おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
今月、バンダイからダンバインシリーズのプラモデルが再販。
前からドラムロを作りたかったので、小さい方を一個買ってきました。
IMG_9394.jpg

今回は塗装せずに一気に組み立て。
IMG_9395.jpg

あれー、こんなに小さかったっけ。
IMG_9396.jpg

で、途中の写真を撮ってないんですが(ごめんね)、
手足がくっつかないようなポーズにして全体に
・黒サフ
・半ツヤクリアー
・白サフ(ふんわり)
を吹いて、軍用機系のグレーで筆塗りしました。
墨入れにはMr.ウェザリングカラーをジッポオイルで薄めたものを使いました。
ぜんぜん割れなかったよ!

で、プロポーションなどは一切弄らず、完成。
IMG_9402.jpg

米軍機のデカールをぺったぺたと貼りました。
IMG_9403.jpg

「米軍が鹵獲したドラムロ」という感じにしました。
詳しい話は考えてませんが、それぞれ自由に解釈していただけたらと。
IMG_9405.jpg

1/72っていうスケールが、飛行機キットと並べるのに
ちょうどよかったです。
IMG_9406.jpg

「ダンバインの旧キットはプロポーションが・・・」と言われますが、
この子はなかなか愛着のわく作品になりました。
スポンサーサイト
先日のIII号戦車に引き続き、今度はM4A1シャーマンです。
IMG_9354.jpg
同じスケールの初期型を去年作って以来、2両目のシャーマン。

今回の新兵器。ハイキューパーツのDPボトルです。
IMG_9355.jpg
ここにMr.カラーの薄め液を入れて、
筆塗りの時のちょっとした補充に使います。
お店の人の話だと、ラピッドシンナーなどの
強い液体は入れないほうがいいんですって。


オリーブドラブとジャーマングレーで筆塗り。
IMG_9356.jpg
転輪は、プラ棒に両面テープで留めて、まとめて黒い部分を塗装。

2種類の転輪が入っていたのですが、
現地で「あるもんで修理した」風に、2種類混ぜて装着しました。
IMG_9357.jpg
当時、実際にそういう車両があったようです。

フック類などの細かい部品は後回しに。
IMG_9359.jpg

デカールを貼ってクリアーで保護したら、
別売りの「ジェリカンセット」からバッグ類を選んで、
カーキで塗装して接着。
IMG_9360.jpg

細かいパーツをつけたら完成です。
Mr.ウェザリングカラーを中心に使って汚しました。
IMG_9367.jpg
前のフェンダー間に板を渡して、予備の転輪を2つ載せました。
フューリーに出てきた車両のまねっこです。

バッグ類は瞬間接着剤で接着して、
最後に茶色い手芸用の糸をロープに見立てて巻きました。
IMG_9368.jpg
キットに「機関銃」が2個入っていたので、
1個は予備のつもりで荷物に混ぜました。

奥は1年前に作った「初期型」。
IMG_9369.jpg
当時はエナメル系塗料でウェザリングしましたが、
Mr.ウェザリングカラーでも同じような雰囲気にできたと思います。
今回はツヤを抑えめで仕上げました。

1/48の戦車は、これで4両目。
IMG_9372.jpg
お手軽価格・お手軽サイズなので、また何か作ろうと思います。
1/48の戦車作りたいなー、っていうときに
「3号戦車」「シャーマン」っていうリクエストがあったので、
両方買ってきちゃいました。

で、まずはIII号戦車L型の方から。
IMG_9304.jpg

「戦車も塗ってから組む人」なので、ダークイエローを塗ってから、
転輪類は片側だけ切り取ってもう片側に接着。
こうすると次の作業までに失くしにくいのでこうしています。
IMG_9305.jpg

履帯は分割されたものを接着する方式。
先にジャーマングレーで塗装しておいたものを組みました。
IMG_9306.jpg
特に問題もなく、流し込み接着剤でくっつけながら組み立て。
塗料と接着剤で手がベトベトになりますが、気にしない。

がっちゃがっちゃ組んだらこんな感じ。
IMG_9307.jpg

後で茶色っぽい色で汚す予定なので、それに合わせて
「青っぽい黄色」(?)のミドルストーンで明るくしました。
IMG_9308.jpg

後ろからは、こう。
IMG_9309.jpg
あとから細かいところは塗り直しがいろいろ。

ウェザリングして、つや消しクリアーを吹いて、完成。
IMG_9311.jpg

ウェザリングの内容は、ざっくり書くと
・茶色系でスミ入れ
・ラッカー系のジャーマングレーをスポンジでポンポン
・ラッカー系のレッドブラウンをスポンジでポンポン
・Mr.ウェザリングカラーのさび色、泥色で汚し
です。
IMG_9312.jpg

なんだかんだでエナメル系塗料を使わずに仕上げました。
ちょっと汚すぎたかなぁと思ったけど、概ね好評でありました。
IMG_9313.jpg

今年のはじめくらいに作った同スケールのケッテンクラートと一緒に。
IMG_9314.jpg
このときはエナメル系塗料で汚したんですが、
汚すのに使った素材が違っても、
あまり意識せずに近い仕上がりにできたのでよかったなぁ。
よく行く模型屋さんに在庫があったので、思い切って購入。
IMG_9225.jpg
このキット、入手が難しくなっているようですね。

パイロットさんが2人付属していました。
IMG_9228.jpg
1/48の大きさだとそれなりに塗りがいがありますね。

マスキングテープで固定しながら、
流し込み接着剤で貼りあわせ。
IMG_9238.jpg
30分から1時間くらいで十分削れる状態になります。

2日目には士の字になりました。
IMG_9241.jpg
特に下面など、貼り合わせるのが難しいところがありました。

T-4とBAeホークはこうやって立てて乾燥させられるのです。
IMG_9242.jpg

オレンジのところはデカールは使用せず塗装しました。
IMG_9246.jpg

ちょっとだけディディールアップ。
IMG_9250.jpg
エンジンノズルの周りの黄色い輪っかを厚紙で自作。
ノズルはステンレスで塗装して、マーカーで青やけに。

デカールは貼ったものに印をつけながら、順調に進められました。
ほぼ失敗なし。
IMG_9252.jpg

2泊3日で完成。
できあがったら夕方になりました。
IMG_9253.jpg

以前作った1/72と一緒に。
IMG_9255.jpg
模型で同じ機種を並べると嬉しいですね。

今回も筆でハケ塗りしたんですが、随分塗膜を薄くできるようになりました。
IMG_9262.jpg

前回の1/72とグレーの配合を少し変えました。
IMG_9263.jpg
実物を見たことのある奥さんによると、今回のグレーは出来が良いそうです。

翌日、夕焼けが綺麗だったので海岸に持って行きました。
IMG_9280.jpg

風の強い日で苦労しましたが、大満足。
IMG_9285.jpg
あまり大した工作とかできないので、
写真を撮るまで、が私の作品と思っていただけると嬉しいです。
急にもりもりっとアイデアが浮かんだので、すぐ着手。
夕方にプラ板の工作を始めました。
IMG_9204.jpg
手元にいっぱいあったので、0.5mm厚を使用。
自分がいちばん使いやすい厚さです。

流し込み接着剤と瞬間接着剤でざくざくっと組み立て。
IMG_9206.jpg
曲面部分も瞬着を使えばなんとかなっちゃいます。

夜の時間も使って、2時間位で完成。
IMG_9207.jpg
タイトルは「2CV+」。
2馬力ちょっと、っていう意味です。たぶん発音は「ドゥセボプリュ」。
馬が2頭ベルトの上で走って、ぶたさんが操縦する仕組み。

シトロエン2CVを意識したので、おしりはこんな感じ。
IMG_9209.jpg

というわけで、また仲間が増えました。
IMG_9210.jpg
運動不足解消のために自転車にちょっと乗ったり
プールで歩いたりしているのですが、
先日プールのついでにリサイクル屋さんを覗いてみたら、
こんなキットがありましたよ。
Talbot Lago 4.5L Grand Prix。大昔のレーシングカーです。
IMG_9129.jpg
せんえんちょっとぐらいで手に入ってしまいました。
運良すぎ。

中身はこんな感じ。全部揃ってました。
IMG_9130.jpg

さっそくその日のうちに製作開始。
IMG_9134.jpg
まずはエンジンから。
プラグコードはストレッチリギングで工作しましたよ。
ちょっと細いかもしれませんが、雰囲気は出たと思います。
細切りにしたマスキングテープを巻いて、着色。

エンジンとフロントサス周りを組んだ時点で、
ボディーに合わせてみました。
IMG_9137.jpg
なかなかキッツキツでした。

コクピットとかも地道に組み立て。
IMG_9139.jpg
色については、説明書だけでなく、
近い車種のカラー写真を参考にして、それなりに塗ってみました。
金属の質感を分けたり、ヘッドガスケットを塗りわけたり。

デカールは黄ばんでいたのですが、半日干したら真っ白に。
IMG_9140.jpg
後でぬるま湯を使って無事に貼ることができました。
あかんかったらデカールを自作しようと思っていたので、
一手間省くことができました。

ボディーはMr.カラーのスカイブルーをハケ塗り。
色を濁らせないことを再優先にしつつ、
雰囲気もそれなりに良くなりそうな色を選びました。
IMG_9142.jpg

パテは全く使わず、約1日で完成。
上面の合わせ目は瞬着で埋めてヤスリがけです。
IMG_9144.jpg
エキゾーストパイプはMr.メタルカラーのステンレスを使用。

エアインテークは本体色で塗りました。
IMG_9145.jpg
(説明書では「銀」でしたが・・・)

外で撮影しましたよ。
IMG_9176.jpg

タミヤのラリーメカニックセットから一人持ってきて組み立てました。
IMG_9180.jpg
服装が新しい時代のものですが、ヒストリックカーのイベントかなにかと
思っていただければ、と思います。

パーツの合いが割と良かったので、
こうやってエンジンフードを載せたり外したりできるのがうれしいところ。
IMG_9181.jpg
葉巻型以前のレーシングカーのキットはなかなかないので、
貴重な体験になりました。すごく組み立て&塗装が楽しかったです。

| ホーム |


 トップへ戻る