.jpg
意外と似合いますね。
名前は「ヅャン」でおねがいします。
4月から5月に変わるころ、小さいものをちょいちょい作ったので
ちょっとご紹介します。

Twitterでアダムスキー型UFOの話をしていた時、
JARIさんが「『イブキライー型UFO』ってのがいると信じてた」とおっしゃるので
なんとなくそういうものを考えて作りました。
イブキライー型UFO
プラ板を芯にエポパテ塗りつけて、色塗って写真を合成。
4cmくらいです。パテがもったいない(笑)。

バンダイのメカコレの新しいヤマトが出ました。
定価で400円だったかな。
IMG_4095.jpg
1時間くらいで色塗って作りました。
よく出来たキットで、色塗らなくても問題なしだと思います。

サビの表現で「ヘアスプレー塗装」っていうのがあるんですが、
ほかの使い途の提案として、こんなことをやってみました。
20140502231455.jpg
ハセガワの1/12スケールの椅子。
廃墟感たっぷりになりました。

| ホーム |


 トップへ戻る