おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
「飛行機いつか作ろうリスト」というのがありまして。
奥さんの好みの飛行機を片っ端から作ってしまおうと目論んでいるのです。

で。

その「リスト」で最優先じゃないかと思ったのがF-14。
とてもベタなのですが、トップガンのDVDがウチにあるんで、
2日連続で鑑賞してから作ることにしました。

今回選んだキットはこれ。
IMG_4919.jpg
ハセガワからは古い凸モールドのキットと、新しい凹モールドのキットが
でてるんですが、あえて古い方を選びました。
新しいキットがあるのにあえて古いのも売り続けているのには
なにか理由があるだろう、などといろいろ考えたのと、
でかくて安いというのはうれしいので。



で、最初の夜。
IMG_4920.jpg
背中とかの目立つところのパネルラインを、
凸モールドにそってナイフで横向きにコリコリと
カンナのように掘り込みました。
そのあとラッカー系うすめ液でならしたんだけど、
結局この作業はいらんかったなぁ。筆塗りしたらわからなくなりました。

翌日。専用色を手に入れたので、本格的に製作開始。
IMG_4927.jpg
でも2色くらいしか使わなかった。
もったいないことしたけど、たぶんそのうち出番はあるでしょう。

今回唯一の改造点。
座席の上のくるくるを真鍮線で作りました。
IMG_4928.jpg
これ、目立つ部品なのでぜひ作ったほうがいいと思います。

主翼の穴に向かって切り欠きを入れて、
塗装してからでも翼を差し込めるようにしました。
IMG_4932.jpg
差し込む時にちょっとひねる必要があります。ご注意を。

2日目の午後を使って、ここまで作りました。
IMG_4936.jpg
部品点数が少ないのでらくちんです。
鼻先にオモリを5g入れるのを忘れずに!

翌日、さらにきちゃなく塗装。
IMG_4939.jpg
今回はスミ入れはほとんどせず、
表面はラッカー筆塗りで絵を描く様に表現しました。
機体色に、Mr.カラーのダークアイアンの沈殿物を
黒の代わりに使って少し混ぜて、ぼかすように塗り塗り。
やってみたら面白いかな?と思ったので、
「パネルラインにそって暗い色を吹いて・・・」っていう
普通の塗り方の真逆のやりかたをあえてやってみました。

そんなこんなで、デカール貼って半ツヤクリアー吹いてキャノピー閉めて、おしまい。
合計で8時間くらいだったかなぁ。
大きいけど部品が少ないのでこんなもんだと思います。

せっかくなので、松山空港の近くで撮影しました。
IMG_4956.jpg

奥にぼんやり見えるのは本物の空港の設備です。
IMG_4958.jpg

こんな感じの背中が表現したかったのです。
IMG_4974.jpg

いつもの庭のコンクリにて。
IMG_4979.jpg

塗りやすいキャノピーでした。マスキング不要。
IMG_4980.jpg

夕方も空港の近くで撮影。
IMG_3760_2014090609525809a.jpg

iPod touchを愛用しているんですが、
このカメラは背中の端っこについているので、
さかさまにして撮影するとすっごいローアングルで撮れます。
IMG_3756.jpg

地面が粗いのは気にしないでください(汗)。
IMG_3754.jpg

凸モールドでもいいような気がしました。むしろ塗装が楽しいかも。
これからも抵抗なく買おうと思います。
IMG_3750.jpg
関連記事
スポンサーサイト

<< ハセガワ 1/72 マッキMC202フォルゴーレ | ホーム | チープなレーシングカー >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る