おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
Bf109を組みたいなぁ、と思ったので
最寄りの模型屋さんに行ったのです。

そしたら、壁にこんなキットがぶらさがっていました。
IMG_3426.jpg
エレールの金型を買い取ったアンコールっていう会社だそうです。

アルゼンチンからようこそ!
IMG_3428.jpg

デカールは元気でしたよ。
IMG_3429_201609251247061a6.jpg
いろいろ魅力的なマーキングがいっぱい。

この「Wilhelm Crinius」さんの乗機のカラーにすることにしました。
IMG_3431.jpg

なかなか味のある凸モールド。
IMG_3435.jpg

ぱぱぱっと組みました。肉厚薄め、パーツの合い良好。
IMG_3439.jpg
合わせ目で消えたモールドはナイフで立ち起こし。

ぺぺぺっと筆でぼかし塗装。
IMG_3444_20160925124732502.jpg

てんてんてんっと斑点を描いて・・・
IMG_3445.jpg

下地の色で軽くドライブラシしてふんわりと。
IMG_3446_20160925124735738.jpg

夜を挟んで、合計3時間ほどで完成しました。
IMG_3451.jpg
デカールはガンダムリアルタッチマーカーで
彩度をちょっと落としてあります。

後日撮影・・・の前に、フィギュアを用意。
IMG_3465_20160925124802150.jpg

ちょいちょいっと塗って・・・
IMG_3466.jpg

屋外で記念撮影。
IMG_3470_20160925124805ed1.jpg

張り線は、いつものストレッチリギングを使いました。
IMG_3473_20160925124807acd.jpg
1/72のこういう飛行機はなんぼでも作りたくなりますね。
ENCOREのキットがもしあったら買ってみてください。
スポンサーサイト
最近、「横田基地で撮影したA-10」の写真をTwitterでたくさん見かけまして。
ほうほうこんなふうに傷が入ったりこんな色になったりするんだー、と思って
むらむらとグレーのA-10が作りたくなったのでした。

とはいえ、去年タミヤの1/72を作ったので、
今度はハセガワのを、当時から変化した今の自分の塗り方で
同じ大きさで比べて作ってみようと思ったのでした。
IMG_3375.jpg
最寄りの模型屋さんに在庫が一個だけありました。ありがたい。

飛行機のプラモデルには珍しく、
コクピットから製作、じゃないんですね。
IMG_3377.jpg

(中略)

エンジン組んで、コクピット組んで、
挟み込んだり張り合わせたりして一日目はここまで。
IMG_3386.jpg
凸モールドのキットなのですが、パーツの合いはすごく良かったです。
バリは少々ありました。

主にMr.カラーの307番と308番を明るくした色で
ぱぱぱぱぱっとハケ塗り。
IMG_3387_201609212048381b5.jpg

明るくする前のビンのままの307番&308番を
薄め液で薄めて周りとなじませながら
パネルラインなどをなぞって味付け。
IMG_3391.jpg

Mr.ウェザリングカラーをジッポーオイルで薄めながら
(どんどん蒸発しちゃうので)
ウォッシングして、拭き取り。
IMG_3392.jpg
上面はティッシュ、下面は平筆を使って拭き取りしました。

(さっきの写真とあんまり変わりませんね)

A-10はラダー(はしご)が内蔵されてるんですが、
その「フタ」の裏に絵がかかれている写真をよく見かけるので、
手持ちのデカールからドクロさんを見つけて貼っちゃいました。
IMG_3396.jpg

足やら何やらもつけて、組み立てほぼ完了。
IMG_3398.jpg

デカール貼って、フラットクリアーのハケ塗りで保護して、
チッピングして、キャノピーつけて、できあがり。
IMG_3401.jpg
1泊2日の約8時間の作業でした。
前回は2泊3日の約8時間。
デカールが増えたことを考えると、ちょっと早くなったかなぁ。

左奥がタミヤ、右手前が今回のハセガワです。
IMG_3404.jpg
タミヤの方は、まだウォッシングにエナメル塗料を使っていました。

翌日、いい感じの曇り空の下で撮影。
IMG_3407.jpg

A-10は前から見た姿も好きなのです。
IMG_3409.jpg

せっかくなので、タミヤのもいっしょに並べて撮りました。
IMG_3413_20160921204924faa.jpg

上から見たところ。
室内で塗ってるときは「青いなー青いなー」と思うのですが、
日光の下で撮るとそんなでもないですね。
IMG_3414_20160921204926129.jpg

左がタミヤ、右が今回のハセガワ。
前回よりあっさりした感じの仕上げにしましたが、
エンジンのあたりの濃淡などを見ていただけるとうれしいです。
IMG_3416_2016092120492878e.jpg

今回もいろいろ失敗しながらだったので、
また来年あたりにでももう一機作ろうかなー。
たぶん作りそうな気がします。
何作ろうかなぁ、と模型屋さんや模型売場で
ぼんやりすることが結構ありまして。
特に飛行機売り場でじ~っとすることが多いです。
お店の方、いつもすいません。

前々からいっぺん作ってみようかな、と思っていたこれ。
いつでも買えそうだったので延ばし延ばしになっていました。
ハセガワのミグ27です。
IMG_3229.jpg

凸モールドの古い設計のキットにも関わらず、バリは少なめ。
IMG_3231.jpg

塗装指示は「所属不明機」の一種類のみ。デカールも少なめ。
IMG_3232.jpg
うーん・・・

とりあえず組むとこうなります。
可変翼機なので、たたむとこんな感じ。
ただし、増槽をつけるとこんなにはたためなくなります。
IMG_3235.jpg
あと、凸モールドに沿ってデザインナイフでざざざっとスジ彫りしました。
今回はそんな気分。

「ミグなんだから銀色がいいでしょ」と
勝手に銀色で塗っちゃいました。
IMG_3239_20160916130159eb5.jpg

主に使ったのはこの三色。
IMG_3241.jpg
適当に混ぜてパネルを塗り分けたり、ドライブラシしたり。
慣れると結構コントロールできるようになります。

パーツ数も少なくてあっさりしてるので、合計4時間くらいで完成。
IMG_3244.jpg

機首にはオモリとして油粘土を入れたのですが、
関係なく下の尾翼が地面に当たりました。
IMG_3246.jpg
足の組み方は間違えてないはずだし、おっかしいなー。

後日、空港のそばでちょっと撮影しました。
IMG_3261_2016091613022135e.jpg

オマケ。
なんとなく「そろそろ切れたかなー」って感じで塗料を買ってたら
中身入りの8番銀が5本になってしまいました。
IMG_3252.jpg
濃さが違うのとかあるんだからね、と、一応言い訳。
今度から気をつけよう。
(308のグレーは5本、ミドルストーンは4本ありました・・・)
一個作ったら一個買うよね?
というわけで、気まぐれで小さいメルカバを買ってきました。
IMG_3179.jpg

中身はこんな感じ。
IMG_3180.jpg
履帯と転輪が一体成型でびっくりしました。
でも、履帯はちゃんと模様が入ってるの。どうやって作ったんだろう。
ちなみに、プライマー無しで塗装できました。
「私はプライマーいらないのよー」っていう声が聞こえたような気がしたのです。

「シナイグレー」を持ってないので、
RLM02に「タン」を混ぜて、適当に「シラナイグレー」を作りました。
IMG_3181.jpg

ぺぺペッと塗ってダダダッと組んでパパパッと汚したらこんな感じ。
IMG_3190.jpg

パーツ構成が昔の100円の戦車とほぼ同じなので、
2時間ほどで完成しました。
IMG_3191.jpg
先日作った「ベルカバさん」といっしょに。

おっさんの手に乗せるとこんな大きさです。
IMG_3193.jpg

同スケールのフライングバナナと比較。
戦車って思ったより小さいのですね。
IMG_3196.jpg

後日、庭で撮影。
IMG_3211.jpg

デカール少ないしパーツ少ないし、で、
パーツを無くさないようにすればすぐ完成します。
IMG_3212.jpg
小さいのにちゃんとメルカバっぽいです。

そのかわり、2千円以上の価値がこのキットにあるかというと・・・
IMG_3213.jpg
うーん。
ちょっと前に気まぐれで買った、小さいプラモデル。
IMG_3160.jpg
以前作ったレベルの同スケールのF-14がえらくかっこよかったので
少し期待しながら組みました。

中身はこんな感じ。
IMG_3161.jpg
説明書に書き込んだ307、308はMr.カラーの番号です。

ぱぱぱっと組んで、ぺぺぺっとベタ塗り。
IMG_3162.jpg

細かいところを塗って、退色表現して、スミ入れ。
IMG_3165.jpg

デカール貼って、フラットクリアーをハケ塗りして、完成。
合計3時間くらいでした。
IMG_3166.jpg

同スケールのトムキャット(レベル)、ラファール(エース)といっしょに。
IMG_3171.jpg

手に乗せるとこんな感じ。
IMG_3172.jpg

後日、庭で撮影しました。
IMG_3214_20160912092906745.jpg
307とか308は室内で塗ってると
「青いなー青いなー」と思って心配してしまいます。

正面から。
「踏むところ」の黒いデカールがちょっと貼りにくいです。
がんばってください。
IMG_3215.jpg

横っ腹の「NAVY」。反対側は「MARINES」になってました。
説明書通りに貼ったんだけど、ホンマかな?
IMG_3216_20160912092909c35.jpg
エンジンノズルは、Mr.メタルカラーのステンレスとブラスを混ぜて塗りました。

すぐ完成するので、あんまりやる気がでない時とかに良いキットだと思います。
8月20日にプラモタイムトライアルでF-100を作ったのですが、
「おかわり」として61式戦車も組みました。
IMG_2976.jpg
前から作ってみたかったんですが、
後でいいかな後でいいかな、で買わずじまいでした。

どうやら緑色はフィールドグレーなのかな?と思って
タミヤの缶スプレーをぶしゃー。
IMG_2977.jpg

そして組み立て。
転輪のゴム部分は筆でさささっと塗ってあります。
IMG_2978.jpg

陸上自衛隊戦車色カラーセットの茶色をペタペタ
IMG_2979.jpg
この辺りでなんだかおかしいぞ・・・と思いまして。
後で残りのフィールドグレーの部分も、同セットの濃緑色で荒々しく塗りました。

転輪のナットは黄色に塗られてたみたいな話をどっかで読んだので
そりゃなんだかかっこいいねぇ、と思ってちょんちょん塗りました。
IMG_2980.jpg

Mr.ウェザリングカラーを4色使って汚して、
細かい部品をつけて、4時間弱で完成しました。
IMG_2981.jpg
スモークディスチャージャーの接着位置が、
アンテナと干渉してわかりづらいのでよーく考えたほうがいいみたいです。

同じ日に組んだF-100と一緒に。
IMG_2985.jpg

後日、ヘッドライトを塗り忘れてたことに気づきまして。
改めて庭で再撮影。
IMG_3147.jpg

結局10式戦車と同じ色で塗ったわけですが、これでよかったんかなぁ。
IMG_3148.jpg

幼少時に戦車の形といえば、この61式戦車でした。
初めて作るまでにずいぶんおっさんになってしまいました。
IMG_3150.jpg
そのうちファインモールドのも作ってみよう。
(先に作品紹介です)

かばです。
IMG_3114.jpg

おっ。
IMG_3118.jpg

いいものをあげよう。
IMG_3116.jpg

重いけどどうすんだこれ・・・。
IMG_3117.jpg

先月あたりから「カバいいなぁ・・・」と思ってたのですが、
いろいろ迷って「アニア」のカバさんを買いました。
IMG_3104.jpg
あと、アクセサリーの素材。
アルミ製のチェーン(切りやすい)と、小さい鈴。

鈴は一個一個、短いチェーンを繋ぎました。
IMG_3111.jpg
やりかたは、ちょっとアクセ作りをやってる
ウチの奥さんに教えてもらいました。

タミヤのプラ棒で作ったフレーム。
主に凹型の3mm棒を使いましたよ。
IMG_3113.jpg

というわけで、「BELLKAVA」です。
鈴をぶらさげたカバさん。
IMG_3123.jpg

横から。
IMG_3119_201609010902403c4.jpg
メルカバという戦車の、チェーンカーテンというものを真似しました。
でも先っちょにはオモリでなく鈴がついています。

おしり。
IMG_3120.jpg
カバさん本体とは両面テープでくっついています。

アニアは面白かったので、気が向いたらまたなんか買おうと思います。

| ホーム |


 トップへ戻る