おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
最近出たアーマーモデリング誌が、映画「フューリー」特集。
試しに買ってみたら面白かったので、
なにかしらシャーマンを作ってみようかな、と思いました。

戦車の経験はミニスケールばっかしで、
大きめのは1/35のヘッツァーを作ったことがあるだけ。

とりあえず手に入りやすくてお手頃価格の
1/48のタミヤのシャーマンを買ってみました。
IMG_4753.jpg

下半分は金属で出来ています。
が、プライマーを塗る必要はありません。いきなり塗装できます。
IMG_4754.jpg
ただし接着は普通のプラモデル用接着剤が使えませんので、ご注意下さい。
私は瞬間接着剤を使いました。

今回ディテールアップらしきことはあまりやってないのですが、
デフケース(でいいのかな?)のフックを掛けるところに
穴をあけておきました。
IMG_4755.jpg
ちょっとした手間ですけど、難しいことではないので。

下半分を組みました。
IMG_4757.jpg
サスペンションは左右で同じ部品を組み替えて作るのですが、
左右で作り方が違うので要注意です。
特にあわてちゃダメなところですね。

車体の角のところに伸ばしランナーを接着して、
流し込み接着剤でやわらかくしてから
ナイフで溶接跡っぽくしました。
IMG_4761.jpg

合わせ目を消す部分はこのキットにはあまりないんですが、
砲身のさきっちょだけは気をつけてなめらかにしました。
ここは手間を掛ける価値が大きいと思います。
IMG_4763.jpg

前面におおきなヒケがあったので、タミヤの白パテ(乾燥が早い)で修正。
IMG_4764.jpg

基本塗装終わりました。
(細かい部品は塗装の途中で壊れるといけないので後回し)
IMG_4765.jpg
車体はオリーブドラブ、履帯と転輪のゴムはジャーマングレー。
いずれもラッカー系筆塗りです。
寒くなったので、溶剤は普通のうすめ液を使いました。
(夏場はエアブラシ用を使う時があります)

全体はタミヤエナメルの黒っぽいグレーでウォッシング。
履帯は乾いた泥っぽい色でスミ入れ。
IMG_4767.jpg
汚しは控えめにしました。湿った泥と、乾いた泥の2色。
「ちょっと使ったシャーマン」のつもりなので、サビは無しで。

合計5時間位で完成しました。
IMG_4779.jpg

最初迷ったんですが、気になって装備品も後で塗装しました。
金属色はMr.カラーのアイアン、
木製の部分はサンディブラウン+クリアオレンジ。
IMG_4780.jpg

砲塔の上の「ぴょいん」は伸ばしランナーです。
IMG_4781.jpg

デカールはまっしろしろすけだったので、
貼って半ツヤクリヤーを吹いた後、
ガンダムリアルタッチマーカーのグレーを薄く塗りました。
IMG_4782.jpg

ドライブラシは今回は控えめ。砲塔のつやつやを残したかったので
その具合に気をつけながら缶スプレーのクリヤーを吹きました。
IMG_4783.jpg

フューリーを見るのが楽しみになりました。
見たらまた別のシャーマンを作るかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

<< TARS(映画「インターステラー」より) | ホーム | ハセガワ 1/72 ヴァンシップ 魚雷装備機 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る