おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
前々から最寄りの模型店で買うかどうか迷ってたプラモデルがありまして。
とうとう買ってしまいました。
mpcのサンダーチーフです。
IMG_3788.jpg

箱の横に「1984年型コルベットを当てよう!」みたいなことが書いてあります。
1983年のプラモデルです(たぶん)。
IMG_3790_20161024134633b1c.jpg

中身はこんな感じ。
IMG_3791_2016102413463400a.jpg
ちなみに箱がベコベコだったので、黙ってても2割引してくれました。やったー。

パーツに味わい深いところがありまして。
シートの座面のザラザラモールドがなんだか懐かしい感じ。
IMG_3793_201610241346369e2.jpg

飛行機キットのコクピットって、
それぞれのパーツの位置決めが大変なケースが多々あるのですが、
このキットはぴしっと決まってくれました。
IMG_3796_201610241346374c6.jpg

とても組みやすくて、1日目の夜には士の字になりました。
IMG_3797_20161024134655ade.jpg

細かい話ですが、こういう垂直尾翼のところとかに
ナイフで切れ目を入れておきました。
こういう地味なところが意外と、
写真撮ったときの見栄えに影響するんです。
IMG_3801_2016102413465777a.jpg

この飛行機の変わったところの一つが、
エンジンノズルが開いてエアブレーキになること。
IMG_3802_2016102413465842d.jpg
ヤスリとナイフでいかにも開きますよ、という感じに加工しました。
表面のリベット模様はいつもの画鋲で。
面積の問題で、リベットは本物に比べてかなり間引いています。

二日目は塗装。下面はMr.カラーの311番が当てはまるんですが、
あまりに白すぎるので代わりに315番を使いました。
あとは303、309、310番を微調整して迷彩に。
IMG_3803_20161024134700d92.jpg

いつものように薄めた中間色で境界をぼかしました。
それぞれの細かいパネルの内側は少し明るい色をペタペタ。
IMG_3804_201610241347014d9.jpg

デカールはめちゃめちゃ少なかったです。
物足りないなぁと思ったところは後で面相筆で手書きしました。
IMG_3806.jpg

というわけで、一泊二日で完成。
IMG_3807.jpg
迷彩パターンや細かい部分の色の塗り分けは、
いろんな機体の写真の特徴を集めて決めました。
この機番の飛行機の通りにはなってないので、あしからず。

で、一旦完成したと言いつつも、首をひねった点。
このころの米軍機は主翼の国籍マークは片側だけだよね?
IMG_3812_20161024134723ba9.jpg
こんな風に説明書では2枚貼るように指示があるんだけども。

写真をいろいろ見て、片側のマークを剥がしました。
元々アクリル系のフラットクリアーを刷毛塗りしているだけなので、
タッチアップはかんたんにできてしまいます。

というわけで、今度こそ完成。
IMG_3820_2016102413474786d.jpg
キャノピーのクリアパーツがスカッと透明で気持ちいいです。

完成翌日に空港のそばで撮影してきました。
IMG_3814.jpg

エンジンノズルはアイアンを塗って綿棒で磨きましたよ。
IMG_3816.jpg

小雨が降ったりやんだりでちょっとハラハラ。
IMG_3817_2016102413474568f.jpg

サンダーチーフはこのアングルが好きなのです。
特徴的なインテークの形がよくわかります。
IMG_3825_201610241347485d7.jpg
(少し色調をいじりました)

30年以上前の古いプラモデルでしたが、
ストレスなく素直に組めて良かったです。
F-105のプラモデルが今では手に入りにくいのがとても残念。
関連記事
スポンサーサイト

<< 三菱 F-2P(?) | ホーム | 1/24 WAVE スコープドッグを改造 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る