おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
ハセガワのコメート。第2次大戦期のドイツ機です。
IMG_0634_20160211114155136.jpg
元はとてもとても古い(いつだ?)キットなのですが、
最近再販されて店頭に並びました。

1/32の割には安いのであまり迷わず購入。

で、すぐ作っちゃう。
IMG_0636_2016021111415696a.jpg
ロケットエンジン(!)と、あっさり目のコクピットから組み立てです。

金型が古くてバリが少々ありましたが、
400番のヤスリスティックで撫でれば取れる程度。
あっというまに組みあがりました。
IMG_0638_20160211114158065.jpg

下半分は白い缶サフを吹きました。
IMG_0639_20160211114159fad.jpg

で、黄色をハケ塗り。
結局、納得行くまで10回近く塗りました。
IMG_0640_20160211114200df8.jpg

上面色は隠蔽力が強かったのであっさり塗り終わり。
IMG_0642.jpg

胴体部分は筆でボカシ塗装。
明度差が大きかったので、
薄め液を軽くなでつけてなじませました。
IMG_0648_20160211114221ada.jpg
で、ラウンデルがついてますが・・・
このキットの説明書の最後のページに、
英国軍が「捕獲」(とありました)した機体の
写真が載っていたのです。
せっかくならこれを作ってみようと思って、
機体の番号を元にWebで調べてこのカラーリングにした次第です。

このところの英国機作りすぎ問題、全然解消されませんね。
飽きるまでやればいいんです。誰も困らない。

というわけで、仕事や家事を挟みながら、
丸1日弱で完成してしまいました。
IMG_0649_20160211114223a98.jpg

同スケールの他のキットといっしょに。
IMG_0656.jpg
コメートって意外と大きいんですよ。
翼を上から見たらさらに驚きます。

今回の失敗ー。
ラウンデルを早い段階で貼ってしまい、
胴体が分割できなくなってしまいました。
IMG_0657_20160211114226485.jpg
なので、中に収めるべきロケットエンジンが
余ってしまいました。
あとでなんかに使います。良い形だし。

翌日、空港のそばで撮影。
IMG_0659_20160211114246bb9.jpg
ラウンデル以外の「P」とか、本来この機種に無いマーキングは
手書きで対応しました。
下半分の黄色はイギリス軍が塗った(多分)のですが、
元々の大事な警告文の部分は元の下面色を残しています。
(デカールの大きさに合わせて塗りました)

1/48のミーティアと一緒に。
IMG_0665.jpg
「○にP」はミーティアのキットのデカールにもあるんですが、
先日余ってたのを別のことに使っちゃって手元に無し。
取り寄せようと思ったら在庫切れとのこと。
無かったら描いたら良いんです。そんなに困らない。

このキットは左右対称を意識して作るといいと思います。
IMG_0670.jpg

この角度が一番気に入りました。
IMG_0671_20160211114250e53.jpg
意外と翼の大きい飛行機です。

パーツの合いが良くて作るのにそれほど困らないと思います。
塗装に力を注げる面白いキットだと思うので、よかったらぜひ。
関連記事
スポンサーサイト

<< 「自走式猫車」(オート三輪改造) | ホーム | ハセガワ 1/72 ライトニングF.6 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る