おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
このブログを見るのにみなさんが使ってらっしゃる
パソコンとかスマホというのは、
主に「デジタルコンピューター」でできているのですが、
世の中にはアナログのコンピューターというのもあるのです。

いろんな種類があるのですが、
微分方程式を機械的に解く「微分解析機」の写真を見たら
すごくかっこよかったので、そういうものを作ることにしました。

テーブルのようなものを製作。
IMG_5170.jpg
天板がしなっていますが、これは以前500円で買いまくった
EASTERN EXPRESSの「BRDM-2」っていう装甲車の
ボンネットを2枚使って、プラバンでフタしたものです。

足は同じ装甲車の車輪と、エバーグリーンの角パイプ。
IMG_5171.jpg
六角形の穴はあとで塞ぎました。

塗装前の状態。
風車のプロペラは先日作った1/72雷電の余りです。
IMG_5172.jpg

プロペラは風が吹くとちゃんと回るようにしましたよ。
風力でギヤを回して積分計算を行うしくみ、なのです。
IMG_5173.jpg
ぶたさん2頭が見つめている四角いものが、
アナログコンピューターの本体です。

全体を黒いサフで筆塗りした後、
青白に寄せた軍艦色を筆塗り。
IMG_5176.jpg
計算機部分は黒と金属色で塗装して、完成しました。

計算機は揺れても誤差が出ないように、板バネで支えました。
IMG_5178.jpg

金属色は8番銀とブラス。
IMG_5185.jpg
このMr.カラーのブラスはすごく使いやすいです。
ただ、エナメルでウォッシングすると落ちてしまうので、
塗る順番に注意が必要です。

下に膨らんだものは、1/35マーシィドッグのフロート。
IMG_5186.jpg

ぶたさんの知恵と計算結果を元に、いろんな機械が動きます。
IMG_5192.jpg

ドライバーさんに計算結果を伝える13号。
IMG_5198.jpg

また何か思いついたら作ります。
関連記事
スポンサーサイト

<< ハセガワ 1/72 P-51D ムスタング | ホーム | ハセガワ 1/72 F-4EJ 航空自衛隊 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る