おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
まずはイスクラって何ってところから。
ポーランドの飛行機なんです。
というわけで。

最近、イスクラのキットのセールがあったので作るよ、というお話がありまして。
そういえばうちにもそんなのがあったな・・・と思って探してみると。

ありましたありました。マスタークラフト製。
IMG_1961.jpg
この模型メーカーもポーランドなんです。

TS-11イスクラっていうのは元々複座の練習機なんですが、
このキットは試作型の単座タイプも作れるコンパチキット。
IMG_1962_20160530140306362.jpg
せっかくなので、珍しいそちらの方を組むことにしました。

ランナー構成はこんな感じ。
IMG_1964.jpg
先に言っときますが、デカール砕けました・・・。
このくらいではめげません。もう慣れた。

最大の難関がこのコックピット周り。
IMG_1965.jpg
・複座型にするためにすき間を埋めるパーツがぜんぜん合わない
・キャノピーが元々開閉ギミックがあるためとても適当なつくり
・キャノピーの輪郭と他の輪郭が合わない
というところ。

というわけで、ですき間を埋める作業をせっせとやりました。
IMG_1967_20160530140311d70.jpg

瞬着とプラ材を使って合わせては削り、合わせては削り。
それなりにぴったりになりました。
IMG_1968_201605301403305c2.jpg

あとは組んで塗るだけ。
IMG_1970_20160530140332466.jpg

迷彩塗装の下描き。
IMG_1972.jpg

同じ機番の本物の写真がWebで見つかるんですが、
とても適当な色で塗り直されてまして・・・。
仕方なく箱絵と実機写真と説明書の間を取ったような色にしました。
IMG_1973_20160530140335622.jpg
筆塗りして、細い筆で色の境界をぼかし塗り。

1日くらいでさくっと完成しました。
IMG_1992.jpg

シュッとしててなかなかかっこいい機種ですね。
IMG_1993_2016053014035465d.jpg

で、後日。

ARMA HOBBY製のキットを組んだフマさんから、
銀色の完成品が届きました。
IMG_2106_20160530140355ac7.jpg

並んで撮影だ。わーい。
IMG_2107_20160530140357f4b.jpg

フマさんのは、お得意の銀色塗装とパイロット追加が見どころ。
後部座席のカーテンは訓練で使うものなんだそうです。
IMG_2115.jpg

どちらもなかなか入手しにくいキットだとは思いますが、
よかったら組んでみてイスクラのかっこよさを味わっていただければと思います。
関連記事
スポンサーサイト

<< アオシマ 1/72 三式戦飛燕二型改 | ホーム | Vapor Cone (ベイパーコーン) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る