おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
雑誌「スケールアヴィエーション」の今年の3月号が「紅の豚」特集。

というわけで、私も1個作ってみることにしました。
IMG_6399.jpg
1/72の「カーチス」です。主人公のライバル役の人の飛行機。

つやつやの飛行機ですが、筆塗りでがんばります。
IMG_6400.jpg

選んだ青色はこれで、塗ってて
「あんまり成型色と差がないなー」と思ったら、
説明書で指定されている色そのものなのでした。
IMG_6401.jpg
どこまで塗ったかわかりにくいけどもひたすらペタペタ。

で、何が大変かというと、大きさ。
IMG_6429.jpg
隣の綿棒は標準的なサイズです。
おっちゃんは体が大きめなので大変です。

黄色の帯はデカールが薄そうだったので
白を塗ってからガンダムカラーの黄色を塗りました。
IMG_6433.jpg
黄色を塗る面積が多いと、製作スピードがガクンと落ちるのです。

フロートの支柱の向きを間違えやすいので気をつけつつ組みあがり。
IMG_6436.jpg
クリアパーツの風防はつけるかどうか未だに迷っています。
なんだか急にスケール感を突きつけられる感じがするんですよね。

今回は初めて「複葉機の張り線」をやりました。
IMG_6438.jpg
瞬間接着剤で伸ばしランナーを切りながら接着です。
伸ばしランナー用に、黒いランナーをいくらか保管しています。

透明の波模様のプラ板の上で撮影。
IMG_6439.jpg

大きさ比較です。
IMG_6442.jpg

外で撮影してみました。
PICT0008_20150227211958227.jpg
色紙の上にさっきの波々透明プラ板です。

キットにはフィギュアが付属してます。
まだまだ手に入ると思いますので、よかったらぜひ。
スポンサーサイト
大好きな映画のひとつに「世界最速のインディアン」というのがありまして。

何度も見てしまうのです。

で、気になるシーンは作っちゃう。
IMG_6315.jpg
今回の素材です。

二輪のレコードブレーカー「マンロースペシャル」を作ります。
ヒートプレス用の形を、プラ板で工作。
IMG_6316.jpg
ひっくり返して両面とも使います。

ヒートプレスした1mmプラ板を
二枚貝の様に合わせて接着。
IMG_6317.jpg
この後、速乾性のエポキシパテで凹みを無くしました。

エポキシパテの硬化を待つ間に、けん引する車を製作。
IMG_6318.jpg
本当は「シボレー ベル・エアー セダン」という車なのですが、
アリイの1/32の観音開きクラウンがかなり似ているので小改造。

後ろのピラーにプラ板を接着して、
ドアノブの位置をずらしたら改造終わりです。
IMG_6320.jpg
今回は後ろ姿だけなので、顔を見るのは禁止ですっ。

格安中古車っぽく塗装しました。
IMG_6321.jpg

マンロースペシャルの方は、タイヤと乗るところの穴を開けて整形。
IMG_6323.jpg
自衛隊のバイクの後輪を切り刻んで接着して、
後ろのフィンを追加して塗装したら出来上がりです。

あ、ドリー(リヤカーみたいなの)の製作過程の撮影忘れてました。
プラ棒と自衛隊のバイクの前輪を使ってそれっぽくしました。
ナンバープレートはクラウンから拝借。

というわけで、できあがり。
IMG_6345.jpg
主人公がボンネビル・ソルトフラッツに到着したシーンの再現です。
本当は夕焼けで撮りたかったんですが、
光の加減と方向がうまく合いそうになかったので
午前中に撮影しました。

そんなこんなで、1泊2日の4~5時間の作業でした。
ほんとのシボレーのキットがあったら再挑戦も考えたいところです。

追記:
後日、天気が良かったので夕日をバックに撮影しました。
IMG_6394.jpg
休日にサイクリング。
ちょっと遠い模型屋さんに自転車で行きました。

酸素不足気味でぼーっとしながら選んだのがこれ。
IMG_6223.jpg
SBLim-2Aという飛行機です。
調べてみると、Mig15bisと同じようなものらしいです。

ランナーを並べるとこんな感じ。
IMG_6226.jpg
たくさん削らないと完成しない予感。

コクピットの接着位置がはっきりと決まらないので、
逆さまにして位置決めしてから接着しました。
IMG_6227.jpg

えっちらおっちらという感じで、その日のうちに士の字になりました。
IMG_6228.jpg

説明書やらWebで見つけた写真やらを参考にして
ラッカー系で筆塗り塗装。
IMG_6230.jpg

一泊二日で完成。
IMG_6231.jpg

開けた時は「2時間もあればできるかな?」などと
甘いことを考えていたのですが、
なんだかんだで4〜5時間かかってしまいました。
IMG_6232.jpg

お外で撮影。雨降ってきたので傘をさしながら。
IMG_6244.jpg

ポーランドのデカールを選びました。
IMG_6245.jpg

同じ国籍のモラーヌ・ソルニエといっしょに。
IMG_6250.jpg

古いキットを上手に作るのは難しいです。
とにかくこれからもいろいろ作ってみよう。
2月14日の土曜日に、Twitter上で
「1dayモデリング20150214」というのがありました。

朝、このキットを買ってきました。
IMG_6189.jpg
お昼ごはんを食べてから着手。

オレンジ色は塗りにくいので、久しぶりに缶サフを吹きました。
IMG_6190.jpg
生のオレンジ(なにか違う)を筆でペタペタ。
オレンジは薄め液で少しサラサラにしたものを、
3回位塗り重ねました。

なんだかんだで3時間弱(実作業2時間)で完成。
IMG_6214.jpg
内装は成型色が黒だったので、塗装してないよ!

ホイールや「かつぶし」のメッキが良いです。
IMG_6217.jpg

911の魅力はお尻ですよねー。
IMG_6219.jpg

以前作った1/35のフィギュアと一緒に。
IMG_6208.jpg

お正月頃に作った1/24のポルシェと並べてみました。
やっぱりお尻よねー。
IMG_6203.jpg
2月11日は祝日でお休み。
朝のうちに小さくて古い飛行機のキットを買って、
さっくり作ることにしました。

選んだのはこれ。古いエアフィックスのメッサーシュミットのキットです。
IMG_6135.jpg

特に問題もなく士の字に組んで、基本塗装。
IMG_6137.jpg
柔らかい平筆で2色塗った後、硬いバサバサの筆でぼかしました。

ダークグリーンで斑点を書いて、再びぼかし。
IMG_6138.jpg
下地の色で境界を隠すように乱暴に色をのせました。

タミヤエナメルのフラットブラックとバフを混ぜたものを
ジッポーオイルで薄めてウォッシング。
IMG_6139.jpg
リベットのモールドがくっきりしていて、
好みの雰囲気になりました。

デカールは古かったけどなんとか貼れました。
IMG_6141.jpg
ぬるま湯で貼りつけたんですが、ノリは弱くなってました。
ノーズ左側の虎さんだけ、あとで剥げてしまいました・・・。

そんなこんなで家事や休憩を挟んで、2時間くらいで完成。
IMG_6147.jpg
(一部折れてますが、あとで治しました)

ニャンコ先生に乗せて、迷彩効果を確認。
IMG_6149.jpg

お外で撮影。
IMG_6157.jpg

先月塗ったハセガワの1/72のフィギュアを添えてみましたよ。
IMG_6159.jpg

上から。
IMG_6163.jpg
凸モールドもなかなかいいもんです。
安いし部品点数は少ないしで、なかなかお気楽な工作でした。
デカールはもっと上手に貼れるようになりたいと思います。
これは去年いただいたキットです。
絶版とのことで、少し緊張。
IMG_6081.jpg

コックピット。
計器盤はモールドがくっきりしていたので、
デカールを使わず筆を使ってエナメル系塗料で塗装しました。
IMG_6085.jpg

機体色は少し白っぽく調色して塗装。
更に白を少し加えて、粗い筆でがしがしこすってぼかし。
IMG_6088.jpg

付属のデカールは、白いものは2重に重ねて貼るようになっていました。
IMG_6089.jpg
古いキットなのでぬるま湯と相談しながら慎重に。
ピンセットでやぶれるくらいだったので、
今回は濡らした筆で拾ったり貼り付けたりしました。

今回間違えちゃったところ。
黄色いデカールを貼るんじゃなくて、
ここにフィンを接着して貼るのが正解。
IMG_6091.jpg
というわけで、デカールは剥がして
フィンを接着して、黄色で塗装してシマシマを描きました。

塗装とデカール、ウォッシングが終わるとこんな感じ。
いつもどおり、足回りなど細かい部分は後回しです。
IMG_6092.jpg
寒い日の作業は難しいねぇ・・・。
最近は使い捨てカイロのお世話になっています。

そんなこんなで、2泊3日で完成。
IMG_6107.jpg

ある程度実機写真を参考にして塗装しました。
IMG_6110.jpg

撮影場所は松山空港の近く。
車の上に板を乗せて撮影です。
IMG_6114.jpg

説明書はちょっとわかりにくかったけど、素直に作れるキットでした。
IMG_6117.jpg
画像の投稿サイトや、コンペにデジカメ写真を送付する際に
サイズ(特にピクセル数)を変更して送ることがあるかと思います。
※ちなみに私がこのブログに画像を載せるときは、
 だいたい800x600ピクセルにしています。

私が普段使っているツールをご紹介しておきます。
・Windowsの場合
その1 IrfanView(フリーソフト)
画像の拡大縮小、基本的なフィルタ(シャープやぼかし、モザイクなど)が利用できます。
Jpeg形式で保存する時に、品質(ノイズの少なさ)を指定して保存することも出来ます。

その2 縮小専用
数が多い写真を一度にサイズ変更できます。

・Macの場合
標準装備の「プレビュー」が使いやすいです。
複数選択すると、同時に複数の画像のピクセル数を変えることも出来ます。
※「プレビュー」は、意図しない時に上書き保存しちゃうので注意してください。

「そのくらい知っとるわー」な内容でしたらすみません。
お役に立てたら幸いです。

| ホーム |


 トップへ戻る