おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
以前から近所の模型店で見つけていて、買うかどうかずーっと悩んでいたキットです。
リピッシュP13a。
01_20170410093316a65.jpg
第二次大戦時にナチス・ドイツのためにリピッシュさんが(途中まで)開発した迎撃機です。
この箱絵ではさかさまになって宇宙感を演出してます。そこまで飛ぶんだっけこれ?
燃料は石炭のラムジェットエンジン(という予定)でした。

ランナー構成はこんな感じ。とてもあっさり。
IMG_5490.jpg

20年位前のプラモデルです。説明はとても丁寧。
IMG_5492_20170410093319b3a.jpg

それなりにするお値段だけあって、エッチングパーツがついております。
IMG_5494.jpg

エンジンノズルは横長なんです。エッチングパーツを折り曲げて組み立て。
IMG_5495.jpg
そのまんまだと中が丸見えなので、黒い厚紙を切って内側に立てて接着しておきました。

パイロットさんは、タミヤの1/48トムキャットから流用。時代がずいぶん違いますがまぁいいじゃないですか。
IMG_5496.jpg

とてもかんたんな組み立てのあと、缶の白サフを吹いて、その後塗装。
IMG_5497.jpg

1日位で完成してしまいました。
IMG_5499.jpg
オレンジ色に日の丸。えーっと、日本海軍の試験機ということにしてしまいました。
付属のドーリーに乗せて、同スケールの小松ブルドーザーで牽引。

なかなかどうして黄橙色が似合うじゃないですか。自画自賛。
IMG_5500.jpg
黄橙色はMr.カラーのものを、何度も何度も塗り重ねました。なかなか隠蔽しないのでちょいと大変な色。

後ろから見ると顔みたいで面白い。
IMG_5501.jpg
エンジンノズル周りが意外とシャープな出来なので、メリハリがあってうれしい。

今回はほとんど汚さず、ガンダムリアルタッチマーカーとMr.ウェザリングカラーの紫でスジボリ付近をほんのり強調しました。
IMG_5507.jpg
「フムナ」「オスナ」は手書きです。字がヘタな割にがんばりました。
関連記事
スポンサーサイト

<< シトロエン2CVがバイクに変身 | ホーム | ハセガワ 1/72 F-4E ファントムII イラン空軍 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る