おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
珍しく今年は海で泳がないまま夏が終わり、
9月ももうあと少し。

こんなちっこいキットをこちょこちょと作ったりしていました。
BydZEmRCEAAJO73.jpg
タミヤの1/48のシトロエン11CVです。

真っ赤に塗ったら可愛くなりました。
BydcoUJCAAA4pmW.jpg

で、本題。
模型屋さんで見つけたこの袋詰のお買い得キット。
IMG_4046.jpg
車輪が入ってるぞ・・・。

そんなわけですぐスクラッチ開始。
IMG_4047.jpg

プラ板切って、プラ棒削って・・・
IMG_4048.jpg

伸ばしランナーも使って・・・
IMG_4049_2014092917034899b.jpg

1時間ほどで完成。
「ツァーリ・タンク」です。
IMG_4050_2014092917034959f.jpg
実在の兵器です。ホントだよ。

100年位前にロシアで試作された戦車だそうです。
IMG_4051_20140929170351339.jpg

別名、レベデンコ・タンク。
IMG_4052.jpg
車輪の直径は9mもあったそうです。
そこから計算して、約1/700。

手に乗せるとこんな感じです。
IMG_4053.jpg
いつか大きいのも作りたいテーマです。
スポンサーサイト
TwitterでP-39という飛行機を知りまして。
プロペラが前にあるのに、エンジンが操縦席より後ろにある。
面白いなー、プラモデル無いかなー、と思ってネットを探したら、ありました。

レベルのMICRO WINGSシリーズ。1/144です。
IMG_3975.jpg

開けてみるとこんな感じ。
IMG_3980.jpg
ズベズダの1/144みたいなオマケは入ってなかった。

晩ご飯食べてテレビをちょっと見てから着手して、
お風呂に入るまでの1時間くらいで特に工夫もせず作りました。
IMG_3983.jpg
色指定の「NATO OLIVE」がよくわからなかったので、
写真を検索してそれらしい色で塗りましたよ。
(オリーブドラブに明るい緑を足しました)

大きさは1円玉とくらべて想像してくださいね。

ズベズダのハリケーンといっしょに。
IMG_3984.jpg
「何かすぐできるプラモデル無いかなぁー」ってときに
気晴らしに作るといいと思います。
これでも、組み立てて色塗ってデカール貼ってクリア吹いて・・・
っていう一通りの作業をちょっとずつできますから。
バケットホイールエクスカベーターという機械をご存知でしょうか。
自走できるでっかい掘削機です。
一度グーグルマップの航空写真で探してみるといいかも。
たぶんドイツあたりででっかいのがうろうろしています。

で、トミカからも川崎重工業のが出てるので、
買っちゃったのでした。


前置き終わり。
そんなわけで、それっぽいのを作ります。

まずはタミヤの動物セットの子豚さんを大量に組み立てます。
IMG_3943_2014092413484331d.jpg

本体にはハセガワのカタパルトと、
先日いただいたヤクトパンター。
(ヤクトパンテル?ロンメル?)
IMG_3948_20140924134845afc.jpg

がががっと組み立てて、こんな感じ。
IMG_3950.jpg
丸くて透明なのは、以前100円ショップでみつけた小物入れのフタです。
スチロール樹脂製なので、プラモデルの接着剤が使えます。ありがたい。

タミヤの2mm角棒とリモネンセメントで、
三角形を12個作りました。
IMG_3951.jpg
タミヤのプラ板の袋を下に敷いて作ると、くっつきません。
なので、プラ板が無くなっても袋はとっておくようにしています。
厚みがあって使いやすいのでお気に入りの袋です。

そんなわけで、6時間位で、完成。

まずは後ろ?半分。
IMG_3952_2014092413484996f.jpg

前?半分。
IMG_3954.jpg

全体像です。
IMG_3955.jpg

名前は「Piglet Wheel Escalator」。
子ぶたのための観覧車とベルトコンベアーです。

先日何回目かに「不思議惑星キン・ザ・ザ」を見た時、
「あぁ観覧車を作りたいなぁ」と思っていたので
ちょっとスッキリしました。
IMG_3961_20140924134921c06.jpg
でも、観覧車はまた作ると思います。形が面白いので。

元ネタのバケットホイールエクスカベーターといっしょに。
IMG_3965.jpg

ベルトコンベアーの部分は曲がるようにしたので、
こんな風に乗り物とつながることも出来ます。
IMG_3966.jpg
以前からぶたさん用の乗り物に乗る手段をどうしよう、と思っていたので
ちょっとスッキリしました。
買い物は目的をしっかり持たないといけないなぁ。
模型屋さんに「ミドルストーンとか減っちゃったなぁ」と思って
塗料を買いに行ったのですが、
ついつい模型の方も見てしまい、
「そういえば次のスケビはロシアのヘリコプターじゃなかったっけ」と思い出して
このキットを買ってしまいました。
IMG_3872.jpg
タミヤ(イタレリ)のハインドです。



「たみれり」のヘリは前回苦労したんですが、懲りずに買ってしまいました。

最初につっかかったのがここ。
IMG_3876.jpg
窓のクリアパーツがうまくいかない・・・ので、
大きめに切ったタミヤの透明プラ板を裏から貼り付けちゃいました。
ついでにマスキングテープを刻んで保護。
まじめなマスキングって久しぶり。

ゆがみと会話しながら流し込み接着剤で接着して、テープでがっちり固定。
IMG_3877.jpg

買った日の夜にはなんとか6割くらいできました。
IMG_3880.jpg

サンディブラウンにいろいろ足しながら筆塗り。
IMG_3884.jpg

茶色はレッドブラウンです。もうちょっと明るくしたほうがよかったかな。
IMG_3885.jpg
本体色は、絵皿に残ってたいろんな色を混ぜながら塗りました。

そんなこんなで7〜8時間くらいで完成。

翌日、雨だったのでカーポートにて撮影。
IMG_3892.jpg

汚くしすぎた感じはありますが、この方が好みです。
IMG_3900.jpg

排気口は説明書と違う方を選びました。
写真を調べてみると、こっちのパターンもあったし、
箱絵の箱みたいなアレはなんだか似合わないし。
IMG_3904.jpg

安いけど結構でかくて(25cmくらいある)、
作るのに手間もかかってなかなかお得なキットでした。
IMG_3906.jpg

追記:
ローターブレードを温めて曲げて、垂らし気味にしました。
近所の海で撮影しました。
IMG_3932.jpg

IMG_3930.jpg

IMG_3925.jpg
タミヤの1/100シリーズの、バッカニアです。
IMG_3849.jpg
この飛行機のことはあまり知らなかったんですが、
Wikipediaを読んでみたら、どうやら南アフリカで今でも乗せてもらえるらしいです。

古いキットですが、すりあわせたりパテで埋めたりせず
ほとんどそのまんまで組み上がりました。
IMG_3850.jpg

筆塗りでちょいちょいと迷彩。
IMG_3855.jpg
うん、アブロバルカンを買っても塗れそうな自信ができたぞ。

パーツが少なくてちいさいキット(20cmくらい)なので、3時間でできました。
IMG_3860.jpg
※赤い三角のデカールはあとでもう一枚貼りました

説明書ではキャノピーは乳白色で塗る、と書いてあったのですが、
ホントは本体の迷彩2色+白っぽい色の3色で塗り分ける必要がありました。
IMG_3861.jpg
割と新しめの面相筆で息を止めて塗装。

後ろから見るとなかなかかっこいいではないですか。
IMG_3863.jpg

おしりが大きいねぇ。
IMG_3870.jpg
一番後ろはエアブレーキになってて、ぱかーんと開くそうです。
「バッカニア エアブレーキ」で画像検索するといいですよ。
宇宙戦艦ヤマト2199のメカコレ、久しぶりに作りました。

ゆきかぜです。
IMG_3836_20140916184748f99.jpg

せっかくなのでダズル迷彩にしました。
IMG_3837_20140916184750c34.jpg
暗い色で塗って、組み立てる前に明るい色を面相筆でこちょこちょ。
ちっこいので、作るのに1時間かかりませんでした。
バンダイのプラモデルなので、
エナメル塗料を使うときは気をつけて下さい。

宇宙空間で迷彩にするとしたら、ひょっとしたら
こういうのが理にかなってるかもしれませんね。
IMG_3838_20140916184751348.jpg

そうそう、今年映画があるそうですよ。

ここんところ「普通に作った」が続いたので、別のものを。

先日、安売りになってたこのキットを買ったのですが・・・
IMG_3811.jpg

デカールが黄色。うーん。
IMG_3812.jpg

というわけで、今回は素材として使いました。
IMG_3813.jpg
突起や合わせ目などをヒートペンと瞬着で消して、ヤスリがけ。

先日作った三菱F-2の複座用のパーツが余ってたので、
こんな風に使いました。
IMG_3817.jpg

サフを筆塗りしていろいろ確認。
IMG_3820.jpg

青く塗装して、完成。
IMG_3828.jpg

左右がすごーく非対称なレコードブレーカーを作りました。
IMG_3827.jpg

もうちょっといろいろデカール貼ってもよかったかなぁ?
IMG_3826.jpg

本体がやばくなったら
コックピットを切り離して逃げちゃうという設定です。
IMG_3825.jpg
「作りたい欲発散」みたいな感じでした。
ではまた。
今治のゆるキャラ「バリィさん」の格言に
「あんまりもろたもろた言われんよ」
というのがあるんですが、
すみません、これももらったプラモデルです。

久しぶりの戦車です。
IMG_3792.jpg
久しぶりというのはわくわくします。わくわくは大事です。

作ってる途中でなんとかしたところ。
IMG_3793.jpg
斜体の下部の反りが解消しにくかったので、横の板がはまらず。
結局、写真の右のように、裏面の突起を削り取りました。

夕方に1時間くらいちゃっちゃかと作って、ここまで。
IMG_3794.jpg
あとは晩ご飯の後に。

合計3時間弱でできあがり。
IMG_3795.jpg
いっぱい汚しちゃった。

塗装の順番ですが、大雑把に書くと
・ダークグリーンで塗装
・ダークグリーン+その辺の明るいグリーンでドライブラシ
・エナメルのつや消し黒とバフをジッポーオイルで薄めてウォッシング
(この段階では細かい部品を付けていません)
・細かい部品をつけた後、デカールを貼ってクリヤー吹き付け
・エナメルのバフで泥はね
でした。
IMG_3796.jpg

今回もデカール生きてたよ。やったー。
IMG_3797_2014091014031460b.jpg

では、翌日お外で撮影。
IMG_3801.jpg

よーく見ると分かるのですが、前面のライトを一個紛失してしまいました。
丸っこいランナーのくずがよく似ていたので、代わりにつけました。
IMG_3802.jpg

あまり戦車は詳しくないんだけど、
作っていきながらほどほどに詳しくなれたらいいなぁと思います。
IMG_3803.jpg

今月、いまのところ作った模型。
IMG_3804.jpg
全部ハセガワの1/72だ。偶然。
トムキャットはでかいなぁ・・・。
最近、小学校〜中学校の頃の友人と再会しまして。
当時は模型やらウォーゲームやらでよく遊んでいた仲でした。
なにしろ30年弱ぶりの再会だったのでえらいうれしかったですよ。

で、訳あっていくつか作ってないプラモデルを頂いてしまいました。(ありがとう〜)
この日はそのひとつ。
イタリアの飛行機です。
IMG_3771.jpg
どうやら今ではあまり売ってないようです。かっこいいのになぁ。

手持ちの塗料でたまたま間に合いました。
基本塗装して、あっという間に士の字。
IMG_3772.jpg
紙やすりは400番を中心に使ってます。
ラッカー系で筆塗りしたら、多少のザラザラは消えますね。
(ぺかぺかの車の時は800番も使います)

なんだかゆかいな迷彩を、説明書とにらめっこしながらペタペタ。
IMG_3773.jpg

スミ入れして、デカール貼って、クリア吹いたら、完成。
IMG_3774.jpg
古いデカールだったけど、細かい文字以外は使えました。やったね。
そのうちぬるま湯のお世話になる季節が来るなぁ。

では、お外で撮影。
IMG_3798.jpg

今回からコンデジを使わなくなりました。
iPod touchでブログ用の写真を撮っていく予定です。
これで模型の時に部屋に持ち込むものが一個減った。
IMG_3799.jpg

後ろから。
IMG_3800.jpg
細い線は伸ばし黒ランナーです。
使う長さの4倍くらいにぴーっと伸ばすと
太さがほぼ均一なものが取れますね。

夜はイタリアの甘いものを食べました。
IMG_3779_201409101339249a5.jpg
そしてこの日はF1イタリアGP。偶然。

ついでに迷彩の効果を確認。
IMG_3787.jpg
うん、ばっちり隠れるね!

「飛行機いつか作ろうリスト」というのがありまして。
奥さんの好みの飛行機を片っ端から作ってしまおうと目論んでいるのです。

で。

その「リスト」で最優先じゃないかと思ったのがF-14。
とてもベタなのですが、トップガンのDVDがウチにあるんで、
2日連続で鑑賞してから作ることにしました。

今回選んだキットはこれ。
IMG_4919.jpg
ハセガワからは古い凸モールドのキットと、新しい凹モールドのキットが
でてるんですが、あえて古い方を選びました。
新しいキットがあるのにあえて古いのも売り続けているのには
なにか理由があるだろう、などといろいろ考えたのと、
でかくて安いというのはうれしいので。



で、最初の夜。
IMG_4920.jpg
背中とかの目立つところのパネルラインを、
凸モールドにそってナイフで横向きにコリコリと
カンナのように掘り込みました。
そのあとラッカー系うすめ液でならしたんだけど、
結局この作業はいらんかったなぁ。筆塗りしたらわからなくなりました。

翌日。専用色を手に入れたので、本格的に製作開始。
IMG_4927.jpg
でも2色くらいしか使わなかった。
もったいないことしたけど、たぶんそのうち出番はあるでしょう。

今回唯一の改造点。
座席の上のくるくるを真鍮線で作りました。
IMG_4928.jpg
これ、目立つ部品なのでぜひ作ったほうがいいと思います。

主翼の穴に向かって切り欠きを入れて、
塗装してからでも翼を差し込めるようにしました。
IMG_4932.jpg
差し込む時にちょっとひねる必要があります。ご注意を。

2日目の午後を使って、ここまで作りました。
IMG_4936.jpg
部品点数が少ないのでらくちんです。
鼻先にオモリを5g入れるのを忘れずに!

翌日、さらにきちゃなく塗装。
IMG_4939.jpg
今回はスミ入れはほとんどせず、
表面はラッカー筆塗りで絵を描く様に表現しました。
機体色に、Mr.カラーのダークアイアンの沈殿物を
黒の代わりに使って少し混ぜて、ぼかすように塗り塗り。
やってみたら面白いかな?と思ったので、
「パネルラインにそって暗い色を吹いて・・・」っていう
普通の塗り方の真逆のやりかたをあえてやってみました。

そんなこんなで、デカール貼って半ツヤクリアー吹いてキャノピー閉めて、おしまい。
合計で8時間くらいだったかなぁ。
大きいけど部品が少ないのでこんなもんだと思います。

せっかくなので、松山空港の近くで撮影しました。
IMG_4956.jpg

奥にぼんやり見えるのは本物の空港の設備です。
IMG_4958.jpg

こんな感じの背中が表現したかったのです。
IMG_4974.jpg

いつもの庭のコンクリにて。
IMG_4979.jpg

塗りやすいキャノピーでした。マスキング不要。
IMG_4980.jpg

夕方も空港の近くで撮影。
IMG_3760_2014090609525809a.jpg

iPod touchを愛用しているんですが、
このカメラは背中の端っこについているので、
さかさまにして撮影するとすっごいローアングルで撮れます。
IMG_3756.jpg

地面が粗いのは気にしないでください(汗)。
IMG_3754.jpg

凸モールドでもいいような気がしました。むしろ塗装が楽しいかも。
これからも抵抗なく買おうと思います。
IMG_3750.jpg
先日衝動買いした、アリイのGT40。
IMG_4904.jpg
買った時はそのまんま作ろうかと思ったんだけど、
デカールは茶色くなってるし(それはまぁいいんだけど)、
ホイールは別物で、Aピラーがぐにゃぐにゃ・・・。
今年作ったポルシェ904は「代わりがない」からやりがいがあったけど、
この子はなぁ、と思いまして。

もう部品取りとして割り切ることにしました。
IMG_4905.jpg
エアダクトとか、使えそうなパーツをざっくり切り取り。

プラ板と合わせて、余ってたF1のウィングを追加して
怪しいレーシングカーのできあがり。
IMG_4906.jpg
手作りっぽいアルミアルミした車が作りたいなー、と
常々ぼんやり考えてたこともあって、こうなりました。

シフトレバーもそれなりに付けましたよ。
IMG_4908.jpg
ステアリングは今回、つけてません。
そのうちやる気になったらドライバーと一緒に追加します。

斜体はアルミ色、ウィング類を青で、筆ぬり。
デカールは適当に手持ちから選びました。
IMG_4911.jpg

お外で撮影。
IMG_4913.jpg

全然スケールが違うけど、並べるとなんだかうれしい。
IMG_4914.jpg

年代とか設定とかむちゃくちゃですが、
こういうノーズの車、結構好き。
IMG_4915.jpg

そんなわけで、りりしさ0%の車が出来ました。
IMG_4917.jpg
ドライバーさんはそのうち必ず作ります。

| ホーム |


 トップへ戻る