おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
夏が終わるしプラモデルでも作るか(?)と思って、
イタレリのキットを一個買ってきました。
IMG_3061.jpg
ヘリコプター、久しぶりだなぁ。
最近テレビで見た映画「いのちの戦場-アルジェリア1959-」にも出てきたフライングバナナです。

あとで知ったんですけど、このキットは入手難みたいですね。残念。

成型色がすごく暗いグリーンだったので、
本体の外装に缶サフを吹きました。
IMG_3062.jpg

内装はちまちま塗りながら組み立て。
IMG_3065.jpg
この赤い背もたれは、座面の穴に差し込めないので
差し込む部分をちょん切って接着するといいです。
(写真がなくてすいません)
他にもダボ穴が小さくてほじった場所がいくつか。

胴体を貼りあわせ。
IMG_3073.jpg
合いはそこそこ良いものの、左右のパネルラインがつながりません。
ヤスって強引にナイフでつなぎました。

で、今回の事件。
背中の穴にメッシュが必要なのですが、最初見つからなくて
「実機写真見るとほとんどわからないからいいかー」と思ったのですが、
作ってる途中で付属されてたことに気づきました。
IMG_3074.jpg
気づいた時には、胴体はもう貼り合わせ済み。

しかたないので、適当な大きさに切って
ピンセットとスパチュラで押し込んで接着。
IMG_3076.jpg
なんとかなるもんだ。

自作のネイビーブルーをペタペタと筆塗り。
IMG_3080.jpg
慣れると平筆でも窓をよけながらホイホイ塗れますよ。

塗装後、Mr.ウェザリングカラーのブラウン系を中心にウォッシングしました。
よーく見ないとわからないくらい拭き取ってしまいましたけども。

キャノピーは面相筆ですいすいっと。
IMG_3081.jpg

デカールは状態が良かったです。特に問題なく貼れました。
IMG_3083.jpg

だいたい合計6時間位で完成しました。
IMG_3086.jpg

最近はデカールを貼りながらクリアーをハケ塗りして保護しているのですが、
今回はツヤありとツヤなしを混ぜて半ツヤにしました。
薄め液を気持ちだけ足すと塗りやすいです。
IMG_3088.jpg

翌朝、影が長いうちに外へ撮影に行きました。
IMG_3090.jpg

イタレリだから大変、ということはなく、
完成慣れしてたらすいすい組めるキットだと思いました。
IMG_3092.jpg

光の加減でちょっとくすんだ色になるように調色したのですが、
わりと思った通りになったようです。
IMG_3093.jpg

もう一個別の色で組みたいなぁと思ったのですが、
なかなか売ってないのが惜しいです。
持ってたらぜひ組んでみてください。
スポンサーサイト
8月20日に、Twitter上で「プラモタイムトライアル」がありました。
この日は2個作ったんですが、その1個目。

タミヤのF-100です。イタレリ製。
IMG_2958.jpg

コクピットをそれなりに塗装。
IMG_2959.jpg

特に難しいところもなく組み立て完了。
ここまで1時間かかりませんでした。
IMG_2960.jpg

ちょっと濃くなったMr.カラーの8番銀を、延ばすように筆塗り。
IMG_2961.jpg

8番銀に、メタルカラーのアルミやアイアンを少し混ぜたもので塗り分け。
IMG_2963.jpg

デカールを貼って、タミヤアクリルのクリアーを上からハケ塗り。
3時間弱で完成しました。
今回はつやありにしましたよ。
IMG_2964.jpg

エンジンノズルに近い部分は、少し青やオレンジを混ぜて塗りました。
IMG_2987.jpg

後日、空港のそばで屋外撮影。
IMG_3048.jpg
簡単に組める割にそれなりに大きさもあって、満足感の高いキットでした。
「銀色が塗りたくてたまらない」という時にいいと思います。
Peat HarvesterというものをTwitterで知りまして。
これは作らなあかんと思いました。

さっそく素材を準備。
IMG_2906.jpg

ハセガワ1/72グラントは、転輪の数が多いので加工。
IMG_2907.jpg

こうしたいと思う形に組みました。
履帯はジャンクから幅広のものを選択。
IMG_2908.jpg
(支柱は後で形を変えました)

今回の机の前のコルクボード。
IMG_2910.jpg
いくつか形の違うものがあったようですね。

方眼付きのプラプレートはとても使いやすいです。
こういうものは、だいたい図面を引かずにいきなり作るのですが、
方眼が描かれているとさらに作業が楽に進みます。
IMG_2917.jpg
内側は短く切ったプラ棒で補強しています。
プラ板同士が直角なところは角棒、そうでないところは丸棒+瞬間接着剤。

リブのような部分は1mm角プラ棒をひたすら接着しました。
IMG_2920.jpg
上部の手すりは、真鍮線、1mm丸プラ棒、伸ばしランナー。

サフを吹いて、全体の色をリセット。
IMG_2934_20160819115817a90.jpg

ダダダッと筆塗りして、ウェザリングして、約1日で完成。
IMG_2938_2016081911581928c.jpg

翌日、裏の畑で撮影しましたよ。
IMG_2942.jpg

奥さんからは「ジオラマにしたらいいんじゃない?」と言われたのですが、
とりあえずこのまんまで遊ぼうと思います。
IMG_2943.jpg
夏はちょっとこってりしたものが作りたいなぁ、という気がしまして。
何かいいテーマはないかなーと思っていたのです。

それはおいといて。
ちょっと縁があって大洲市のホビーオフに行くことがあったのですが、
そこにポルシェのちょっと古いプラモデルがあるわあるわ。
たぶん誰かのコレクションが一度に放出されちゃったんだな・・・と
しんみりしながら、
ちゃっかりと前々から欲しかった一台を定価で買ったのでした。

それがこれ。ポルシェ356のカブリオレです。
IMG_2816.jpg

ポルシェ356言うたらやっぱりスピードスターやろ、と
言われてしまうかもしれませんが、訳あってカブリオレ。
IMG_2817.jpg
本当に欲しい年式とは違いますが、見た目はほぼ同じなので気にしない。

で、作りたいテーマは前々から温めていたので作業開始。
びっくりしたのがこれ。
IMG_2827.jpg

ピストン、コンロッド、クランクシャフトまで再現。
IMG_2828.jpg
もちろん組み立てたら見えなくなります・・・。

パーティングラインの処理まではしませんでしたが、
エンジンを組み立てるとそれなりに楽しい。
IMG_2830.jpg
エンジン用のディスプレイスタンドが付属してましたよ。
飛行機もそうだけど、昔はそういうキットが流行ったのかな?

ちょっとむずかしい組み立てをこなして、
ミッションやらエンジンを組み込みました。
IMG_2831.jpg
ほぼ缶スプレーの黒サフです。
コンソールは成型色の透明感を活かして、
デカールを貼ってクリアのハケ塗りで保護。

グレーの缶サフを吹いたボディーを乗っけました。
IMG_2832.jpg

うん、これでお楽しみの塗装が始められるね!
IMG_2833.jpg

ちょっと組み立てに苦労しましたが、
接着剤の使い分けに慣れると、結構どうにでもなります。
IMG_2849.jpg

いきなり筆でペタペタ。
実は始める時点では、完成できる自信が4割くらいしかありませんでした。
ええいやっちゃえ、というノリ。
IMG_2850.jpg

祝日(山の日)の朝から初めて、
お昼を挟みながらひたすらペタペタ・・・
IMG_2852.jpg

ペタペタ・・・
IMG_2853.jpg

と、こんな塗装を4時間位延々やっておりました。
IMG_2854.jpg
脳汁ドバドバ。最高に幸せ。

なんやかんやで、一泊二日の8時間くらいで完成しました。
ジャニス・ジョプリンのポルシェです。
IMG_2859_2016081209423812c.jpg

若い人はジャニス・ジョプリン言うてもわからんかも。
でも、曲を聞いたら「なんか聞いたことあるー」かもしれませんね。
IMG_2857_20160812094235e4c.jpg

もちろん実在する車で、最近オークションで2億円くらいで落札されたんですって。
IMG_2858_201608120942361b9.jpg

この車については、「ジャニス ジョプリン ポルシェ」で
検索したらなんぼでも出てきますので、そちらを御覧ください。
IMG_2861.jpg

「こってりしたもの」という目的は達成できたのですが、
また一日で作っちゃったなぁ。うーむ。
IMG_2856.jpg

筆で塗ってる間は、机の前のコルクボードに
プリントした写真をいっぱい貼って参考にしました。
IMG_2847.jpg
わからないところはそれなりに・・・です。

おまけ。
「それなり」なので、近くで見るととっても素朴な作りなのです。
omake.jpg
お見せしたい作品ではありますが、あんまり近くでみたらダメですよー。
8月3日。朝起きて、仕事して。
その後急に作りたくなって、1時間ほどで完成。
IMG_2769.jpg

硬さとか、柔らかさとか、
そういうものを無視したものが作りたくなったのです。
IMG_2770.jpg

四角い部分は硬いものっぽく。
でも、足は前に進もうとしています。
IMG_2771.jpg

一日考えて気づいたのは、
「深く考えること無く、ごく近くの範囲のことだけを考えて
 生きている人間がひとかたまりになった姿」
に対する気持ちを
見える形にしたかったんだと自覚しました。

タミヤの動物セットの「ラバ」を3セット使いました。
だから大きさはこのくらい。
IMG_2772.jpg

近視眼的だから、賢いぶたさんがお世話します。
IMG_2773.jpg

ぶたさんは根気強いので、気を遣わせないよう
横を向かず導くのみです。
IMG_2774.jpg

| ホーム |


 トップへ戻る