おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
Twitterで「みつあしコン」というのが開催されておりまして。
三本足のオリジナルメカを作ろう、というものです。

うんうんと数日考えて、一つ作ってみましたので、ご紹介。

製作開始・・・。
IMG_0132_20151229230008861.jpg
ジャンクパーツを前に唸ること数十分。

プラ材で治具を作って、同じ形のトラスを6本作りました。
IMG_0133.jpg

主に
・バイコヌールのジオラマなどで余ったスペースシャトル
・1/24の車の直6エンジン✕2
・シャーマンなどの戦車の転輪
を使って、ばきばきと組みました。
IMG_0141.jpg

後ろから見たところ。
IMG_0142.jpg

で、サフで色を統一。
IMG_0144.jpg
実はサフを吹くときに、玄関の前で落っことして
一度バラバラになってしまいました。
それでもめげずに修理して、この姿。

ざざざっと塗装して、デカールを貼って、できあがり。
IMG_0146_2015122923005055f.jpg
なんやかんやで半日ほどの作業でした。

名前は「Kudan3/4」。牛の妖怪の名前からもらいました。
3本足の牛だから、4分の3。
IMG_0148.jpg

後ろから。
IMG_0149_20151229230053412.jpg
黒っぽいところはダークアイアンで塗って磨いて、
8番銀でかるくドライブラシ。

上から見たところ。
IMG_0151_201512292300558ef.jpg
揃っているようで揃っていない装甲がお気に入り。

せっかくなので説明図を作りました。
kudan.jpg

たぶん今年最後の作品になりそうです。
去年は132個、今年は131個になりました。
お正月休みは飛行機か何かを作ろうと思います。またよろしくね。
スポンサーサイト
ひさしぶりの小ネタ集です。

Twitterでウスターソースのビンの改造をやってたので
こちらはとんかつソースでひとつ作ってみました。
IMG_9976.jpg

TSC(とんかつソースキャリア)「ムリヤ」です。
IMG_9977.jpg
仕様キットはハセガワのYS-11。製作から撮影完了まで1時間。

気まぐれでちょいちょいこういう小さいキットを買います。
SWEETのハリケーン。
IMG_0095.jpg
軽い食事みたいな感覚でちょいちょいと作りました。
真面目な色で塗りましたよ。

スターウォーズのEP4をTVで見たので、
X-wingを買いました。
IMG_0123_201512271404264db.jpg
で、最近ケーブルテレビで見た「633爆撃隊」のイメージで塗装。



「633爆撃隊」は飛行機が谷間を飛んで敵の基地を攻撃する映画です。
よかったらググってみて下さいまし。
IMG_0122_20151227140425101.jpg

なんやかんやで今年も作品数が130に達しました。
来年こそはちょっと減らしてゆっくり作るぞ。たぶんね。
私はあまり「積みプラ」というのがなくて、
その代わりに最寄りの模型店の在庫をそれなりに憶える、
ということをしています。
もちろん売れてしまって「あーあ」っていうこともありますが・・・。

で、いつでもいいかと思っていたもののひとつが、これ。
タミヤのシーハリアーです。
IMG_0051.jpg
とても長く売られているキットです。
フォークランド紛争のころからではないかしら?
(詳しい方おしえてください)
でも、次のスケールアヴィエーションがハリアー特集なので、
これは買っておかんとなくなってしまうのではと思って買ってきました。

あと、気になっていたタミヤの新製品。
IMG_0052_2.jpg
タミヤの流し込み接着剤は愛用しているんですが、その速乾タイプが出ました。
そのテストも兼ねて、製作開始です。

接着剤については、結論から言うと
・作業は確かにスピードアップできる
・臭いはちょっとキツめ(ツールクリーナーっぽい)
でした。

胴体を持った感触が「さつまいも」。
翼をつけたらちゃんと飛行機になりました。
IMG_0053.jpg

上面色はMr.カラーの「エクストラダークシーグレー」を買いました。
IMG_0054.jpg
ちょっとだけ青みを足してみましたが、足さなくてもよかったかな?

上下色の境目にマスキングテープを貼って上面色をハケ塗り。
下面色は、上面色と未塗装面の段差を利用してハケ塗りしました。
IMG_0056.jpg

組んだり塗ったり、でこのとおり。
IMG_0059.jpg

半ツヤクリアー缶を吹きながらデカールを貼ったら、できあがりです。
IMG_0061.jpg

今回はあえて改造・ウェザリングをせずに1日で組んでみました。
古いキットだし凸モールドだけど、雰囲気はいいかも。
長さ30cmくらいのボリューム感も嬉しいです。
IMG_0064.jpg
デカールはちょっと固くて、横の国籍マークがちょっと苦労。
マークソフターを塗ってむりやりなじませました。

恒例の屋外撮影。
IMG_0078.jpg

「ハリアーらしい角度」はこうかな?
IMG_0080.jpg
「えっこれ部品1個なの」みたいな驚きがありますので、
未体験の方はぜひ一度手にして組んでみてはいかがでしょう。
久しぶりに軽く戦車を作りたいなー、と思って
最寄りの模型店で見つけたのがこのキット。
IMG_0018.jpg
KV-2の後期型です。
900円位で買いましたが、中身は大昔の250円のキットと同じだそうです。

成型色ばバリバリの緑。まぁなんとかなるでしょう。
IMG_0019.jpg
戦車兵のフィギュアも付いてましたが、今回省略。ごめんね。

出たっ。
IMG_0020.jpg
このとおりにはせず、瞬間接着剤で無理やりくっつけました。
塗装はプライマー無しでできましたよ。

砲塔のパーツの合いがちょっと悪かったくらいで、特に苦労はなし。
IMG_0025.jpg
履帯のカバー上部の三角の部分は、本当は穴があいているので
ニッパーで切り取ってから薄いプラ板を貼り付けました。
ちょっとしたディテールアップですが、効果絶大。

Mr.カラーのロシアングリーン(2)をちょっと明るくしたもので
全体を塗装して、いろいろ味付けしたらできあがり。
IMG_0026_.jpg

細かいことを気にしなかったら一日でできますよ。
IMG_0027.jpg

大きさ比較。
IMG_0029.jpg
1/72とか1/76の戦車は机とか本棚のすきまに
ちょいと置いておくと和むなぁと思います。
お手元にあったらぜひ組んでみてください。
タルコフスキー監督のSF映画に「ストーカー」というのがありまして。

うちの奥さんが一番好きな映画です。
私も時々見ています。

この映画のジオラマを作ったのですが、工程の説明がちょっと長いので
先に完成写真をお見せします。
00_2015121710193045c.jpg
主人公で案内役の「ストーカー」と、科学者、作家の三人が
エンジン付きのトロッコで「ゾーン」と呼ばれる謎の場所に向かうシーンです。

使った素材はこんな感じ。
01_2015121710193170c.jpg
座ったフィギュアが欲しかったのですが、
ちょうどよさそうなのを店頭で見つけました。

ベースの制作。
02_20151217101932c68.jpg
このダイソーのディスプレイケースはスチロール樹脂なので、
プラモデル用の接着剤が使えました。プラ板でおおまかな形を作って、
竹串をちぎったものを散りばめて粘土がつきやすくしました。

粘土を盛り付けたあと、砂利を押し付けて、
黒いアクリル絵の具と木工用ボンドを混ぜたものを塗りました。
03_20151217101934c98.jpg

このまま2日くらい待ったほうがいいのですが、
私はせっかちさんなのでプロ用の瞬間接着剤をふりかけました。
04_20151217101935f28.jpg

アクリル系塗料のバフなどを中心に塗って立体感を出し、
Mr.ウェザリングカラー(毎度言いますけど名前が長い)で味付け。
06_201512171020039da.jpg
線路はエバーグリーンの工の字のプラ棒を切らしてたので自作。

情景用の緑(とても臭い)をペタペタ貼り付けたら、こんな感じ。
07_2015121710200529d.jpg
後で鋭い草を画用紙で作って追加したり、色を整えたりしました。

エンジン付きトロッコの製作。
09_2015121710200662d.jpg
模型屋さんであらかじめ、鉄道模型用でいろいろ探したのですが
大きめの車輪にちょうどいいのがなかったので、
1/48のシャーマンの余った転輪にプラ板を貼り付けて削りました。

軸をつけて置いてみたらこんな感じ。
10_20151217102008d34.jpg
ちなみに枕木は無しで。このあたりの映像ではほとんど見えなかったので。

本体は針金と迷ったんだけど、2mm丸プラ棒を
ライターで炙りながら一発勝負で加工。
11_20151217102010b66.jpg

プラ材やジャンクパーツを貼り付けたら、できあがり。
12_20151217102028d75.jpg

一応、フィギュアの下半身だけを先に組んで、
サイズの確認をしながら作りました。
14_20151217102030286.jpg

がーっと塗装。Mr(以下略)。
15_2015121710203151e.jpg

フィギュアの上半身も接着。
みんなが同じ方向を見るようにしました。
IMG_0003.jpg
本体は1/35なのですが、頭だけはプライザーの1/32。
役者さんだから頭が大きめでもいいでしょう。
あと、プライザーのフィギュアは顔がとても良く出来ています。

仕事したり家事したりの合間に作業して、約1日で完成しました。
IMG_0006.jpg

全体の幅は15cmくらいです。
IMG_0007.jpg

大きさ比較の写真。
IMG_0008.jpg

だいぶ省略したんですが、雰囲気は出たのではないかしら。
IMG_0009.jpg

ちなみにこの人はすごくそっくりになりました。
IMG_0013.jpg

そんなわけで、今年の奥さんへのクリスマスプレゼントは、
「この映画のジオラマを作るということ」になりました。
えらく喜んで写真撮ってましたよ。よかったよかった。
今年もスケールアヴィエーション誌の「SAコン」に参加しました。
結果発表が誌面にてありましたので、作った時のことを思い出しながらご紹介。
去年に引き続き、今度は「アイディア賞」を頂きました。ありがとうございました。

選んだキットはハセガワの1/72パンサーです。
2機組むことにしました。
IMG_7062.jpg
エアレーサーということにしたので、パイロットさんは派手目に。

ノーズの機銃はタミヤの白パテで埋めて滑らかにしました。
IMG_7063.jpg
エアレーサーだから武器はいらないのです。当たり前か。

飛ぶ距離も短いという設定で、翼端のタンクは取り払いました。
IMG_7064.jpg
ちょっともっさりしたかわいい飛行機になりました。

当時(作ったのは4月です)新発売だった、曲がるマスキングテープ。
IMG_7065.jpg
普段あまりマスキングはしないのですが、なかなか便利でした。

脚は格納タイプをやめて、固定脚にしました。
IMG_7068.jpg
積層プラ板を削って、それっぽく。
並べてプラ棒に瞬着で接着して、リューターで整形。
あとで車輪の見えている部分だけを追加しました。

わりとあっさり目で製作して、海のそばで撮影。
kimura1.jpg

実在の企業ロゴは使わないほうがいいかなー、と思ったので、
それっぽく動物なんかのデカールを見つけて貼りました。
kimura2.jpg

自作した脚の華奢な感じはちょっとお気に入りです。
kimura3.jpg
トラクターは以前作った1/72のもの。

一番撮りたかった写真はこれ。
パイロンの間をすり抜けるシーンです。
kimura4.jpg
(細かいことを言うと水平のほうが多分正しいのですが、
 まぁいいじゃないですか・・・)

で、そのパイロンなのですが、実は流用品。
IMG_9939.jpg

折りたたみのできる、布製の三角コーンをそのまま使ったのでした。
IMG_9940.jpg
ホームセンターでこれを見つけた時は声が出そうになりました。

毎年こういう「お祭り」があるのは楽しいですね。
来年も参加したり、他の方の作品を拝見するのが楽しみです。
変な気候が続く今年の12月です。
体調崩したりしてませんか。私はちょっと腰に来てます。

土曜日にとっても暇になってしまったので、
小さいジオラマを作ることにしました。

木工用ボンド(速乾)、黒のアクリルガッシュ、100均の砂利。
IMG_9928.jpg
これをぐるぐるまぜて・・・

MDF材にマスキングテープで壁を作って、流し込み。
IMG_9929.jpg
そういえば、マスキングテープをマスキングに使うことがあまりないなぁ。

※このベースは、乾燥が待てなかったので
瞬着(プロ用のさらさらタイプ)で固めちゃいました。

これは、パワーショベルの先っちょ。バケットって言います。
プラ板でちょいちょいっと作りました。
IMG_9930.jpg
1mm厚は柔らかくて切りやすいウェーブ製のプラ板、
0.5mm厚はゆがみにくいタミヤ製のプラ板を使って
瞬着と流し込み接着剤で貼りあわせて製作。

2時間かからず、できあがり。
IMG_9931.jpg
タイトルは「雨やどり」。

昨日、車で買い物にでかけた時に
工事現場でバケットが転がってるのを見かけて思いついたジオラマです。
IMG_9934.jpg
猫は、タミヤのMMシリーズのおまけ。
以前塗装してひげを生やして、
ほったらかしてたのを補修しました。

大きさ比較。
IMG_9935.jpg
あとでちゃんとした台を作ろうかな。

モデルさんはウチの猫。
生まれたころは野良猫だったのですが、
今では家の中だけでこんな風にのんびり暮らしています。
IMG_9937.jpg
近いうちにアオシマのロードスター(NB型)を作ろうと準備しているのですが、
アオシマの車プラモに慣れておこうというのと、もともと好きな車種なので、
というわけでセリカを買ってきました。
IMG_9867.jpg

好みの水色がなかったので、銀色にメタリックブルーを足して作りました。
IMG_9868.jpg
塗るたびにかなりかき混ぜる必要がありました。

ボディーの裏の、見えそうなところは黒サフで塗装。
IMG_9874.jpg

ボディーは小さい平筆でハケ塗り。
IMG_9875.jpg
難しいよ・・・やっぱりメタリックのハケ塗りは難しいです。
ただ、乾燥すると結構ヒケるんだなぁということがわかりました。
今回の収穫の一つ。

内装は思い切って、ほぼ成型色のまま。
IMG_9876.jpg
今年の初めにタミヤのポルシェを作った時と同じです。

窓枠などの金属色部分は、Mr.メタルカラーのステンレスを
面相筆ですーっと塗って、乾いてから綿棒で磨きました。
IMG_9877.jpg
ステンレスは結構光ってくれるので、最近のお気に入りです。

これはテールランプの枠。
IMG_9878.jpg
ニッパーで切るときに変な力がかかって
一部吹っ飛んでしまったので、プラ材で補修しました。
車のプラモデルは細いパーツが結構多いですね。気をつけないと。

そんなわけで、合計3時間ちょっとくらいで完成しました。
IMG_9895.jpg
翌日に太陽の下で撮影。

ついでに、プラ棒でちょいちょいとサイクルキャリアーを作りました。
IMG_9896.jpg
上に載ってるロードバイクは、今年それなりにフルスクラッチした過去作です。

車と自転車の時代がちょっと合いませんが、
古い車も自転車も好きな人がお出かけしてるところ、な写真ということで。
IMG_9897.jpg
今回もかなり適当に作ったのですが、撮影の楽しいプラモデルでした。
課題はメッキパーツのゲート処理かな。またいろいろ考えてみます。
タミヤの1/48 Gloster Meteor F.1です。
大きい割にお買い得なキット。
ひょっとしたら店頭在庫しかないかも?
IMG_9800.jpg
以前、退役してボロボロになった姿を作ったことがあるので、
今度は元気な姿を作ろうと思いました。

で、ついでに買ってきた塗料。
IMG_9801.jpg
この三色で塗ればいい・・・はず。

付属のパイロットさんは脚のランナーを残して
クリップで挟むと塗りやすいです。
IMG_9804.jpg

機体を組み立てて固定した状態。
IMG_9805.jpg
特に組みにくい、というところはありません。

主に400番のヤスリで合わせ目を消して、
消えたスジボリをそれなりに彫り直してこの姿。
IMG_9812.jpg

ペンで迷彩の下描き。いつものやりかたですね。
IMG_9815.jpg

ぺぺぺっとハケ塗り。
IMG_9816.jpg
今回使った塗料は薄め液で3割増しくらいに薄めたのですが、
隠蔽力がすばらしくて塗りやすかったです。

デカール貼ったり脚をつけたりしたら完成。
IMG_9825.jpg
今回はちょっとのんびり目で作ったので、2泊3日の作業でした。

後日、空港のそばで撮影。
IMG_9851.jpg

翼端の黄色いところはデカールがうまくいかなかったので
筆でさっくり塗りました。
IMG_9852.jpg

ミーティアはこの角度がかっこいいんじゃないか疑惑。
IMG_9853.jpg

ハセガワのパイロットセットの人たちと記念撮影。
IMG_9854.jpg
過去に塗装した手持ちのものなので、正確さはちょっとご勘弁。

そしてこちらが今年の前半に作ったサビサビバージョン。
IMG_9857.jpg
(よかったらブログ内で検索してみてください)
同スケールのヤギさんたちといっしょに。

2つ並べてみました。
IMG_9859.jpg

ちょっと話がずれますが、633爆撃隊っていう映画を見たら
モスキートも作りたくなりました。
たぶんそのうちやります。
Twitterに最近アンケート機能がつきました。
で、試しに「FURYっぽいガンタンクってどう?」って訊いてみて、
大多数が「いいと思う」というお答えを頂いたので速攻で作りました。
作業時間3時間の発散系モデリングです。
IMG_9838.jpg

いきなり完成写真。
IMG_9840.jpg
本体色はタミヤのオリーブドラブの缶スプレー。
ちょっと足りませんでした。残念。
なので、Mr.カラーのオリーブドラブでむらむらに塗ってあります。

後ろには1/48の戦車用アクセサリーをちょいちょいと載せました。
IMG_9841.jpg
汚しはすべてMr.ウェザリングカラー。
乾燥がちょっと遅いので、ジッポーオイルで沈殿物を薄めたり
缶クリアーを吹いたりして時間稼ぎをしています。

前にはフューリー号ではガスマスクだったところを、
FGザクの頭にしました。
IMG_9842.jpg
履帯は成型色のままで組んで、
・ウェザリングカラーのステインブラウン
・同じくマルチブラックとサンディウォッシュの混ぜたもの
などで汚して、かるく銀でドライブラシしました。

頭のちょっとしなったアンテナは、
伸ばしランナー+ストレッチリギングです。
IMG_9843.jpg

「戦車っぽいもの作りたいけど難しそうだなー」っていう人には
とてもおすすめのキットだと思います。

| ホーム |


 トップへ戻る