おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
Twitterで「ザブングル30周年記念イベント」がありまして、
実は30周年じゃなかったけどまぁいいやみたいな感じで
いろんな方がすごいものを公開しています。

私もいくつか公開したのですが、途中で弾切れしまして、
なんとかアイアン・ギアーを入手しました。

入手してちょっと困ったこと。
戦艦の形で作りたかったんだけど、
このキットはロボット形態だけなんですね。
(教訓:ちゃんと事前に調べましょう)

締め切りまで時間があればできなくはなかったけど、
しぶしぶ立ち姿で作ることにしました。
(※締め切りは後日、伸びました・・・)

そして、できあがり。
アイアン・ギアーだからアイアン色。
IMG_2324.jpg
これはこれで持ってて嬉しいレアアイテムっぽいのですが、
あまりに手抜きだろうと。私でもここまで手抜きはしたくない。

で、塗りました。
メタルカラーは塗膜が弱いので、クリアーを吹いてから筆塗り。
IMG_2326.jpg
身長15cmもない小さい模型ですが、見上げればなんとかなるもんだ。

新品のカッティングマット、背景として大活躍。
格子模様が、なんとなくビデオ戦士レザリオン。

メタルカラーの上に派手な色を薄くのせていくと
それなりに見栄えがするもんだなぁと思いました。

その後。線香を立てる壺の灰をふりかけると砂漠っぽくなる、と
アドバイスを頂いたので、近くの仏具店でみつけて買いました。
(最初は身内にもらおうと思ってたのですが、たっぷり欲しかったので購入)
IMG_2430.jpg
店員さんには信心深い40代の紳士に見えたでしょうか。
ロードバイクで訪問した時点でアウトだったかもしれません。

で、たっぷりふりかけて柔らかい筆で払いおとしたのがこれです。
IRONGEAR.jpg
肉眼ではかかってるかどうか微妙だったけど、
写真で見るとちゃんと埃っぽくなりましたね。

模型撮影の技がまた増えました。アドバイスありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

<< タミヤ 1/72 コマンチ | ホーム | たまごひこーき Su-33 フランカーD >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る