おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
オート三輪、完成しました。
というわけで、製作記事の後編です。

気合一発、会社名を筆で書いちゃう。
IMG_0647.jpg
「木村鐵工所」。もちろんフィクションです。
古い「鐵」と、縦の棒が折れ曲がった「工」がこだわりポイント。

結局ちょっとサビサビにしました。
IMG_0649.jpg
本体色に若干白を混ぜた色を、錆びさせたい部分に多めに塗って
「クリアーが剥がれた状態」を先に作ります。
その後、アクリル系のハルレッドでちょいちょい。

さあ、荷物を作りますよ。
IMG_0657.jpg
「工」型の断面のプラ棒。鉄骨ということにします。
エバーグリーンのプラ棒は初めて買いました。
薄くてエッジが効いてていいのですが、ちょっとやわらかいですね。
こちらもハルレッドで塗装しました。

では、ここから完成写真です。
IMG_0658.jpg

鉄骨は筆洗い用シンナーで汚したタコ糸で巻いてあります。
IMG_0659.jpg

鉄骨の先っちょに、「積んでる荷物が長いので気をつけてね」の
赤い布をつけました。
IMG_0661.jpg

この布は、2つ折りティッシュに木工用ボンドを染み込ませて
一晩寝かせたあと、アクリル赤で塗装しました。
細めの糸で結びつけて、木工用ボンドでちょっと固定。
IMG_0662.jpg

乗る部分(「キャビン」と呼べばいいのかな?」のサビ具合は
こんな感じにしました。
IMG_0663.jpg
「自家用」は付属のデカール。
貼ってアクリル系つやありクリアーを筆で塗ったあと、
本体色で軽くドライブラシして明度を落としています。

荷台もサビサビ。
IMG_0664.jpg
荷台の枠の上面は、たぶん酷使されて錆びてる暇はないので
サビ色のハルレッドではなくジャーマングレーを軽く塗りました。

そんなわけで、2日間合計で7時間くらいのお手軽工作でした。
このキット、オススメですよ。
安いのに大きくて達成感があって、形も面白いです。

<<(前編)へ戻る
関連記事
スポンサーサイト

<< プラモデル以外も治すよ | ホーム | マツダ オート三輪 T2000(前編) >>

コメント

うどんさん、ありがとうございますー。

私は次回は手足のついてる
プラモデルが作りたいです。

いろんなジャンルにとっかえひっかえ取り掛かるのって
けっこう楽しいですね。

トラック

カッチョヨシですね。
これ見たら、作りかけのクルップボクサー弄りたくなってきました。

たにーちょさん、こんにちはー。
お褒め頂き恐縮でございます。

ジオラマにしたくなる危険なキットです。
でも今回は何かディスプレイケースを
探してみようと思っています。

はやっ!

サクッと7時間でこのクオリティ・・・


素晴らしい・・・


これは、昭和の情景とかにしたら楽しそ~!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る