おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
夏に入った頃に、「カットラス」という飛行機に興味が湧きまして。
プラモデル出てるかなー、と調べてみたら、フジミのキットが出てるのを知って、
さっそく注文。
IMG_8417.jpg
そこから1ヶ月ちょっと放置してしまいました。ごめんね・・・。

この写真を見かけて、
こんなふうに仕上げたいなぁと思って着手しました。

まずは説明書通りに組み立て。
IMG_8418.jpg
この、本体と機首を接着するときに段差が出ないようにするのが少し難しかったです。
あと、オモリがないと尻もちします。この前の段階で入れておくのをおすすめします。
(私はあとから細切りの鉛板をコクピットから入れました)

参考にした写真ではキャノピーの後ろ半分がなかったので、
切断して削ってコクピットの後ろの膨らみに流用しました。
IMG_8419.jpg
電池式のリューターに、100円ショップの丸のこアタッチメント。
クリアパーツを切るときに重宝しています。

今回はネイビーブルーと赤で塗装するので、
重ね塗りすると発色が良くないと思ったため
筆塗りですが少しマスキングをしました。
IMG_8420.jpg

あとで赤で塗る部分をマスキングして、
オリジナルブレンドの(もう配合忘れちゃった)ネイビーブルーをハケ塗り。
IMG_8421.jpg

彩度を落として明度を上げたブルーをドライブラシして、
マスキングテープを剥がしてから赤を塗装。
IMG_8423.jpg
赤い部分はハルレッドに明るいグレーを混ぜたものを使って、
ブルーと同じようにドライブラシ。
デカールはハセガワ 1/72 パンサーの余ったデカールを使いました。
(おかげでカットラスのデカールはまるまる余りました)

Mr.ウェザリングカラーのブラックとタミヤエナメルのバフを混ぜて、
エナメルうすめ液+ジッポーオイルで薄めたものでウォッシング。
IMG_8428.jpg
あとは、サビとかアルミハゲチョロなどをスポンジや細い筆などで。

一泊二日の約6時間くらいで完成です。
またまた松山空港のそばで撮影。
IMG_8437.jpg
参考にした写真のイメージに近くなったかなぁ。

車の屋根に載せて撮影しているんですが、
今日くらい暑いと、車に触れるとやけどしそうでした。
IMG_8438.jpg

ウォッシングの時、ジッポーオイルだけでなく
エナメルのうすめ液も少しだけ混ぜると伸びが良いようです。
IMG_8439.jpg
今月は飛行機のキットばかりこれで3機目。
しばらく飛行機がつづきそうな予感です。
関連記事
スポンサーサイト

<< 2015/8/15〜16のプラモタイムトライアル | ホーム | レベル(フロッグ) 1/72 Ta152 H-1 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る