おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
突然作りたくなる、というのはよくあることでして。
Twitterで「バイコヌール宇宙基地の廃墟」の本が12月に出るというのを見かけまして、



(この廃墟についてはたとえばこちらとかが詳しいです)
ぜひこのソ連製のオービターが2機ひっそり佇む姿を作りたいと思ったのでした。

で、さっそく実験。
IMG_9582.jpg
100均の油粘土にトラス模様を掘り込んでレジンを流してみたのですが、
なかなかうまく行きませんでした。で、決意。
じゃあ、複製無しで意地でも組んでやろうじゃないかと。

翌日材料を買い込んできました。
IMG_9584.jpg
使い慣れたMDF材と、タミヤのプラ棒・プラ板。
ちなみに木材ですが、コーナンはiPhoneアプリを見せるとカット代がタダになります。
(2015年現在)

MDFにプラ板を木工用ボンドと瞬着で貼って、箱組み。
IMG_9588.jpg
以前つくったぶたさんシリーズの「オオブタ」を、
大きさ比較のために置いてみました。

ソ連のオービター(世間で「ブラン」の名がよく知られています)の
写真を見れば見るほどアメリカのスペースシャトルにそっくり。
大きさも近いので、ハセガワのキットを2個買いました。
IMG_9589.jpg

じゃ、はじめましょう。
まずは「MIKビルディング」と呼ばれる建物から。
IMG_9590.jpg
奥の扉のトラス構造を、注射器で接着剤を流し込みながら組んでいきました。
この注射器は模型用なのですが、ちょっと入手困難かも知れません。

横の渡り廊下もちょっと作ると、こんな感じ。
IMG_9592.jpg

側面の壁の渡り廊下の下描き。
IMG_9593.jpg
今回は図面を引かず、ほぼ行き当たりばったりの
現物合わせで作っています。

両側合わせて約100個の部屋ができました。
IMG_9598.jpg

さらに手すりを一本一本追加。
IMG_9603.jpg
こういう風に、少しずつ全体の解像度(情報量)を
増やしていく作り方にしています。
そうすると、後々途中でやめて「これで完成」って言っちゃっても
その段階でもそれなりの形でやめられますからね。
でも、どんどんやりますよ。できる範囲で。

缶サフの黒→グレー→白、の順に吹きました。
IMG_9612.jpg
これで立体感が強調できたと思います。

さらに水性アクリルのハルレッドを筆塗りして、
Mr.ウェザリングカラー(名前長いな)のステインブラウン(長いよ)を
ドライブラシしました。
IMG_9619.jpg

アップで。
縦方向に線を書くようにこすると、大きく見える気がします。
IMG_9620.jpg
とりあえずこれで一旦建物は終わり。
後でエレベーターなどを追加します。

さあ、具の方も作りますよ。
IMG_9624.jpg

ちゃっちゃと組んで、後部のブースター部分の
形の違いをざっくりと再現。
IMG_9626.jpg

表面の耐熱タイルの模様は、自作デカールで。
IMG_9628.jpg

タイルの目立つ部分に貼り付け。あとで境目をぼかしました。
IMG_9629.jpg

大きさの確認。
IMG_9632.jpg

ホコリたっぷり。
IMG_9635.jpg
今回はホコリ色として、Mr.汚汁のサンドウォッシュとグランドブラウンを
混ぜたものを、ジッポーオイルで薄めて塗りたくったり拭き取ったりしています。

足場も組んでいきます。
IMG_9636.jpg
タミヤのプラ板の袋に方眼付きカッティングマットを入れて、
それを目安にプラ棒を並べて接着。

ペリペリっとはがすとこんな感じ。
IMG_9638.jpg

2つをプラ板でつなぐと、ほら、足場。
IMG_9640.jpg
そんなわけで、4日間でここまで進みましたが、
全部できあがってからだと忘れちゃいそうなので
とりあえずここまでで「その1」としました。

つづく・・・
関連記事
スポンサーサイト

<< バイコヌール宇宙基地の廃墟 その2 | ホーム | タミヤ 1/48 M26 パーシング >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る