おすすめコンテンツ

プロフィール

きむら(も)

Author:きむら(も)
温泉とみかんジュースの蛇口で有名なところに住んでいます。
模型は2010年に復帰。
塗装は筆塗りなんですが、塗る順番がちょっとおかしいとよく言われます。

こんなのもあるよ

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
まとめ
今回のお題は、「ウォーカーマシン プロメウスタイプ」です。
模型投稿サイトやらTwitter見てたら、
ウォーカーマシン(「ザブングル」に出てくるメカです)の
当時物のキットを組むのが流行ってて、
これはのるしか無い!と思って作ってしまいました。
勢いで作ったので、工作時間は5時間くらいです。
あかんわ、おっちゃんほんまにせっかちでイカンわ・・・。

もっと時間かけてカッコよく作ってる方もいらっしゃるので
お手本にするなら是非そちらを御覧下さい。
ここに書いてあるのはただの記録です(汗)。

今ちょっと悩んでる作品があって、
その間手を動かさないのもアレなのでとりかかったのですが、
ちょうどいい作業時間ですごく楽しめました。
以下報告。

外箱です。もちろんこの通りには作りませんよ。
IMG_0128.jpg
模型屋さんで定価の1割引きで買ったんですが、
さっきAmazonで見たら在庫がなくて、「中古:6,200円」になってました。
欲しい人はリアルのお店に行って探してみようー。
オークションにも500円くらいのがあったぞ。

部品点数少なっ!
(直前まで作ってたのがFSSのキットだからなおさら・・・)
IMG_0129.jpg

いつもの様に、ランナーに付いた状態で
「隠れそうなところ」を黒っぽく塗ります。
いつもはジャーマングレーなんだけど、今回はなんとなく「つや消し黒」。
IMG_0130.jpg

はい、あっというまに下半身出来上がり。
スカートの部分は「ここにコーティングしてくれ」と言わんばかりの大きな面だったので、
ツィンメリットコーティングをヒートペンで施してみました。
実はツィンメリットコーティングは生まれて初めて。
だって戦車のプラモデル、ちゃんと作ったこと無いんだもん。
(昔、100円のゼンマイ走行のキットは経験があるけど・・・)
IMG_0149.jpg

これは腕です。
上腕部はメカメカしい細い腕だったんですが、
エポキシパテで「ゴムでカバーされた感じ」に変えてみました。
IMG_0147.jpg
・・・実は組み立てを間違えたのがキッカケ(汗)。

本来機銃が付く場所に、積層プラ板を削ったものを接着。
ダイソーの木工エポパテを使ってジャバラに。
このパテ、柔らかさとか固まるスピードとかがすごく気に入っています。
IMG_0150.jpg
この後、3mmプラ棒とプラパイプで主砲を作って貼りつけました。

で、なんやかんや工作して完成。
IMG_0159.jpg
塗装は、
ラッカー系で筆塗り(ダークイエローとミディアムグレー)
→ドライブラシ(上記にちょっと白を足したもの)
→エナメル黒で墨入れ
→ラッカー系でチッピング
→アクリル系のハルレッドでうっすらサビ色
→つや消しクリアーで仕上げ
の順。
デカールは日東SF3DのPKA用を流用しました。これでなんとなく昔のドイツっぽいでしょ。

後ろのハシゴは、鉄道模型用の「柵」があったので、それをちょんぎって使いました。
IMG_0157.jpg

庭の奥さんの植木鉢を勝手に利用して撮影。
IMG_0151.jpg
本当はウニョウニョした虫とかが怖いんでおっかなびっくりですが・・・。

1/144のウォーカーマシンは形が面白いし部品点数も少なくて作り易いので、
お店で見つけたら是非どうぞー。
IMG_0153.jpg
関連記事
スポンサーサイト

<< 単発ネタ | ホーム | FSS エンゲージSR1(4)(完成) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 トップへ戻る