おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
ラッカー系筆塗りについて、ちょっと文章を書きました。

1 「ラッカー系筆塗りが伝わらない理由」
筆塗りのノウハウを取り上げたものはたまに見かけますが、ラッカー系塗料(主にMr.カラー)の筆塗り・ハケ塗りについて取り上げたものはあまり見かけないように思います。
その理由の一つに、扱いが難しく、ノウハウを文章化しても読んだ人が再現しづらい、ということがあります。
ラッカー系塗料の筆塗りの難しさの原因は主に
・乾燥が早い
・溶剤で塗膜が溶ける
の2つだと思います。
しかし逆に、これらの2つはラッカー系筆塗りの利点と捉えることも出来ますし、それが私が主にラッカー系で筆塗りしている理由でもあります。それは、
・乾燥が早い
 →早く完成する
・溶剤で塗膜が溶ける
 →パレットで調色した色が復活する、塗り重ねでぼかしを実現できる
ということです。
これらの利点を活かせるようになると、ストレスの少ない模型塗装ができるようになります。
もちろん万能ではありません。エアブラシ、持ってたら使って下さい。エアブラシでないと出来ないことはもちろんあります。缶スプレーも、凸凹が多くて大きなものなどにどんどん使って下さい。

2 「セオリー通りにすればいいとは限らない」
筆塗りでセオリーとされていることに、以下のことがあると思います。
1)筆に塗料を多く含ませてはいけない
2)筆を返してはいけない(逆方向に塗ってはいけない)
3)塗膜が乾かないうちに重ね塗りしてはいけない
しかし、ラッカー系塗料で大きな面を塗るときには、その通りではないのです。

2-1 「筆に塗料を多く含ませてはいけない」について。
筆に塗料を多く含ませて塗ると、
・塗膜が厚くなる
・塗料が垂れる
といった弊害が考えられますが、これはケースバイケースです。
例えば私は、飛行機模型の翼の基本塗装をする場合は、この図のようにしています。
01.png
柔らかい平筆に塗料を十分(翼が片側全部塗れるかな、という量)を含ませて、まず1の様に翼に塗料を素早く「のせます」。そして間髪入れずに2の様に塗料を広げて行きます。
ここで筆に含ませた塗料が足りないと、塗料が十分全体に行き渡らなくなります。
ただし、足りなくなったらまたビンから取れば良いです。逆に余って困ることはおそらくありません。

2-2 「筆を返してはいけない(逆方向に塗ってはいけない)」について。
筆塗りでひとストロークして筆を上げたときに、その終点付近に多めに塗料がのってしまう場合があります。そのときに素早く反対方向にもう一度なでることで、塗膜の厚さを平均的にすることができます。
03.png

(これは断面図ですが、少しオーバーに描いています)
反対方向だけではなく、塗料がのっていない部分に向かって広げて解消できる場合もあります。
すばやく塗り広げることができれば、熱くないパンにやわらかいマーガリンを塗るのとほぼ同じ考え方で塗れます。

2-3 「塗膜が乾かないうちに重ね塗りしてはいけない」について。
広い面を塗っているときに、ところどころ塗膜が薄くなってしまう時があります。
こんなときは、塗膜が乾く前にその薄くなったところにピンポイントで同じ色をどんどんのせていくことで、塗膜の厚さを平均化することができます。
04.png

3 「色によって塗り方が変わる」
同じ種類の塗料でも、色の種類によって塗りやすさの違いがあるため、塗り方を切り替える必要があります。
具体的に挙げていくとキリがないのですが、例えば以下のような感じです。
・Mr.カラーの307番、308番などのグレーは隠蔽力と伸びが良いのであまり難しくない
・Mr.カラーの8番のシルバー(いわゆる「8番銀」)は薄めずにすり込むようにすると塗りやすい
・黄色やオレンジは隠蔽力が極端に弱いので、つや消し白を塗ってからクリアーを塗り、何度も重ね塗りする
・ダークグリーンや濃緑色は、筆でのばすよりものせていくようなイメージで塗ると比較的うまくいく

 * * *

これで全部ではなくて、自分で文章化出来ないことも含めていろいろありますのでそのうち・・・。
あと、アクリル系(水性アクリル)の方が向いている人、多いかもしれません。その場合はそれに合わせた技法を使って下さい。
スポンサーサイト
そういえば最近普通のぶたさんを作ってないなぁと思いまして。
IMG_6027.jpg
(普通のぶたさんって何だろう・・・)

いつもよりちょっと厚めのプラ板に、ヒートペンで模様をつけていきました。
IMG_6028.jpg

で、いろいろやって完成。
IMG_6035.jpg

ツインメリットコーティングの装甲ぶたさんです。
IMG_6037.jpg

仲間と一緒に。
IMG_6034.jpg

怖い方とご対面。
IMG_6039.jpg

なかよくなりました。
IMG_6042.jpg
プラモデルの箱絵で一目惚れして買うパターンもありまして。

ネットでこの箱絵を見かけて、思わず買ってしまったのです。
IMG_6059.jpg
チェコのソード社製、1/72シーミュー。
このメーカーのキットを組むのは初めてです。

主なランナーは2枚。機内色から塗っていきます。
IMG_6060.jpg

ちなみにこのキット、ランナー側には番号がふられていません。
IMG_6061.jpg
なので、説明書の部品一覧とにらめっこしながら組むことになります。

機内から組んでいくわけですが、部品ひとつひとつの位置がかっちり決まらない。
IMG_6064.jpg
なので、つけては合わせ、つけては合わせ、の繰り返しでした。

パイロットさんは付属してなかったので、手持ちの中からそれっぽいものを。
IMG_6065.jpg
ホントはもうひとりどうにかしたかったんだけどもうひとりおらんかった。残念。

機内の配置はこんな感じ。一部レジンパーツです。
IMG_6066.jpg

ちょっとだけスリスリしたらキャノピーも合うようになりました。
IMG_6067.jpg

ほぼ削る必要もなくほいほいと組み立て。
IMG_6068.jpg

ざかざかざかっと塗装。
IMG_6072.jpg
完成写真は後にしますが、1日かからんかったですね。

1/72で手に入る米海軍のカタパルトなんぞないんじゃあ。
IMG_6086.jpg
というわけで、手に入りやすいフジミの日本海軍のを手に入れました。

写真を見ながら、先っちょだけそれっぽくでっちあげていきます。
IMG_6088_20170527162710f39.jpg

うん、こんなもんでよかろー。
IMG_6090.jpg
横の渡り廊下なんかを追加しておきました。

で、撮影。
IMG_6097.jpg
どうかなー。箱絵みたいになったかなー。

実はいつもと違って、海の写真のフリー素材を加工して、パソコンのモニタに映して背景にしたのでした。
IMG_6098.jpg

でもなんだかなーと思ったので、夕方海に出かけて再撮影。
IMG_6112.jpg

うちから車で20分くらいの海岸です。
IMG_6114_20170527162734bff.jpg
小さい頃からここでよく泳いでました。(よけいな情報)

せっかくなので箱絵と違うアングルからも。
IMG_6116.jpg

最後に単体で完成写真。
IMG_6182.jpg

キャノピーの透明度が意外とばっちりだったりするので油断ならないキットです。
IMG_6183.jpg

手に持つとこんな感じ。
IMG_6186.jpg
Swordのキット、他のはどんなんなんだろう。気になるのでそのうちなんか買って作ろうと思います。
またまたTwitterでの「春の試作機祭り」に合わせて。
今度はキットを買ってきました。ファインモールドの秋水。
IMG_5988.jpg
同じ秋水でも在庫にいろいろ種類があってどれにしたらいいのかわからずとりあえずこれを。

説明書と解説書の文章のボリュームがあって、胸が熱くなる文章。
IMG_5994.jpg
この説明書はとっておこうと思います。

座席。
IMG_5996.jpg
穴の「モールド」があったのですが、金型の都合で凹んでるだけだったのでピンバイスで穴あけ。
ほとんど見えなくなるでしょうけど、気持ち気持ち。

失くしそうな部品はランナーに付いたまま塗装。ゲート跡は後でタッチアップ。大した手間じゃない。
IMG_5997.jpg

今回は全体を黄橙色で塗装するので、白いサフの缶スプレーをブシャー。
IMG_5998.jpg

すいすいっと組み立て。
IMG_6002.jpg

黄橙色はなかなか色が乗らないので、ボテボテと乗せながら塗り重ねました。
IMG_6003.jpg

実機写真を参考に、それっぽく台車をスクラッチ。
IMG_6004.jpg
図面は引かず、前後左右の対称と直角だけ気にしてぱぱっと組みました。
塗装は黒サフをブシャーっとして、タイヤブラックでドライブラシ。

そんなわけで1日くらいで完成しました。
IMG_6005.jpg
キャノピー枠の内側を初めて塗装しました。このくらいの大きさならできるもんだなーと思ったので、気が向いたらまたやります。

おしりの「A25」も実機写真を参考に。
IMG_6006.jpg

こんなサイズです。
IMG_6009.jpg
以前ハセガワの1/32コメートを作りましたが、それに比べるとずいぶん可愛いサイズ。

台車に張り付いた名札みたいなプレートは、何が書いてあるか読めなかったので、写真をプリントして切り抜いて貼り付けました。
IMG_6011.jpg
説明書では日の丸は白枠があったんですが、実機写真に合わせて枠なしで仕上げました。
割と簡単に組めるキットなので、気になったらおひとつどうぞ。
Twitterで「春の試作機祭り」というのがありまして。
いただきもののこのキットを出してきました。
IMG_5354.jpg
「景雲」は、エンジン二機を並べて胴体に押し込んで高出力を狙ったもののいろいろうまくいかなかった飛行機だそうです。詳しくはWikipediaあたりを・・・。

郵便番号の桁数が少なかったり、ファインモールドなのに「ハセガワ」のシールが貼ってあったり。
IMG_5356.jpg

珍しいキットだと思うので、中身もご紹介。
IMG_5904_20170523083738e7a.jpg

ダイソーの両面テープを貼った木切れに、細かいパーツを貼り付けて塗装。ゲート跡が目立つのでランナー状態で塗りたくないときなどはこうやってます。
IMG_5905_201705230837399e0.jpg

計器盤はデカールがありませんでした。なのでそれなりに手塗り。
IMG_5906.jpg

カッターマットにマスキングテープを貼って色を塗って・・・
IMG_5907.jpg

これをやります。
IMG_5908.jpg

実際にはこんな感じになります。シートベルトが付属してないときのいつものやり方。
IMG_5909.jpg
世の中には別売りシートベルトのいいのも売ってるので、そんなのを使うのも良いかと思います。

濃緑色をちょっと明るくした色をベタ塗り。
IMG_5911.jpg

黄橙色で塗りたいところは、あらかじめ白で下塗り。
IMG_5913_20170523083804f65.jpg
ガイアカラーのセミグロスホワイトはこういうときに良いですね。

濃緑色の隠蔽力がイマイチっぽかったので、キャノピー枠はジャーマングレーで下塗り。
IMG_5914_201705230838202c6.jpg
これもいつものやり方。

とても素直な作りのキットで、ほいほいっと完成しました。
IMG_5918.jpg
試作機らしく、汚しは無しで。

箱絵ではどうかなーと思ったんですが、出来上がってみるとなかなか形が面白くてかっこいい。
IMG_5919.jpg

日の丸デカールにマークソフターが効きすぎてうまくいかなかったので、タッチアップしました。
IMG_5920.jpg
翼上面の白フチはフリーハンド。

手に持つとこのくらいの大きさです。
IMG_5921.jpg
ファインモールドのプラモデルは説明書が「熱い」ですね。
なんだか好きになりました。
最寄りの模型屋さんでまたステキなキットをみつけました。
1/100のシュトルムティーガーです。
IMG_5867.jpg
ゲームのコマ用のざっくりしたプラモデル。でもそれなりにちゃんとしてます。

思う所あって、フェンダーをざっくり切除。あと、砲口の形状変更など、ちまちま工作。
IMG_5868.jpg

小さいキットをそれなりに作ったので、あっというまに完成。
IMG_5871.jpg

ムンスター戦車博物館に収蔵されている車体っぽくしてみました。
IMG_5874_2017052109411216d.jpg

うしろから。
IMG_5873.jpg
排気管もそれなりにディテールアップしました。
こだわりたい人はもっとがんばろう!

おっさんの手に乗せるとこんな感じ。大きさがわかるでしょうか。
IMG_5875.jpg
数百円で1時間位遊べるプラモデルです。

同じシリーズのものを改造した「ビッグウィンド」といっしょに。
IMG_5878.jpg
それなりの出来なので、それなりの解像度で気軽に楽しめるのがとてもありがたいです。
紫電改を作ろう、という意識はいつもありまして。
それは松山空港の近所に住んでいるというのが大きな理由です。
そう思いつつもなんとなく1/72を一機組んだだけ・・・

で、思い立って1/48のキットを買いました。
IMG_5797.jpg

ついでにこれも。
機体の濃緑色・内部色・日の丸の赤、がセットになったカラーセットです。
IMG_5798.jpg
これ、肝心の濃緑色をひっくり返してしまってもう一セット買う羽目になりました。
悲しい・・・。

機体内部色を塗るとコクピットはこんな感じになります。
IMG_5801.jpg
シートベルトは座席にモールドされていて、塗るだけで表現できます。
個人的にはデカールよりこの方がいいかなー。

計器盤はデカールです。
IMG_5802.jpg
マークソフターをうまくつかうときちんと貼れますよ。

今回は思うところがあって一旦8番銀でハケ塗り。
IMG_5808_20170519202217f85.jpg

ケープ剥がしをしようと思ったのですが、全体に吹くのではなく、一旦絵皿に吹いたものに色を付けて、剥がしたい部分だけに細い筆で塗りつけました。
IMG_5809.jpg

上から濃緑色をハケ塗り。
IMG_5810_201705192022403b6.jpg

800番のペーパーで様子を見ながらこすって、うっすらと銀色が見えるようにしました。
IMG_5811.jpg

さらに竹串でペリペリとケープ部分を剥がしました。ちょっとやりすぎたかな?
IMG_5813.jpg

あとは脚をつけて、デカールを貼って、タッチアップして、キャノピーつけて、張り線して、完成。
IMG_5824_20170519202245bd8.jpg
ゴールデンウィークのうち3日間を使いました。

天気のいいときに松山空港のそばで撮影。
IMG_5840.jpg

フィギュアと給油車も添えてみましたよ。
IMG_5833.jpg
紫電改、今年はこのサイズのをもう一機と、できれば1/32も作ってみたいなーと思っております。
今年(2017年)のゴールデンウィーク。
Twitterで「旧キット無改造コンペ」というのがありまして。
古いモナカキットを合わせ目を消さず筆塗りで作ろうというイベントでした。
主にガンプラでの参加が多かったのですが、後から他の方の作品を拝見したらすごいのがいろいろと。
非常に面白いイベントでありました。

で。
せっかちおじさんはこんなキットを買ってきましたよ。
IMG_5773.jpg
スケールは書いてないですね。パイロットの大きさから考えると1/72くらいかな?

色を塗るとこんなふうになるらしいです。ふむふむ。
IMG_5774.jpg

レギュレーションでは「デカール使っちゃダメ」とのことだったので、これは使わないことにします。
IMG_5776.jpg

古い割には合いの良いキットで、流し込み接着剤でホイホイと組み立てできました。
IMG_5778.jpg
下っ側にある垂直尾翼は可動式だったんだけど、思い切って接着して固定。

Mr.カラーの「洋上迷彩セット」を使って、F-2みたいなカラーリングで仕上げました。
IMG_5779.jpg
作業時間2時間弱。あっさりやっちゃってすいません。

デカール禁止なので、日の丸は手で素朴に描きましたよ。
IMG_5780.jpg

ノズルのあたりはMr.メタルカラーのダークアイアンで塗りました。
IMG_5781.jpg
特に工夫なんぞはしてないのですが、非常に楽しい工作でした。
ではまた。
「春の試作機祭り」というのがTwitterでありまして。
さっそく参加してみたのでした。

選んだキットはこれ。メッサーシュミットのP.1101という試作機です。
パッケージでは「Me1101」となってます。
どうも「世界初の可変後退翼機」らしいのですが、飛んでる途中で角度は変えられず、地上で変えるしくみなんだそうです。
IMG_5724.jpg
ドラゴン製なのですが、横にハセガワのシールが貼ってありますね。

中身はこんな感じ。
IMG_5651.jpg
1/72ということを考えてもジェット機の割にはかなり小さめ。

俗に言う「ドラゴソ語」。楽しんでいただければ幸い。
IMG_5652.jpg
最近のドラゴンはこんなことないみたいですよー。

中古でお安く手に入ったのですが、エッチングパーツが少々入っておりました。
IMG_5725.jpg

ちょっと説明に頭をかしげつつも、なんとなく組み上がりました。
IMG_5726_2017051016361732e.jpg

いつものラッカー系筆塗りで基本塗装。
IMG_5732_20170510163618713.jpg

特に時間もかからずほいほいっと完成しました。
IMG_5743_20170510163620723.jpg
説明書を参考にして箱絵と同じようなカラーリングにしました。
ちょっとツヤを消しすぎましたね。

後ろから見たところ。
IMG_5744.jpg
銀色部分は
・8番銀ハケ塗り
・パネルラインをRLM02で筆塗り
・プレミアムトップコート
・メタルカラーのアルミを荒く筆塗り
・もう一回トップコート
・Mr.ウェザリングカラーのグランドブラウンでウォッシング
という手順で塗りました。

手で持つと、こうです。
IMG_5746_201705101637059b0.jpg
なかなかかわいい1機ができあがりました。満足。

| ホーム |


 トップへ戻る