おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
今回は「アメプラ」です。

1/25スケールのアメリカ製の車プラモについてなんですけど、
流用パーツとして使ったことは何度かありましたが、
一度ちゃんと作ってみようと思いまして。

買ってきたのがこのキット。「'49 Ford」。
IMG_8290.jpg
完全にジャケ買い。予備知識ほぼなし。
中性洗剤で洗って、作業開始です。

ボディーを含めて、かなりのパーツを黒サフ缶で塗装しました。
IMG_8292.jpg

エンジンをスーパーチャージャー付きにするには
ボンネットの四角いところを開口しなきゃいけないので
デザインナイフで根気よく穴あけ。
IMG_8293.jpg

組んでてちょっと困ったのが・・・
あちこちに書いてある番号、部品番号じゃなくて作業順なんですね。
IMG_8295.jpg
なので、形をたよりにパーツを探すはめになりまして。
(見つからないのもありました)

エンジンは3種類選べます。
スーパーチャージャー付きのタイプを組んで、シャーシーに接着。
IMG_8296.jpg

車の下半分はこんな感じになりました。
IMG_8297.jpg

裏側はこんな感じ。
IMG_8298.jpg
マフラーのフィルターのところはステンレスで塗装。

内装も真っ黒にして、アクセントに赤をちょっとだけ。
IMG_8299.jpg

5時間ぐらいで形になりました。
IMG_8302.jpg
・・・が、うーん。
ホイールは通常のものと、「Street Rod」な幅広なものを選べるので
幅広な方を選んだんですが、どうも合わない。

ホイールをフェンダーに入れるには、かなりのネガティブキャンバーになっちゃいます。
(仮組みは一応したんだけど、ホイールまでは注意が行ってませんでした)
IMG_8306.jpg

で、翌日。
ちょっと加工して、車高を上げて対応しました。
箱絵のプロポーションに近くなったかも。
IMG_8314.jpg

今回の目標は「とにかく完成」。
IMG_8313.jpg

まだ一個目ですが、こういうキットの組み方の
「あらすじ」みたいなものがわかってきた気がします。
IMG_8312.jpg

エンジンルームはスッカスカですが、
たぶんコード類を追加したらかっこよくなるんだろうなー。
IMG_8311.jpg

ちょっと戸惑いましたが、面白い経験になりました。
また似たようなんを探していつか組んでみよう。
スポンサーサイト
3番目位によく行く模型屋さんで、スペースシャトルのキットを安く入手しました。
IMG_8264.jpg

で、前からじわじわやろうと思っていたことを実行。
IMG_8265.jpg

どどーん。
IMG_8267.jpg
ぶたさんのスペースシャトル「オオブタ」です。

乗っているぶたさんは、何度か登場しているシュライヒ製のもの。
IMG_8268.jpg

大きなぶたさんは、宇宙に行ける特別なぶたさんなのです。
IMG_8273.jpg

ハセガワの1/72のカタパルトを色を塗らずに組み立てたものがあったので、
バラして着色して使いました。
IMG_8276.jpg

今回は珍しくあまり筆塗りをしていません。
IMG_8278.jpg
ほとんど缶サフ(黒、白)で塗装しました。(発射台も)
今回はちょっと大きく見せたかったのと、暑くてしんどかったのと、両方です。
ブログの記事にするほどでもないかなーという製作もいろいろやってまして。
(さらにこの「最近どう?」にも載せてないものがいくつか・・・)

そんな感じの、ときどき書く「まとめ」です。

家で仕事をしている関係で、騒音があるときなどに
「イヤーマフ」ってのを使うことがあるんですが、
せっかくプラスチックで出来ているので、塗装しました。
IMG_8174.jpg
サビサビ&アメリカ陸軍系のデカール。
プライマーには「ミッチャクロン」を使ってみましたよ。
50分位の作業でした。

7/17に急に公開された動画。

あとでなにか発表があるのかしらん。
これを見たら作りたくなったので、プライザーの1/24のフィギュアを改造。
IMG_8200.jpg
IMG_8202.jpg
ダイソーのエポキシパテの硬化にちょっと時間がかかってしまった。

エアフィックスの1/72のBAeホーク、レッドアローズ。
IMG_8229.jpg
「通常版」の尾翼を塗り替えて、2015年カラーにしました。
(いちばん左)
IMG_8230.jpg
できればレッドアローズはいろいろ混ぜて9機つくりたいと思っています。
ぼちぼちやります。
Ma.K.の新作キット、ニューラリーポーンです。
IMG_8118.jpg
マシーネンのキットを組むのは実に1年半ぶり。

「最近車キット作ってないなぁ」と思ったら前回から2週間しか経ってないとか
そんなのがしょっちゅうなんですが、今回はほんとに久しぶりでした。

開けてびっくりの成型色。どピンク。
IMG_8119.jpg
付属フィギュア的にはこれはいいことなのかな?

今回はさっくり作ります。
「裏」にあたる部分をざーっと黒缶サフで塗装。
IMG_8120.jpg
ちゃっちゃか組みます。アンダーゲートは400番のスティックヤスリで処理。

組み上がってから隠蔽力の強いニュートラルグレーを筆塗りして、
白缶サフでざっくり塗装。宇宙用だもんね。
IMG_8121.jpg

2時間半くらいでできあがり。
IMG_8122.jpg

あんまり見たことのない「白と黄色の迷彩」にしました。
IMG_8123.jpg
迷彩色は荒目の硬い筆で叩くように塗装。
黄色はそこらへんにあった、過去に適当に配合したものです。

チッピングは棒ヤスリで引っ掻いて、下地のグレーを出しました。
IMG_8124.jpg

青いラインはマスキングテープを適当に貼って、
Gセルフブルーを筆塗り。いい色だと思いますよ、これ。
IMG_8125.jpg

いっぱいパーツが余りました。さぁ何に使おうかな。
たまには大きいガンプラも作りたくなるのです。
IMG_7884.jpg
一時期はザクばーっかり作ってたこともありますが、「あえて」ゲルググを選択。
出来のいいキットとの評判なので、わくわくしながら買いました。

そして。
でかい・・・。
IMG_7889.jpg
いつものように、箱と中身を同時に机に載せて作業、は無理。
出しては塗り、塗っては片付け、の繰り返し。
いつものようにラッカー系筆塗り。
暑くなってきたので、リターダー入りのうすめ液を混ぜて塗装。

もともと持っててパチ組みして置いていた旧ザクの腕。
バンダイの別売りハンドを組み込んで、手首には蛇腹を追加。
IMG_7888.jpg
この蛇腹は、曲がるストローの曲がる部分。
プライマーを塗って黒で塗装したらピッタリ。
もともと黒いストローがあったらもっと良かったなぁ。

肩に差し込む棒の太さがザクの肩に合わないので、
直径3〜5mmのテーパー付きプラ棒に置き換え。
だいたい4mmくらいが合うみたいです。
IMG_7892.jpg
ちょっと肩広気味に腕を装着。

足の裾は、MGのフレームを活かして
外板が足りない感じを表現。
IMG_7895.jpg
アルミの針金を這わせてMr.メタルカラーのブラスで塗装。
放熱パイプのつもりにしました。

シールドにはタイル状のスジボリ。
IMG_7902.jpg
いつものように画鋲で掘り込みました。

ハイキューパーツの細かめのデカールを選択。
IMG_7996.jpg

シールドに刻んだタイル一枚一枚にすべてデカールを貼りました。
IMG_7998.jpg
スペースシャトルの耐熱タイルの雰囲気を意識しています。

少し明るい青でドライブラシ。
IMG_8002.jpg

うすめ液をちょっとつけた筆でデカールの部分だけこすって、マーキングを復活。
IMG_8005.jpg
狙っていた雰囲気にかなり近づきました。

手持ち武器を自作。
IMG_8006.jpg
小さめのガトリング砲にグリップを付けて、
マガジンとして初期型ガンタンクの余りパーツを装着。
タミヤ1/35ソミュアなどのジャンクパーツでデコレーションしました。

最近貴重になっているMr.メタルカラーのダークアイアンで塗装して手磨き。
IMG_8012.jpg

全身にデカールを貼って、完成としました。
間に他のキットをいくつか組みましたが、珍しく時間がかかりました。
IMG_8111.jpg

量産型ゲルググの最終ロット、というつもりで、
部品が足りないのをごまかしつつ組み上げた機体にしました。
IMG_8112.jpg
系統的に先祖に当たるザクIの腕を装着。

裾は外板が間に合わずフレームが丸見え。
IMG_8113.jpg

シールドは耐熱タイルを貼りあわせた構造。
IMG_8114.jpg
縁はMr.メタルカラーのブラス。

手持ち武器は、たぶんビーム兵器は不足してただろうということで
ありあわせ感を出してみました。
IMG_8116.jpg

ちょっとコレ以上手を入れるアイデアが浮かばないなぁ、というところで
一応終わりにしました。
何か浮かんだらまたいじるかも?
このところスケールモデルをたくさん作っているのですが、
パーツがずいぶん余るもんなんですね。
あと、飛行機の増槽とかミサイルはあまり付けないで作るので、
そういったものもたくさん余ります。

で、着手。
IMG_8105.jpg
1/48のムスタングのドロップタンクと、1/48アキリーズの余った転輪で
小さいレーシングカーを作り始めました。

ちょちょいのちょいでできあがり。
IMG_8107.jpg
タミヤの動物セットのこぶたさん向けの車です。

昔のインディーカーっぽいカラーリングにしました。
IMG_8108.jpg

「ドロップタンク」「レーシングカー」で検索すると
そういうものの本物の写真が見られると思いますので、
ぜひ探してみてください。
IMG_8109.jpg
レコードブレーカーだったのかな?
どちらかというとP-38のものを使ったのが有名らしいです。

おおきいぶたさんと一緒に。
IMG_8110.jpg
金色の代わりにMr.メタルカラーのブラスを塗るのが
最近のお気に入りです。

タミヤの動物セットをまた仕入れましたので、
思いついたらまた何か作ります。
新発売の輸入キットです。
モンモデル(MENG MODEL)の新シリーズ「モンキッズ」。
デフォルメされた軍用機です。

3種類出たのですが、これを選びました。
IMG_8073.jpg
つや消しのちょっと高級感のある箱に入っています。

地味な工夫がすごいなーと思ったのがこの袋。
IMG_8074.jpg
点線状に封入してあって、手で引っ張るとぱりぱりっと簡単に開けられます。
耳がギザギザとか、ハサミがないと開かないのとか、
いつまでも使ってたらやばいっすよ日本。

迷彩部分と窓枠の裏、主翼の裏の縁は筆でざっと塗ったのですが、
1時間ちょいで完成しました。接着剤いらず。
IMG_8075.jpg
ゲート処理はちょっとの手間なので、できるならしたほうがいいです。
黒いパーツだったらマジックでちょんって塗るだけでもOK。
プロペラは折れやすいので気をつけてください。

マーキングはザラザラのシールでした。
よーくこすると目立たなくなります。
狭いところに貼るのがちょっと難しかった。
IMG_8076.jpg
操縦席の窓枠とクリアパーツが別になってるのがミソですね。
「今日はしんどいから晩御飯はお茶漬けでいいわ」っていう気分のときに
作りたくなるキットだなぁと思いました。

あと、気が利いてるなぁと思った点、もうひとつ。
IMG_8079.jpg
完成品が箱にピッタリ入りました。地味に嬉しい。
連続で戦車を製作。

今月こんなニュースがありまして、
状態のいいパンターが見つかって、写真がいろいろ

あぁこれは作らんといかんですね、と。

さっくり入手。
IMG_8058.jpg
ハセガワの1/72 パンター(パンサー)G型です。

ニュースの写真を参考に、サンディブラウンと白を中心に
それなりに混ぜて作った色を塗りました。
IMG_8059.jpg

2時間ちょっとくらいで完成。
IMG_8064.jpg
予備履帯は付属のゴムのんを使いました。
安上がりに済ませてすいません。
コマ数だけは合ってると思います。

排気管の形が違うので、5mmプラ棒とWaveの銀色リベットで
それっぽく作りなおして黒く塗りました。
IMG_8069.jpg

砲塔後部ハッチのところは、砲塔に穴を開けてプラ材で金具を追加。
ニュース映像と同じように開いた状態にしました。
泥除けの破損部分も同じ場所に。ささやかな工夫。
IMG_8070.jpg

誰か1/35でもっとすごいの作ってくれないかなー、と勝手に希望。
「平面多めの戦車作りたいなー」ってときありませんか。
そんな時のために、よく知らないまま買ってしまったこのキット。
IMG_8019.jpg
油断してたらえらい目にあった。
まさか屋根がないとは知らなかった。

でも、その分塗装する部分が多くてお得、とポジティブに解釈。

「戦車は組んでから塗ったほうが楽」とは言われるのですが、
特にこの子は中が丸見えなんで、他のキットのようにランナー塗りしました。
IMG_8020.jpg

転輪のパーティングラインを真面目に削って・・・
IMG_8021.jpg

サスペンションを組み立て。
IMG_8022.jpg
なんだかバイクが並んでるみたいです。

下回りがほぼ組み上がりました。
IMG_8038.jpg
白いところはホンマに見えますんで、まじめに塗りました。

塗り分けがちょいと面倒な砲弾ラック。
IMG_8039.jpg

まじめに塗った甲斐があって、
色彩的にいいアクセントになりました。
IMG_8040.jpg

組みやすいキットで、あっというまに形になりました。
IMG_8045.jpg
説明書と違って、塗装の時に壊しそうな小さいパーツは後回しで。

「カラーモジュレーションもどき」を筆塗りでやってみました。
IMG_8046.jpg

基本色、基本色+白、その間、の3色を用意して
適当にがしゃがしゃ塗りました。
IMG_8047.jpg
いつも私が飛行機でやってるボカシ塗装と似たような塗装になりました。

ウェザリング、小物装着、デカール、もう一回ウェザリング、で完成。
4〜5時間くらいの作業で出来上がりました。
IMG_8049.jpg

前に装着してる予備の履帯と転輪は新品っぽく塗りましたよ。
IMG_8050.jpg

中が丸見えでなかなかかっこいい。
IMG_8051.jpg

もうちょっとアップで。
IMG_8052.jpg
砲身を動かすと、中の装填する部分が連動して面白いです。

結構お買い得なキットなので、よかったらお一つどうぞ。

| ホーム |


 トップへ戻る