おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
1/72の飛行機づくりが続いてたので、
たまには1/48を塗りたいなぁと思いまして。

最寄りの模型屋さんで、エデュアルドのYak-3を買ってきました。
「ウィークエンドエディション」という、週末に気軽に作ってね、みたいなシリーズです。
IMG_3479.jpg
ソ連のプロペラ機は久しぶりですよ。
たぶん今までシュトルモビクしか作ったことないような気がします。

部品少なめ、すっかすかです。ホッとします。
IMG_3482.jpg

キャノピーのクリアパーツは開閉の2種類が入っていました。
IMG_3483.jpg

(中略)

プロペラの主軸が、胴体を貼り合わせた後に
中に落っこちてしまいそうな構造だったので・・・
IMG_3484.jpg

こんな風に、うしろからプラ棒で落下防止のささえ。
IMG_3485.jpg

ひょいひょいっと士の字。
IMG_3486.jpg
合せ目消しにはパテ要らず。

それなりに選んだ本体色をペタペタ塗って・・・
IMG_3492.jpg

色の境界をぼかし。
IMG_3493.jpg
さきっちょが毛羽立ったやわらかい面相筆で、
薄めた中間色をのせたりすり込んだり。
塗膜を犯しながらそれなりになじませる、いつもの塗り方。
(塗料はMr.カラー、ラッカー系です)

脚もつきましたよ。
IMG_3496.jpg

本物の写真と比べると、脚庫の小さい方のフタの裏が寂しいと思ったので、
ステーのようなものをホッチキスの針と伸ばしランナーで作りました。
IMG_3498.jpg

デカールが派手でたのしいねぇ。
IMG_3499_2016100210203863f.jpg
いつものように、タミヤアクリルのフラットクリアーをハケ塗りして保護。

照準器は付属してたんですが、
プラ棒と透明ランナー(別キット)を削って
それっぽく自作しました。
IMG_3502.jpg

縁を面相筆で塗装したキャノピーを接着した後、
今回唯一のマスキング。
IMG_3503.jpg

こんな風に張り線の片方を瞬着+硬化スプレーで接着。
IMG_3504.jpg

張り線成功。(モデルカステンのストレッチリギング)
IMG_3505.jpg
マスキングのお陰でキャノピーが白化せずに済みました。

ウィークエンドエディションなのに、
月曜から金曜を使ってちょっとずつ組んで、
合計6時間位で完成しました。
IMG_3506_20161002102101f7a.jpg
いつもはウォッシングしてからデカール&クリアーなのですが、
今回はさらに上からももう一度
Mr.ウェザリングカラーのブラウンでウォッシングしました。

後日、雨がやんでから屋外で撮影。
IMG_3523_20161002102102622.jpg

排気管の後ろのスス汚れは、
ウェザリングカラーを綿棒でポンポンしただけですが
それなりにうまくいったと思います。
IMG_3526.jpg

大きな文字が多いのってなんだかいいねぇ。
IMG_3528_20161002102105601.jpg

なにぶん本物の色がよくわからないので気分で仕上げましたが、
自分なりにええ感じになりました。
IMG_3530_20161002102107c78.jpg
この9月は飛行機多めでしたが、まだまだ作りたい飛行機があるので
しばらく続くかもしれません。
何かうかんだら他のものも作りますよ。
関連記事
スポンサーサイト

<< タカラ 1/24 フィアナ(装甲騎兵ボトムズ) | ホーム | アンコール(エレール) 1/72 Bf109 G-2 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る