おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
このところ新し目の飛行機作りが続いたので、
がらっと違うものを作りたくなりました。

で、取り寄せたのがこのプラモデル。
フェラーリの1982年のF1マシン、126C2です。
IMG_1725.jpg
当時のドライバーは、ジル・ヴィルヌーヴとディディエ・ピローニ。
ターボエンジンが増え始めた時期のF1です。

このころのF1では、
・安定のDFV
・個性的多気筒エンジン
・パワフルだけど壊れやすいターボエンジン
がごっちゃごちゃに混じって走っていました。
そんな中、信頼性がまだまだなターボエンジンを
使い始めた時代のフェラーリのF1マシンです。

一日目はここまで。
IMG_1727.jpg
ボディーカウルはグレーの缶サフを吹いてから
赤(ハーマンレッド+オレンジ+白少々)をハケ塗り。
正確なフェラーリの色ではありませんが、
印象と大きさを考えてこの色に。

中略。

二日目はここまで。
IMG_1735.jpg
ここまで組んだ感想なんですけど、
このプラモデルは結構
「模型のパーツ=車のパーツ」
を意識して作ったのかな?と思います。
ここはタービン、ここはエキマニ、という感じで。
なので、組み立ててる時に車を組み立ててるような気分がして
そのことがとてもおもしろかったです。

普段は塗装のために組み立てしてるような姿勢だったので、
そういう組み立てを楽しめたのが新鮮でした。

さて、GW突入して、三日目。
シートベルトのデカールは付属しているのですが、
シートベルト自体が一切なかったので
マスキングテープと鉛板でそれなりに自作しました。
IMG_1739.jpg

ちょっと固めのデカールをどんどん貼りました。
IMG_1740.jpg
目指してた実車にはないマーキングがあったので、そこは省略。
デカールの上からは、タミヤアクリルのクリアーを
ハケ塗りして保護とツヤ出し。

この「Gilles」のデカールを貼った時、
「あぁ、初めてヴィルヌーヴのマシンを作ってるんだなー」と
ちょっとじーんとなりました。
IMG_1746.jpg

そんなわけで、二泊三日で完成です。
IMG_1741.jpg

この車は126C2の中でも、ロングビーチGPの時の仕様です。
IMG_1742.jpg
ウィングの最大幅は規定で決められているのですが、
それをフェラーリチームが拡大解釈して、
2枚を段違いに並べて「一枚あたり合法だからいいでしょ?」と
やっちゃったのがこの車なのです。

3位でゴールするものの、やっぱり怒られて失格扱い。
IMG_1743.jpg
そんなちょっと訳ありの一台なのです。

ちなみに同じものを作るときは、フジミの126C2の普通のキットではなく、
ちゃんと「ロングビーチGP」と書いてあるキットを選んでくださいね。

久しぶりのF1キットでした。
IMG_1744.jpg
50年代、60年代、80年代は作ったので、
次は70年代の何かを選んでみようかなー、と思います。
関連記事
スポンサーサイト

<< バンダイ ビークルモデル スター・デストロイヤー | ホーム | ハセガワ 1/72 MV-22B オスプレイ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る