おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
前々から気になってたので買ってみた「流星改」。
久しぶりのフジミの飛行機です。
IMG_9062.jpg

いつもの塗り方で。
IMG_9063.jpg
コクピットの内部は椅子も含めて青竹色で、という指示だったんですが、
それなりにところどころ違う色を使うことにしました。

明灰白色と濃緑色でハケ塗りして、組み立てて、
タッチアップして、デカール。
IMG_9074.jpg
今回は半ツヤの缶クリアーを吹きました。

飛行機だけだと寂しいので、このセットから日本兵を選びます。
IMG_9088.jpg

海軍のパイロットさんがもう一人欲しいので、こちらも。
IMG_9095.jpg

Mr.カラーで塗装して、墨入れ。
靴とゴーグルのレンズにはエナメルのスモークを重ね塗りしました。
IMG_9096.jpg

モデルカステンのストレッチリギングで張り線。
「どこから接着するか」っていうのを考えるのが難しいですね。
IMG_9099.jpg
瞬着を使うときには、キャノピーは軽くマスキングして保護しました。

流星改を上から見たところ。
IMG_9107.jpg
付属のデカールはすごく貼りやすかったです。
今回は水で十分でしたが、また寒くなったらぬるま湯のお世話になると思います。

松山空港の南側で撮影。この日はいい天気でした。
IMG_9113.jpg

先ほどのフィギュアと、以前作ったくろがね四起と一緒に。
IMG_9114.jpg
この9月は飛行機が多かったですが、来月は戦車も作る予定です。
スポンサーサイト
今年の5月に製作したものなんですが、ブログにまだ載せてなかったのでご紹介。

当時の新製品、ガンタンク初期型。
IMG_7420.jpg
お店の人に「絶対これ買いに来ると思ってました」って言われちゃった。

まずは説明書通りにちゃかちゃかと組み立て。
IMG_7422.jpg
砲身に合わせ目ないし、あっというまに組みあがります。
この状態で十分遊べます。

が、私はここにプラ材でいらんものを追加していきます。
IMG_7426.jpg
直径の違うものを混ぜるのがミソ。

本体と同じような雰囲気で塗装してなじませました。
IMG_7432.jpg

回転部分(ちゃんと回せるよー)の中心には
モーターっぽいものをつけて、なんちゃって配線。
IMG_7444.jpg

港のでっかいクレーンみたいにいっぱい糸を使いました。
IMG_7450.jpg

タイトルは「ガンタンクB・W・E」。
「バケットホイールエクスカベータ」の略です。
先っちょの回転部分で鉱石を削りとって、
中の四角いパイプを通して回収する、という形にしました。IMG_7449.jpg
指は金属スプリングにアルミ針金を入れて、
ゼリー状瞬着で先を丸くしました。

工作時間は一泊二日。
1/144ですが、今まで作ったガンプラで一番大きくなったかもしれません。
よくできたキットなので、みなさんもよかったら重機に改造とか
いろいろやって楽しんでみてください。
Twitterで「全日本32ヒコーキの会」というのが始まりまして。
1/32スケールの飛行機を作ろう、というイベントです。

締め切りは来年の3月2日なのですが、面白そうなのでさっくり買ってしまいました。
IMG_8931.jpg

せっかちなので買ってあまり経たないうちに着手。
IMG_8932.jpg
デカールが少なくて大きい。すごい威圧感(笑)。

箱絵と同じカラーリングにしたいのですが、
お腹の黄色い帯はマスキングして塗装することにしました。
IMG_8933.jpg

ランナーに付いたまま平筆でハケ塗り。
この段階ではまだ黄色がムラムラです。
IMG_8934.jpg

7回くらい塗り重ねたら、黄色がいい感じになりました。
IMG_8936.jpg

エンジンカウルのシマシマは、デカールが付属してたんですが
色が違うし曲面に貼りにくいし、ということで
一発勝負で筆塗りしました。
IMG_8944.jpg
めんどくさいので、ここはマスキングは無し。

塗装して組み立ててデカールを貼ったら、この通り。
IMG_8945.jpg
今回は鮮やかな色と大きさだったので、墨入れの類は一切しませんでした。

モデルカステンのストレッチリギングを使って、
瞬着で張り線して、できあがり。
IMG_8965.jpg
(あとから考えると、ゼリー状瞬着の方が作業が楽だったかな?)

1/32用でなく1/48用を使いましたが、おかげで巨大感が出たかも。


二泊三日で8時間くらいの作業でした。
ほんとにでかくて大満足。
IMG_8967.jpg

せっかくなので、1/32のミナミさんフィギュアを添えてみましたよ。
IMG_8972.jpg

1/32の飛行機の中では小さいほうだと思いますが、
ひとつひとつの部品が大きいプラモデルは作業が面白かったです。
今年はモデルグラフィックスが、三号連続で付録付き。
全部揃えると、トムキャットが出来上がる、という内容です。
IMG_8767.jpg
スケールアヴィエーションには武装セットがついてました。
(注:こっちは今回使っていません)

1/72の飛行機は慣れてるから・・・となめてたら大変。
すごく細かくて、コックピットの製作だけで一晩かかってしまいました。
IMG_8772.jpg
コンソールに貼るデカールだけで十数枚。
できあがってみると納得の内容。

シートベルトは別売りのものではなく、
塗装したマスキングシートで仕上げました。

「こりゃ一週間かかるかな・・・」と覚悟してたんですが、
機体の製作にとりかかると、すすすすすっと進みました。
IMG_8780.jpg
(一部後ハメにしたところがありますので、
 この写真は参考にしないでください)

D型なんだけども、イラン空軍のA型の色にしたかったので、
まずはサンディブラウンでハケ塗り。
IMG_8782.jpg

ガンダムリアルタッチマーカーで、迷彩の下描き。
IMG_8785.jpg

ウッドブラウンとダークグリーンで迷彩パターンを塗りました。
IMG_8788.jpg

付属のデカールで、共通してるものをペタペタ。
IMG_8790.jpg

国籍マーク&国旗はエーワンの自作デカールを利用しました。
IMG_8794.jpg
使う枚数の倍くらい印刷しておいたほうが安心です。
念のため、ちょっと違うサイズのものも印刷しておきました。

デカール貼ったら、ほぼできあがり。
IMG_8795.jpg

一応の完成・・・。奥はハセガワの凸モールドのF-14です。
IMG_8797.jpg

雨がふる前に、松山空港で撮影。
IMG_8798.jpg

だんだん秋っぽくなってきました。
IMG_8807.jpg

Facebookで「もっと汚したほうがいいよー」って
外国の方からアドバイスを頂いたので、
タミヤエナメル白と、Mr.ウェザリングカラーの
グランドブラウンで汚しました。
IMG_8831.jpg

ちょっと汚しすぎたかなー。なかなか加減が難しいです。
IMG_8833.jpg

そんなわけで、3泊4日の作業でした。
IMG_8834.jpg
やっぱりトムキャットは理由抜きでかっこいいです。満足。

| ホーム |


 トップへ戻る